知的障害年金:認定基準を明確化 自閉症やアスペルガー症候群といった発達障害は新設 厚労省

知的障害年金:認定基準を明確化 発達障害は新設 厚労省
2011年1月27日 毎日新聞

 厚生労働省は、知的障害者の受給する障害年金の等級認定基準を見直し、明確化する方針を決めた。「基準があいまい」との指摘を受け、食事の介助の程度や会話能力などを示す。また、これまで知的障害の基準が適用されてきた発達障害の認定基準を新たに設け、コミュニケーション能力などを例示する。専門家の意見を踏まえて、来年度に関連通知などを改正する。

 現行の認定基準は、身体障害は視覚障害の場合、1級は「両眼の視力の合計が0.04以下」などと具体的。しかし、知的障害については、1級(月額8万2508円)が「日常生活への適応が困難で、常時介護を要する」、2級(同6万6008円)は「日常生活における身辺の処理にも援助が必要」とされ、「認定医次第で結果が大きく異なる」と指摘されていた。

 同省の素案では、現行の表現に加え、「食事や身の回りのこと」をするのに1級の場合は「全面的援助」、2級は「一部の援助」を必要とすることが盛り込まれた。会話による意思疎通に関しては、1級で「不可能か著しく困難」、2級は「簡単なものに限られる」との例示を加える。

 また、自閉症やアスペルガー症候群といった発達障害は、対人関係や意思疎通に難があり日常生活が不便とされ、知的障害を伴わない場合も少なくない。これまでは知的障害の基準が適用され、「障害特性を反映できない」との意見があった。

 素案では、1級は「コミュニケーション能力が欠如し、著しい異常行動がみられるため、日常生活への適応が困難で常に援助が必要」、2級は「コミュニケーション能力が乏しく、異常行動がみられるため、日常生活への適応に援助が必要」とした。さらに、診断書も見直し、日常生活能力について例示を詳細にする。【野倉恵】

(春之介のコメント)
通知を改正するだけ。


〈以下一部参考引用〉
障害年金の認定(知的障害等)に関する専門家会合(第1回)
平成23年1月27日

(資料4)認定基準の改正案及び診断書改訂案(たたき台)【全体版】(PDF:1320KB)
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-02-22 12:39 | 福祉 | Comments(0)


<< 動画 早川荘~あき部屋アリます... プリウス、複数形は「プリアイ(... >>