タグ:訃報 ( 115 ) タグの人気記事

訃報 ネヴィル・マリナー(指揮者)

ネビル・マリナー氏死去(英国の世界的指揮者)
2016/10/03 時事通信社

 ネビル・マリナー氏(英国の世界的指揮者)英アカデミー室内管弦楽団によると、2日夜死去、92歳。モーツァルトの生涯を描いた映画「アマデウス」(84年)の音楽を担当した。

 24年、中部リンカン生まれ。王立音楽大学などで学び、バイオリン奏者として活躍した。58年にアカデミー室内管弦楽団を創設。今年4月に同管弦楽団を率い、来日公演を行った。ミネソタ管弦楽団などの首席指揮者も務めた。

e0151275_17563161.jpg

『ザ・ファースト・レコーディング』【CD】
Neville Marriner - The First Recordings
【曲目】
CD1
1. コレッリ:合奏協奏曲 ニ長調 Op.6-7
2. トレッリ:合奏協奏曲 ニ短調 Op.6-10
3. ロカテッリ:合奏協奏曲 ニ長調 Op.1-9
4. アルビカストロ:協奏曲 第6番 ヘ長調
5. ヘンデル:合奏協奏曲 ト短調 Op.6-6
6. マンフレディーニ:合奏協奏曲 ト短調 Op.3-10
7. アルビノーニ:5声の協奏曲 イ短調 Op.5-5
8. ケルビーニ:ホルンと弦楽のための練習曲
CD2
1. アヴィソン:合奏協奏曲 イ長調 Op.9-11
2. ヘンデル:合奏協奏曲 ト長調 Op.6-1
3. テレマン:ターフェルムジーク 第2集~協奏曲 ヘ長調
4. ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲 ハ短調 RV.401
5. ジェミニアーニ:合奏協奏曲 ホ短調 Op.3-3
6. ベッリーニ:オーボエ協奏曲 変ホ長調
7. コレッリ:合奏協奏曲 ニ長調 Op.6-1
【演奏】
バリー・タックウェル(ホルン)(CD1;8)
ロジャー・ロード(CD2;6)
アカデミー室内管弦楽団
サー・ネヴィル・マリナー(指揮)

アカデミー室内管弦楽団 訃報アナウンス

【プロフィール】
 1924年生まれのマリナーは、フィルハーモニア管弦楽団とロンドン交響楽団、マーティン弦楽四重奏団でヴァイオリン奏者を務めた後、古楽の権威でもあったサーストン・ダートとジャコビアン・アンサンブルを結成し、その後、ピエール・モントゥーの学校で指揮を学んだのち、1959年にアカデミー室内管弦楽団 (Academy of St. Martin-in-the-Fields) を結成、以後、半世紀以上に渡って旺盛な活動を展開。

 その間、マリナーは1969年から79年までロサンジェルス室内管弦楽団、1979年から86年までミネソタ管弦楽団、1983年から89年まではシュトゥットガルト放送交響楽団の音楽監督を務め、1985年にはナイトの称号を授与されています。

 マリナーはヴァイオリニストだけあって弦楽の扱いがとてもうまく、繊細な音も力強い音も自在であり、少人数管楽器ならではの克明な表現がそこに加わって、実に心地よい演奏を聴かせてくれていました。(HMV)

<以下参考>
指揮者 ネヴィル・マリナー氏の訃報に接し
2016年10月3日 NHK交響楽団

イギリスの指揮者、ネヴィル・マリナー氏(Sir Neville Marriner)が2016年10月2日(日)に、逝去されました。享年92。

アカデミー室内管弦楽団とのレコーディングで古典派音楽の演奏に新風を吹き込む一方、映画『アマデウス』の音楽監督を務めるなど、日本でも高い知名度を誇ったマリナー氏。N響にもたびたび客演し、1979年5月の初指揮以来7度にわたって共演。特に2007年以降での共演で毎回のように採り上げたブラームスの交響曲は、虚飾を排した真摯な音楽作りで、私たちに大きな感動を与えてくれました。2017年6月には、マリナー氏得意のモーツァルトで共演する予定があっただけに、その突然の訃報に、オーケストラ一同深い悲しみに包まれております。謹んで御冥福をお祈りします。

