タグ:蔵書メモ ( 205 ) タグの人気記事

ふしぎの国のアリス

ふしぎの国のアリス (集英社文庫)

ルイス・キャロル / 集英社


<以下参考>
『不思議の国のアリス』はこうして生まれた 出版から150年、その軌跡をたどる
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/070600015/

不思議の国のアリス、刊行150年 その苦悩と共感
http://digital.asahi.com/articles/ASH5T53CXH5TPTFC00V.html?rm=455

「不思議の国のアリス」刊行150年、関連商品が人気
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20151001-OYT8T50014.html
[PR]
by negitoromirumiru | 2015-12-14 17:32 | 書庫 | Comments(0)

本の雑誌374号 2014-8

本の雑誌374号

本の雑誌社


特集:ブックオフでお宝探し!
座談会/このブックオフがすごい! 今 柊二・とみさわ昭仁・書肆紅屋
写真カタログ/ブックオフ七変化
ブックオフハンターが挑む、前人未到・ブックオフ全軒制覇への旅 とみさわ昭仁
ブックオフの功と罪 永江 朗
賢く本を売り分けるには? 広瀬洋一
目利きは学術系とアート系を狙え! 渡辺富士雄
ブックオフ豆知識! 書肆紅屋
ビームセドリで月収40万円! ビームセドラーK
第1回BOOK・OFF血風王選手権! よしだまさし・大塚啓高・kashiba@猟奇の鉄人
おじさん三人組、ブックオフ開店に挑む!
読者アンケート/私のブックオフ!
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-07-31 15:50 | 書庫 | Comments(0)

カラダと気持ち シングル版

カラダと気持ち シングル版―熟年シングル、「性」の不安と悩み

日本性科学会 / 三五館


 日本性科学会セクシュアリティ研究会(代表=荒木乳根子・田園調布学園大学教授)のアンケート「中高年のセクシュアリティに関するアンケート調査」。40歳~79歳までの男女の性行動や性意識について尋ねる調査。1999~2000年の中高年有配偶者、2002~2003年の中高年単身者を対象とした調査。

 目的として、「中高年男女の性についての考え、性的な欲求、パートナーとの関係や性生活などについて調査し、中高年の性に係わるニーズや問題を明らかにし、その解決やより良い男女関係に向けての方策を模索する」ということを掲げています。過去の調査は、研究論文として学会などで発表されたほか、「カラダと気持ち ミドル・シニア版」「カラダと気持ち シングル版」(三五館)という一般書籍にまとめられています。

 ※ セクシュアリティ研究会は日本性科学会に所属する研究者1名、産婦人科医師4名および臨床心理士(セックス・セラピスト)2名の研究グループです。


ヨミドクター(読売新聞) 高齢者の性・ブログ
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-12-07 20:41 | 書庫 | Comments(0)

卵子老化の真実

卵子老化の真実 (文春新書)

河合 蘭 / 文藝春秋


<以下参考引用> こちらも心配な・・・精子老化
35歳で始まる!「精子老化」の真実
2013年10月24日 プレジデントオンライン

■初期流産や不妊、子どもの異常につながる

「卵子の老化」はようやく知られてきたので、そろそろ、もうひとつの大事なことを知ってほしい。それは「精子の老化」だ。

少し生殖の知識を持つ方は「そんなバカな。卵子と違って精子は毎日新しく作られているから老化はないのだ」と思うかもしれない。確かに、卵子は胎児期に一生分が作られてしまって卵巣に貯蔵されているから持ち主と一緒に年をとる。それに対し、精子は毎日精巣で新しいものが作られている。ただ、毎日作られる「新しい精子」も、作っている身体の老化と無縁ではいられない。

今は、よく泳げない精子には、卵子を目の前に置いてくれる体外受精、卵子に注入してもらえる顕微授精という解決法がある。だから産婦人科では、精子自身の力にはあまり注目してこなかった。しかし、精子のプロである男性不妊の専門医たちは、臨床経験から精子も老化することを実感してきた。同じ男性を長年に渡って診ていると、精子データの推移から経年変化が観察されるという。

