公務員は公の場で職業を偽ると、信用失墜行為に当たる!?

東京消防庁の20代男性消防士が職業を隠してテレビの情報番組に出演していたことが18日、分かった。出演料は受け取っていなかったが、職業を「フリーター」としていた。東京消防庁は「消防士の身分を隠して...
(春之介のコメント)
東京ローカル放送の深夜枠15分、しかも東京都が提供する番組らしい。

むろん地方にいるから見る機会もない。

処分理由が、「消防士」なのに「フリーター」と偽って出演したことが公務員の信用失墜行為に当たるというもの。

この番組は、なかなか真面目なトークあり体験アリの内容で、例えば法律違反スレスレの体験を顔モザイク入りで語るようなものではない。

番組ごとに、常連のメンバーとして幾人かが登場し司会者とのトークをするものらしい。

また別の消防本部で発覚した、AVに顔モザイクなしで出演した場合があったが、これは金銭授受があったので兼業違反。

彼が、なぜ偽ったかは記事には書いていないので他の報道も見てみたい。

出演者の名前、職業、年齢などを番組スタッフが入念にチェックすることはないだろう。

もし発言内容に、何か公務員として相応しくない発言を連発していたなら話は別だろうが・・・。


TOKYOマヨカラ!  http://www.tv-tokyo.co.jp/mayokara/

東京都提供テレビ・ラジオ番組 (外部リンク)
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-11-19 11:05 | 生活 | Comments(0)


<< 11月19日「世界トイレの日」... 介護保険から「要支援」を分離②... >>