2017年6月14日(水)NHKホール、15日(木)ミューザ川崎シンフォニーホールで、ネヴィル・マリナー指揮により開催予定だった公演は、マリナー氏逝去のため、指揮者・曲目を変更して開催する予定です。


NHK交響楽団 (公演前の紹介動画)
e0151275_18171199.jpg

ネヴィル・マリナー
2015年11月定期公演の演奏曲について、指揮者トスカニーニなどの思い出とともにマリナーが語ります。
[PR]
by negitoromirumiru | 2016-10-03 17:56 | 音楽 | Comments(0)

訃報 鶴見俊輔(哲学者、評論家)

思想家、鶴見俊輔氏が死去 哲学から大衆文化まで
2015年7月24日 中日新聞

 日常に根差した哲学、大衆文化論など戦後日本を代表する思想家の一人で、哲学者の鶴見俊輔(つるみ・しゅんすけ)氏が20日午後11時、肺炎と心臓の不具合のため死去したことが24日分かった。93歳。東京都出身。

 南満州鉄道総裁で政治家だった後藤新平の孫で政治家の鶴見祐輔の長男。中学時代に退学、休学を繰り返し渡米してハーバード大を卒業。日米開戦後に捕虜交換船で帰国した。

 戦後、姉で社会学者の和子、経済学者都留重人の各氏らと創刊した「思想の科学」の「言葉のお守り的使用法について」で注目を浴びた。思想の科学研究会では「転向」の共同研究を推進した。(共同)

<以下引用>
哲学者、思想家の鶴見俊輔さん死去=戦後リベラルの代表、「思想の科学」「べ平連」
2015/07/24 時事通信社

 雑誌「思想の科学」などで知られる戦後リベラル派の代表的知識人で、平和市民運動でも中心的役割を果たした哲学者、評論家の鶴見俊輔(つるみ・しゅんすけ)さんが20日に死去していたことが24日、分かった。93歳だった。

 遺族によると、鶴見さんは6月中旬から入院していたが、肺炎と持病の心臓病のため今月20日午後11時に亡くなったという。遺言に従い葬儀は行わず、火葬を済ませた。

 1922年に政治家、鶴見祐輔の長男として東京都で生まれた。母方の祖父は明治・大正期の政治家、後藤新平。東京府立五中を退学後、38年に渡米し、ハーバード大学哲学科に入学。日米開戦後の42年にアナキストの容疑で逮捕されたが、拘置中に卒業論文が受理されて捕虜交換船で帰国。43年に海軍軍属としてジャワ島で勤務した。

 46年に姉で社会学者の鶴見和子、政治学者の丸山真男、経済学者の都留重人らと「思想の科学」を創刊。同誌は96年まで続き、アカデミズムと一線を画した編集で多彩な執筆者に発表の場を提供した。49年京大助教授、54年東工大助教授、61年同志社大教授などの教職にも就いたが、70年代以降は野に在って旺盛に著述・言論活動を継続。晩年はインタビューに答える形での著述も行った。

 プラグマティズムとリベラリズムに立って、思想を知識としてのみならず行動でとらえた。市民運動にも積極的で、60年安保では国会の強行採決に東工大を辞して抗議。65年には作家の小田実らと「ベトナムに平和を!市民連合」(べ平連)を結成し、米脱走兵の支援などを行った。

 2004年には護憲の立場から「九条の会」の呼びかけ人にも名を連ねた。生活の中の哲学という信念は、民俗芸能などの重要性を指摘した「限界芸術論」にも通じる。

 主な著書に「共同研究 転向」(共著)のほか、「高野長英」、大仏次郎賞を受けた「戦時日本の精神史」、「鶴見俊輔集」(全17巻)など。94年には朝日賞を受賞。
[PR]
by negitoromirumiru | 2015-07-24 11:09 | 箪笥 | Comments(0)

訃報 西本裕行(俳優、声優)