男性不妊バイブル」というウェブサイトを持つ男性不妊専門医・岡田弘医師(獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授)は、精子が作られにくい男性を大勢治療してきたが、35歳以上では結果が出にくくなることが気になっていた。そこで、条件を均一にしたマウスの卵に様々な一般男性の精子を入れてみたところ、一部の男性は35歳を境に精子の力が落ちることがわかった。

精子にはどんな老化が起きるのか、海外の文献を探すと意外にたくさんの報告があった。晩産化を反映して、父親年齢の研究が増えているのだろう。

これまでの関連研究をまとめた文献研究によると、加齢は精子を育てるホルモンや細胞、精子そのものの数を減らし、DNA損傷精子を増やす。染色体異常によるものが多い初期流産が増え、子どもの染色体異常も一部の疾患でやや増える。女性が35歳以上の場合、男性が若い場合より妊娠率が下がり、流産率が上がる傾向がある。

もちろん、高齢男性から生まれた子どものほとんどは健康ですくすくと育っていて、そんなに神経質になることはない。ただ、あなどれないケースもあることは知っておきたい。

■精子の老化を特に注意したい人は

通常、男性は、女性のように「一定の年齢でみんな妊娠できなくなる」という劇的な変化はなく、ゆるやかな衰えがあるのみだ。例えば女性は40代半ばになると妊娠できないのが普通で、できても半数は流産してしまう。

これに対し男性は加齢で子どもをあきらめることはあまりなく、流産率の違いも35歳以上でそれより若い男性の約1.3倍になる程度だ。

しかし、これはあくまでも集団の傾向で、実際にはかなり大きな個人差がある。精子の加齢リスクが高まる境界線は、多くの報告で「35歳」もしくは「40歳」。今まで高齢出産と言えば誰もが女性の話だと思ってきたが、実は男女の問題だったということがこれでよくわかる。男性も「35歳以上は男も高齢出産だ」と心得て、子どもが欲しいのならのんびりしない方がいい。

特に40代の男性は、パートナーさえいるなら、あれこれ考えている暇はない。精子力の低下は40代後半から加速する。精子の老化もさることながら、若い女性との年の差婚ではない限り、この年齢では女性の卵子が厳しい状況にあるはずだ。

カップルが妊娠までに要した平均月数を男性年齢別に見た英国の研究によると、20代で子どもを持とうとした男性では半年、30代~40代前半では10カ月だったが、40代後半では19カ月、50歳以上では32カ月もかかっていた。これは女性年齢が高いとさらに長くなり、長くなれば卵子老化は進む。余裕のない卵子にさらなる負荷をかけないためにも、年齢の高い男性は早く女性と子どもの話をした方がいい。

■気落ちする必要はない

生まれつき、もしくは生後に何か問題があって精子を作る機能が落ちている「無精子症」や「乏精子症」がある男性は、若くても自然妊娠が難しい。でも、この場合も、若いうちに妊娠しようとすれば不妊治療の効果は上がる。

精子を作る機能の判定は自分ではできないので、医療施設での精液検査が必要だ。受ける場合は、インターネットで「精液検査」と検索し、できるだけ男性不妊専門医がいる、もしくは連携がある施設で受けたい。

精子老化は男性には少し気落ちする話だったかもしれないが、マイナス思考はやめよう。私は、この事実が知られることによって、卵子の時計が気になる女性の気持ちがわかり、彼女との距離が縮まる男性が増えてほしいと思っている。

精子も卵子も、共に限られた時間を生きている。男女が共感し合い、寄り添って未来を想う心から結婚も妊娠も始まる。

<参考文献>
Paternal age and reproduction 1.

