ふ~ん、復活たけし城!

社会、芸能、スポーツ、海外などニュース速報に加え、エキサイト独自の明日使えるコネタ、びっくりニュースも配信中。
(春之介のコメント)
こうしたハチャメチャな番組づくりがもうテレビ界ではできなくなった。

つまり自己規制という名前の自縛状態に入ったのはバブル期が終演してからだろう。

あの時代には、テレビにはゲリラ性があったし実験・冒険もできたテレビが面白い時代であった。

この記事を見ても、放送後に世界各地に輸出されて人気を博した。

つまり笑いのツボをきちんと押さえていたし、芸人らの本気の忍耐に何かを感じたのだろう。

テレビが面白かった時代をへて、次はどこへ向かっていくのだろうか。
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-06-05 01:09 | 箪笥 | Comments(0)


<< 簡単に認知症早期発見!東京都が... NML マーラー:交響曲第4番... >>