俳優・西本裕行さん死去 「ムーミン」でスナフキンの声
2015年4月21日 朝日新聞

 西本裕行さん(にしもと・ひろゆき=俳優)が19日、急性大動脈解離で死去、88歳。通夜は26日午後6時、葬儀は27日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は妻明子さん。

 劇団昴(すばる)に所属。「怒りの葡萄(ぶどう)」「沈黙」などに出演したほか、テレビアニメ「ムーミン」でスナフキンの声を務めた。

<以下参考>
くまのプーさん(オウル)※ポニー版吹き替え

『吸血鬼ゴケミドロ』(1968、松竹):機長役
e0151275_7165953.jpg

左から:吉田輝雄、西本裕行、高英男、佐藤友美


【ムーミン】スナフキン 名言集【人生訓】

ムーミントロール - 岸田今日子
スナフキン - 西本裕行(1969年版第4話から登場)
[PR]
by negitoromirumiru | 2015-05-28 07:09 | 箪笥 | Comments(0)

訃報 フランス・ブリュッヘン(指揮者、リコーダー)

古楽演奏権威、フランス・ブリュッヘンさん死去
2014年8月14日 読売新聞

 日本の音楽関係者に入った連絡によると、古楽演奏の世界的権威でオランダのリコーダー奏者、指揮者のフランス・ブリュッヘンさんが13日、アムステルダムの自宅で死去した。79歳だった。

 アムステルダム生まれ。歴史的奏法に基づくリコーダー演奏の草分けとして、バロック演奏で高い評価を得た。1981年に古楽器オーケストラ「18世紀オーケストラ」を創設して指揮者に転じ、モーツァルトやベートーベンなど古典派の演奏解釈に新風を吹き込み、名声を確立した。

 日本にもファンが多く、2013年には同オーケストラを率いて来日公演を行った。

(春之介のコメント)
SNSのためか新聞速報よりも早く訃報が入る時代になった。

18世紀オーケストラのHPで公開されたようだ。

マルチな才能の音楽家は、指揮者としても秀でた才能を発揮するものだ。

一時期、18世紀オーケストラやサイトウ・キネン・オーケストラなど、世界各地を巡演してからCD録音を果たすスタイルがあった。

日本にも、よく来演されてファンも多いことだろう。



Beethoven Symphony No 5 C minor minor Frans Brüggen
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-08-14 12:44 | 音楽 | Comments(0)

訃報 ロリン・マゼール(指揮者)

指揮者ロリン・マゼールさん死去 クラシック界の巨匠
2014年7月14日 朝日新聞デジタル

 世界的指揮者で作曲家のロリン・マゼールさんが13日、肺炎による合併症のため米バージニア州キャッスルトンの自宅で死去した。84歳だった。ウィーン国立歌劇場やニューヨーク・フィルハーモニックなど欧米の数々の歌劇場を率いてきた、クラシック音楽界の巨匠だった。(ニューヨーク=中井大助)

(春之介のコメント)
体調の悪さが報道されていたが訃報となってしまった。

子どもの頃から溢れる才能を開花させて世界各地で活躍された。

個人的には、2010年大晦日にネットで放送されたベートーヴェン交響曲全曲生演奏会の想い出が深い。

13時から休憩を挟みながら年の変わる直前まで、ずっと聴き通したことは楽しい経験となった。

個人的に思い出深いCDは、ブル5(WPO)、英雄の生涯(クリーブランド管弦楽団)、アルプス交響曲(バイエルン放送交響楽団)であり、華やかなオケサウンドを作ることは上手だった。

真珠のCMにも出ていて、かなり面白いオジサンだと心から思っていた。

e0151275_750276.jpg

<以下引用>
◆米指揮者・作曲家ロリン・マゼール氏が死去
 2014年07月14日 読売新聞

 米指揮者・作曲家のロリン・マゼール氏が13日、米バージニア州キャッスルトンの自宅で肺炎による合併症のため死去した。84歳だった。【ニューヨーク=広瀬英治】

◆米指揮者ロリン・マゼール氏死去
 2014/07/14 時事通信社

 米指揮者・作曲家のロリン・マゼール氏が13日、米バージニア州で肺炎による合併症のため死去した。84歳だった。マゼール氏が創設し、芸術監督を務める同州のキャッスルトン音楽祭当局が発表した。【ニューヨーク時事】