Hum. Reprod. Update (2010) 16(1): 65-79.doi: 10.1093/humupd/dmp027First published online: August 20, 2009

河合 蘭(かわい・らん)

出産、不妊治療、新生児医療の現場を取材してきた出産専門のジャーナリスト。

自身は2児を20代出産したのち末子を37歳で高齢出産。国立大学法人東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院、日本赤十字社助産師学校非常勤講師。著書に『卵子老化の真実』(文春新書)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』、『助産師と産む-病院でも、助産院でも、自宅でも』 (共に岩波書店)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版生活人新書)など。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-26 17:55 | 書庫 | Comments(0)

任務完了

任務完了 海上自衛官から学校長へ

竹本 三保 / 並木書房


<以下参考引用>
校長先生は元海上自衛官/狭山高校に今春赴任の竹本さん
2012/05/28 コミュニティ2525

 狭山高校にこの春、教職経験のない民間人校長として就任した竹本三保さんの前職は、防衛省海上自衛官(1等海佐)。女性ゆえの能力を発揮できる分野が自衛隊の中にもあると、女性自takemoto.jpg衛官の草分けとして、男社会を持ち前のバイタリティではね返し、女性初の地方協力本部長も務めた。また、東日本大震災では、即応予備自衛官を招集し救援活動も支えた。数々の任務を果たした竹本さんが、10代の頃に考えていた日本にとって重要な2本柱は、「国防と教育」。新たな任務である、府立高校の学校長として教育分野に挑戦する。

14歳で決意、初志貫徹
 竹本さんは14歳の時に、海上自衛官になることを決意。父親の「国際人になるためにはネイビーだぞ。海軍士官は世界に通用する」との言葉も影響した。1日も早く入隊したいとの思いが強かったが、高校卒業時には女性の募集もなく、大学進学の際には、防衛大学の門戸も開かれていなかった。奈良女子大学で教育学科を専攻後、教師の依頼もあった中、初志貫徹で海上自衛隊幹部候補生学校に入校。横須賀教育隊第2部教官、幹部候補生学校教官、厚木航空通信隊長、自衛隊兵庫地方連絡部募集課長、舞鶴システム通信隊司令、システム通信隊群司令部首席幕僚、呉システム通信隊司令、自衛隊青森地方協力本部長、中央システム通信隊司令などを歴任し定年まで勤め上げた。

「真摯な姿勢は必ず相手に通じる」
 また「男女区別平等論」の概念を「女性と軍隊――新しい理念を求めて」という論文で初めて提唱。男女は社会的に平等だが、男性と女性を異質なものとして区別。男性と女性は共に人間の営みに必要な資質を分かち合っているという観点に立ち、女性固有の能力を生かした役割が、自衛隊の中にもあると掲げ、実践した。

 私生活では昭和57年に結婚、一女の母でもある。仕事と主婦業や子育ての両立は並大抵のものではなかったが、持ち前のバイタリティと前向きな考え方、両親や親せき、友人らの協力で乗り越えた。娘が高校生の頃には、1年間のホストファミリーも経験。異文化を楽しんだ。

「何事も正面から向き合いまじめに取り組めば、真摯な姿勢は必ず相手に通じると信じています。開かれた学校として、地域や保護者、生徒のニーズを分析し、的確に応えていきたい」と語る。

 竹本さんの著書「任務完了 海上自衛官から学校長へ」は今春、並木書房から出版されている。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-09-17 16:59 | 書庫 | Comments(0)

日米IT戦争のカラクリ

日米IT戦争のカラクリ (田原総一朗自選集)

田原 総一朗 / アスコム


<以下参考> シリーズ全5巻
田原総一朗自選集 1 政治と権力のカラクリ

日本最高のシンクタンク「霞が関」の核心に迫った官僚3部作を完全収録!

<目次>
はじめに
日本の官僚
警察官僚の時代
平成・日本の官僚
著者による解説

田原総一朗自選集 2 経済神話のカラクリ

高度経済成長の原動力とは何だったのか? 
ニッポン復活のヒントがここにある!

<目次>
はじめに
原子力戦争
通貨マフィア戦争
鉄神話の崩壊(第1部のみ)
「業際」の時代
著者による解説

田原総一朗自選集 3 日米IT戦争のカラクリ

コンピュータ、ソフトウェア、知的財産……
日米の仕掛人たちのうごめきをキャッチした5編!

<目次>
はじめに
東京電力企画室
マイコン・ウォーズ
日米知略戦争 アメリカが仕掛けたソフトの罠
日本コンピュータの黎明
富士通・池田敏雄の生と死
IT革命のカラクリ
著者による解説

田原総一朗自選集 4 メディアと権力のカラクリ

メディアの現場を知りつくす著者がタブーに挑む!
マスコミ人のバイブルといわれた名作を収録!

<目次>
はじめに
テレビディレクター
アメリカの虎の尾を踏んだ田中角栄
電通
頭のない鯨 平成政治劇の真実
田原総一朗の闘うテレビ論
著者による解説

田原総一朗自選集 5 性と生命のカラクリ

文明はセックスを変えたのか?
生命科学と性の現場に何が起きている?
ヒトの未来に斬り込む衝撃のレポート!

<目次>
はじめに
遺伝子産業革命
生命探検 脳と老化
飽食時代の性 セックス・ウォーズ
著者による解説
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-08-31 17:55 | 書庫 | Comments(0)

笑う介護士の秘伝

笑う介護士の秘伝

袖山 卓也 / 中央法規出版


e0151275_22483127.jpg

<以下参考エントリー>
「笑う介護士」袖山卓也、強姦容疑で逮捕…合意の上と否認 20代女性に暴行 警視庁 ⇒釈放⇒不起訴に
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-08-20 21:55 | 書庫 | Comments(0)

長崎市長のことば

長崎市長のことば (岩波ブックレット)

本島 等 / 岩波書店


<以下引用>
本島等元長崎市長が死去
2014年11月1日 長崎新聞

 昭和天皇の戦争責任発言で右翼から銃撃され、全国に論争を巻き起こした元長崎市長の本島等(もとしま・ひとし)氏が31日午後5時27分、肺炎のため、長崎市内で死去した。92歳。旧五島北魚目村(現在の新上五島町)出身のカトリック信徒。自宅は長崎市下西山町7の1。葬儀は密葬で執り行い、お別れ会を後日、長崎市内で開く。

 長崎市長に初当選したのは1979年。市長3期目の88年12月、昭和天皇が重篤な状態にある中、定例市議会一般質問に答え「昭和天皇の戦争責任はあると思う」と発言し、全国から抗議や称賛が殺到。当時顧問を務めていた自民党県連などは発言の撤回を要求したが、本島氏は「(撤回は)政治家の死を意味する」として応じなかった。発言から1年余り後の90年1月、市役所前で右翼団体幹部に銃撃されて瀕死(ひんし)の重傷を負い、その名が「平和市長」として国内外に知れ渡った。

 この事件以降、過去の侵略戦争に対する反省とアジア諸国への戦後処理の不十分さを「平和宣言」などを通じて鮮明に主張。核兵器廃絶と同時に、アジアへの真の謝罪と和解の必要性を一貫して訴え、外国人被爆者への日本人と同等の援護も日本政府に求めた。5期目を目指した95年の選挙で、新人の伊藤一長氏(2007年に死去)に大差で敗れた。

 かくれキリシタンの子孫として生まれ、受洗。貧しい子ども時代を過ごし、戦時中は陸軍に入隊、熊本県で終戦を迎えた。京都大工学部卒業後、長崎南山高教諭などを経て59年から県議に連続5期当選。自民党県連幹事長も務めた。市長時代には故秋月辰一郎氏らと長崎平和推進協会の設立に貢献し、初代会長に。市長退任後の97年、広島・原爆ドームの世界遺産登録に異議を唱えた論文「広島よ、おごるなかれ」で被爆者の被害者意識を批判。以降、原爆投下を「侵略と加害の帰結であり、仕方なかった」と言い続け、物議を醸した。