 1930年パリ生まれ。5歳でバイオリンを、7歳で指揮を始め、15歳までにNBC交響楽団など米国のほとんどの主要オーケストラを指揮。クリーブランド管弦楽団、バイエルン放送響、ニューヨーク・フィル、ミュンヘン・フィルの音楽監督、ウィーン国立歌劇場総監督などを務めた。

 08年2月にはニューヨーク・フィルを率いて北朝鮮を訪れ、平壌公演を行った。13年も100回以上のコンサートをこなしたが、その後体調を崩していた。

◆New York Philharmonic
 2014/7/13

The New York Philharmonic is deeply saddened by the news that the eminent conductor, composer, and violinist Lorin Maazel -- our Music Director from 2002 to 2009 -- died this morning. In the coming days we will share highlights among our memories of him. Our hearts go out to his family, and to music lovers everywhere.


<以下関連エントリー>
年末恒例!ベートーヴェン交響曲全曲生演奏会 今年はネット中継もあり!! ロリン・マゼール指揮
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-07-17 21:31 | 音楽 | Comments(0)

訃報 深町幸男(演出家)

<訃報>深町幸男さん83歳=演出家「夢千代日記」
2014年6月22日 毎日新聞

 深町幸男さん83歳(ふかまち・ゆきお=演出家)21日夕、東京都中野区の自宅で亡くなっているのを発見された。病死とみられる。葬儀などは未定。

 新東宝助監督を経て1963年、NHKに入局。吉永小百合さん主演の「夢千代日記」シリーズをはじめ、「事件」「あ・うん」「花へんろ」「父の詫び状」など数々のドラマの演出に携わった。87年に退職後は、民放ドラマの演出や映画「長崎ぶらぶら節」の監督も務めた。

 88年に山田太一さん原作・脚本のドラマ「今朝の秋」で毎日芸術賞を受賞し、95年には紫綬褒章を受章した。

(春之介のコメント)
脚本・俳優・演出家ともに黄金期を飾った時代には、名前の残る作品が作られた。

NHK『ドラマ人間模様 あ・うん』、『ドラマ人間模様 続あ・うん』は、極めて濃厚な夫婦模様を緻密に描いた傑作である。

こうした日常を描きながら人間を描写する書き手がいなくなり、表面的な出来事を描くだけのつまらないものしかなくなってしまったのは極めて残念なことである。

100年後に見ても、誰もが共感できる作品がまた見てみたい。


<以下引用>
◆深町幸男氏死去=テレビドラマ演出家
 2014年6月22日 時事通信

 深町 幸男氏(ふかまち・ゆきお=テレビドラマ演出家)21日死去、83歳。東京都出身。

 映画会社「新東宝」を経て、NHKに入局。吉永小百合さん主演の「夢千代日記」シリーズや「事件」「あ・うん」「父の詫び状」など数々のドラマの演出に携わった。同局を定年退職後は、民放のドラマや、映画「長崎ぶらぶら節」の監督、舞台「雪国」などの演出も手掛け、95年に紫綬褒章、02年に勲四等旭日小綬章を受章した。

 21日夕方に東京都中野区の自宅で亡くなっているのを発見された。病死とみられるという。 

◆テレビドラマ演出家 深町幸男氏死去
 2014年6月22日 産経新聞

 深町幸男氏(ふかまち・ゆきお=テレビドラマ・舞台演出家)22日までに死去、83歳。葬儀・告別式の日取りや、喪主は未定。

 関係者によると21日、東京都内の自宅で倒れているのが見つかり、病死とみられるという。

 東京都出身。新東宝助監督を経て昭和38年、NHKに入局。向田邦子さん脚本のドラマ「あ・うん」(55年)や、早坂暁さん脚本の「夢千代日記」(56年)など、人間の心情を丁寧に描く演出で知られた。平成7年紫綬褒章、14年勲四等旭日小綬章受章。
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-06-22 23:49 | 箪笥 | Comments(0)

訃報 平野忠彦(声楽家)

平野忠彦氏死去=バリトン歌手、東京芸大名誉教授
2014/06/14 時事通信社

 平野 忠彦氏(ひらの・ただひこ=バリトン歌手、東京芸大名誉教授)13日午後7時17分、急性心筋梗塞のため東京都豊島区の自宅で死去、76歳。甲府市出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻民子(たみこ)さん。

 東京芸大卒。日本を代表する声楽家として、「フィガロの結婚」など数多くのオペラに出演、歌曲やミュージカルの分野でも活躍した。俳優としてNHK大河ドラマ「義経」などにも出演した。

<以下引用
バリトン歌手の平野忠彦氏が死去
2014年06月14日 読売新聞

 バリトン歌手で東京芸大名誉教授の平野忠彦(ひらの・ただひこ)氏が13日、急性心筋梗塞で死去。76歳。告別式は近親者で行う。喪主は妻の民子さん。

 「フィガロの結婚」「三文オペラ」などに主演し、「夕鶴」など多くの和製オペラの初公演に出演。ミュージカル「アニー」でも活躍した。テレビアニメ「ジャングル大帝」の主題歌も歌った。



歌劇『ローエングリン』より 〜R. ワーグナー生誕200年を記念して~

慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団
独唱:小濵妙美、平野忠彦

<以下参考>
e0151275_20394321.jpg

経歴
昭和13年3月5日、山梨県甲府市生まれ。
  国立音楽大学教授、東京藝術大学教授、神戸山手女子短期大学特別教授を歴任。現在、東京藝術大学名誉教授、二期会理事、ニューオペラシアター神戸音楽監督、東京室内歌劇場顧問、日本音楽コンクール審査員及び運営委員、ザンドナイ国際コンクール特別審査委員。文化庁在研理事長。畑中良輔に師事。

  東京藝術大学専攻科在学中に「フィガロの結婚」のフィガロ役でオペラデビュー。昭和48年、文化庁在芸術家外派遣研修員として渡欧。昭和58年、ウインナーワールドオペラ大賞受賞。山梨日日新聞社「野口賞」受賞。ザルツブルグ特別賞受賞。

  デビュー以来、「フィガロの結婚」「タンホイザー」「ひかりごけ」等、その主演したオペラの役は数えきれない。また、日本歌曲やドイツ歌曲にも造詣が深く、我が国の声楽家を代表する一人であり、特に日本の創作オペラに主演した舞台の数は注目に値する。その幅広い舞台活動はコンサート、オペラにとどまらず、日米ソ合同ミュージカル、「十二ヶ月のニーナ」の老兵役、「ジーザスクライスト・スーパースター」「リトルナイトミュージック」「ラマンチャの男」そして「アニー」のウオーバックス役では8年にも及ぶロングランを演じ続ける。東京書館をはじめ数多くのディナーショウにも出演。名番組の誉れ高いテレビ朝日系列「題名のない音楽会」に多数出演を残す。平成15年7月7日には東京文化会館大ホールにおいて「日本歌曲」のリサイタルを開催。絶賛を浴びた。

  海外の活動として、平成元年、激動直前の東欧圏においてオペラ「ちゃんちき」、平成10年、ハンガリーにおいてオペレッタ「微笑みの国」に主演。また、平成9年には合唱指揮と独唱でブラジル公演を行う。50歳代からの出演作品として、岡山シンフォニーホール落成記念講演オペラ「ワカヒメ」、「バルジファル」「さまよえるオランダ人」「ウインザーの陽気な女房たち」「さんせう太夫」「祝い歌が流れる夜に」新国立劇場落成公演」「健」、「天守物語」「魔笛」「罪と罰」「青ひげ公」オペレッタ「メリーウイドウ」「ルクセンブルグ公爵」「こうもり」また、俳優としても活動の場を広げNHK月曜ドラマスペシャル「蜜蜂の休暇」河島五郎訳、大河ドラマ「義経」平盛国役、テレビ朝日「京都地検の女」「八丁堀の七人」、映画「千年の恋」、TBS「赤い運命」、テレビ東京「天下騒乱」僧天海役にて出演。
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-06-14 20:40 | 音楽 | Comments(0)