 02年、日本の原爆・戦争被害だけでなく加害の立場も認めた平和政策が評価され、ドイツ政府の功労勲章一等功労十字章を受章。韓国の被爆者団体などが同年に創設した「韓日平和交流功労賞」も受賞した。03年に結成された「長崎の中国人強制連行裁判を支援する会」の代表としても活動をけん引した。

 09年春、平戸市沖で沈没した巻き網漁船「第11大栄丸」の船体引き揚げを求める県民有志の代表として尽力。平和団体の各種行事に積極的に参加し、独特のユーモアと庶民派のイメージが市民に親しまれた。今年7月から体調を崩していた。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-14 09:38 | 書庫 | Comments(0)

リクルート事件・江副浩正の真実

リクルート事件・江副浩正の真実

江副浩正 / 中央公論新社


リクルート事件の「真実」
 2009-12-08  新刊JP特集 (外部リンク)

<以下引用>
訃報:江副浩正さん76歳=リクルート創業、贈賄で有罪
2013年02月09日 毎日新聞

 リクルート(現リクルートホールディングス)を創業し新しい情報ビジネスを開拓した一方、関連会社の未公開株を政官財界に譲渡した戦後最大級の汚職事件、リクルート事件で有罪判決を受けた同社元会長の江副浩正(えぞえ・ひろまさ)さんが8日、肺炎のため東京都内の病院で亡くなった。76歳だった。

 大阪府出身。東大在学中に学生新聞の広告事業を始め、卒業後の1960年、リクルートの前身となる「大学新聞広告社」を創業、社長に就任した。無料の就職情報誌「企業への招待」を創刊。84年には社名を「リクルート」に改称し、「とらばーゆ」「フロムエー」など就職情報誌を次々と発刊、ヒットさせた。また、住宅からアルバイト、中古車、旅行などにも情報誌のジャンルを広げ、一大情報企業を築いたほか、不動産や金融にも事業を拡大。「情報化時代の寵児(ちょうじ)」と呼ばれた。

 88年に会長に就任したが、同年6月、値上がりが確実視されるグループ不動産会社「リクルートコスモス」の未公開株を川崎市助役に譲渡していたことが発覚。故竹下登元首相周辺など政官財に幅広く未公開株が渡ったことが分かり、ロッキード事件と並ぶ戦後最大級の疑獄事件、リクルート事件に発展した。

 東京地検特捜部が政界▽労働省▽文部省▽NTT−−の4ルートで捜査に着手、江副元会長を含む贈賄側4人と、収賄側8人の計12人が起訴され、全員の有罪が確定した。江副元会長は89年2月に贈賄罪で逮捕・起訴。江副元会長は起訴内容を全面否認し、公判は322回に及んだが、初公判から13年余りを経た03年3月、東京地裁で懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。検察側、弁護側とも控訴せず、判決が確定した。

 江副さんは92年、自ら保有するリクルート株をダイエーに売却。晩年は財団法人「江副育英会」理事長として、オペラ歌手育成など文化活動に取り組んだ。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-02-20 18:33 | 書庫 | Comments(0)

精神科と私

精神科と私ー二十世紀から二十一世紀の六十年を医師として生きて (精神医学の知と技)

笠原嘉 / 中山書店


〈以下引用〉
誤植のお詫びと訂正(精神医学の知と技 精神科と私)

「精神医学の知と技 精神科と私」に誤りがございました。
謹んでお詫び申し上げますとともに,下記のように訂正いたします。

p192 1行目/3行目

誤:小坂憲司/小坂君
正:小阪憲司/小阪君
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-10-21 15:35 | 書庫 | Comments(0)