訃報 ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス(指揮者)

スペインの指揮者、フリューベック・デ・ブルゴス氏死去
2014/06/11 時事通信社

 ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス氏(スペインの指揮者)AFP通信によると、11日、がんのため、スペイン・ナバラ州の病院で死去。80歳。

 スペイン北部ブルゴス生まれ。80年から83年まで読売日本交響楽団の常任指揮者を務め、91年に名誉指揮者に就任。ドイツやオーストリアなど各国の楽団で要職を歴任、12年にデンマーク国立交響楽団の首席指揮者に就いたが、体調悪化のため、今月4日に引退を表明した。 (パリ時事)

(春之介のコメント)
ライブで接したことのある数少ない指揮者でした。

読売日響との関係が深く、日本にも縁があったのでしょう。

長い名前!?なので、つい最後まで全部言わないと通じないのが印象的、愛称も知らない。

e0151275_13535419.jpg

<以下引用>
指揮者のフリューベック・デ・ブルゴス氏、死去
2014年6月11日 読売新聞

 日本の関係者に入った連絡によると、読売日本交響楽団の名誉指揮者、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス氏が11日、スペイン・パンプローナ市内の病院でがんのため死去した。80歳だった。

 スペイン・ブルゴスで生まれ、マドリードとドイツ・ミュンヘンで学んだ。フランス・スペイン音楽とワーグナーやブラームスなどのドイツ・オーストリア音楽の両方を得意とし、欧米の主要なオーケストラ、オペラハウスで活躍。ベルリン・ドイツ・オペラの音楽総監督やスペイン国立管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、デンマーク国立放送交響楽団などの首席指揮者を歴任した。

 読響には1974年に初めて客演して良好な関係を結び、80年から83年に第4代常任指揮者、その後は90年まで首席客演指揮者を務めた。91年に名誉指揮者となり、2012年に来日して指揮したのが最後となった。



Georges Bizet, Carmen (Excerpts) - Danmarks Radio

Entrevista con Rafael Frühbeck de Burgos, director de orquesta español
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-06-12 09:15 | 音楽 | Comments(0)

東宝DVD『怪獣大戦争』のオーディオコメンタリー:土屋嘉男は、激面白い!

怪獣大戦争 【60周年記念版】 [DVD]

東宝


怪獣大戦争 【60周年記念版】 [DVD]

監督: 本田猪四郎 特技監督: 円谷英二
出演: 宝田明/水野久美/ニック・アダムス/土屋嘉男/久保明/田崎潤

(春之介のコメント)
ゴジラ60周年ということで、東宝も最後の稼ぎ時となった。

昨年から東宝作品の廉売があり、3枚買うと1枚サービスという嬉しい企画もあと暫く続く。

ただ、ゴジラシリーズは廉売だけ、この手の嬉しいサービスはないようで残念だ。

ディアゴスティーニで発売された東宝特撮シリーズだが、大きく違うのはオーディオコメンタリーが入っていないことだ。

今回、土屋嘉男氏の解説を聞いてびっくりとした。005.gif

インタビュアーの応じずとも、講演のようにすらすらと、本編映画と関係なくしゃべりだしたが、これが面白いこと!!

この映画に関わらず、インタビュアーも『ガス人間』『マタンゴ』の話題まで広げて、土屋ワールド全開だ。

黒澤監督との親交、円谷英二、本田監督との思い出、そして共演したニック・アダムスのことなど、多岐にわたっていく。

このニック・アダムスだが、少し後に自殺したということでびっくりした。

このオーディオコメンタリーを素材にして《ウィキペディア》は、まとめてあったが、それも一部分だけだ。

土屋氏は、戦中の医専卒、つまり医師の勉強もされていたが、オーディオコメンタリーでは、その前にヴァイオリンで芸大入試をする予定にしていたが、戦時中で学生募集がなくなり、医専へ行ったということだ。

その他のエピソードは文庫化されている本も出版されているから、そちらを読めばいいだろう。

映画本編よりも、遥かにお得な感じをもった。

人間・土屋嘉男氏は宇宙人的な人物なのです。

なお他の東宝特撮作品のオーディオコメンタリーも何本か聞いているが、普通はインタビュアーの質問に沿ってありきたりのない解説をするのが一般的だ。

日本の映画全盛期の監督・俳優らの話は、勢いがあって元気がでるよ!

彼らは例え怪獣映画であってもシリアスドラマとして演じ制作していたんだ!!


<以下参考> 外部リンク
NHK[証言記録 市民たちの戦争]
封印された大震災 ~愛知・半田~
e0151275_572837.jpg

被災した土屋嘉男も、映像で証言している。


<以下参考> こちらも同じオーディオコメンタリー入っています

怪獣大戦争 【60周年記念版】 [Blu-ray]

東宝


発売予定日は2014年7月16日


<以下追加引用>
俳優の土屋嘉男さん死去 黒澤映画の脇役として活躍
2017年9月6日 朝日新聞

 「七人の侍」など多くの黒澤映画で脇を固めた俳優の土屋嘉男(つちや・よしお)さんが、2月8日に肺がんで亡くなっていたことがわかった。89歳だった。

 俳優座養成所を経て東宝入社。54年、黒澤明監督の「七人の侍」で、愛妻を野武士に奪われて苦しむ若い農民の利吉を演じて注目を集めた。以降、55年の「生きものの記録」から65年の「赤ひげ」まで、黒澤映画の脇役として欠かせない存在となった。

 東宝では、ほかに「ゴジラの逆襲」「ガス人間第一号」などの特撮もの、「黒い画集 ある遭難」「乱れ雲」など、幅広い作品に出演。松本俊夫監督の「薔薇(ばら)の葬列」(69年)では、ピーター(池畑慎之介)さん演じるゲイの少年の相手役を務めた。
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-05-18 04:53 | 箪笥 | Comments(0)

訃報 岩井直溥(作曲家、編曲家)

岩井直溥氏死去(作曲家、編曲家)
2014/05/11 時事通信社

 岩井直溥氏(いわい・なおひろ=作曲家、編曲家)10日午後3時43分、呼吸不全のため横浜市内の自宅で死去、90歳。東京都出身。葬儀は14日午前11時から東京都目黒区碑文谷4の21の10の帝都典礼碑文谷会館で。喪主は長男満博(みつひろ)氏。

 東京音楽学校(現東京芸術大)卒。ジャズ演奏家を経て作曲、編曲活動へ。全日本吹奏楽コンクールの課題曲を手掛けるなど「吹奏楽ポップスの父」と呼ばれた。

<以下引用>
作曲家・岩井直溥さん死去 「吹奏楽ポップスの父」
2014年5月11日 朝日新聞

 「吹奏楽ポップスの父」と呼ばれた作曲家・編曲家の岩井直溥(いわい・なおひろ)さんが10日、呼吸不全で亡くなった。90歳だった。通夜は13日午後6時、葬儀は14日午前11時から東京都目黒区碑文谷4の21の10の帝都典礼碑文谷会館で。喪主は長男満博さん。
e0151275_529317.jpg

 東京音楽学校(現・東京芸術大)卒。ジャズのトランペッターとして活躍した後、編曲家になる。1972年から吹奏楽によるポップスシリーズ「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」を企画制作し、人気シリーズに育てた。「復興への序曲『夢の明日に』」(2013年度)など、全日本吹奏楽コンクールの課題曲の作・編曲にも携わった。

<以下参考リンク>
吹奏楽ポップスの父 昭和大爆走!
岩井直溥 自伝
 全30回
吹奏楽マガジン BAND POWER
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-05-13 05:29 | 音楽 | Comments(0)