迷走する介護サービス情報公表制度

介護サービス情報公表へのアクセス低迷

05年の法改正で、消費者の選択に資するためとして導入された「介護サービスの情報公表」のホームページへのアクセス数が対象事業所1カ所当たり、1カ月で2・32件と低迷していることが厚生労働省の調査で分かった。都道府県別に見ると08年度の1サービス当たりの平均手数料は4万4359円で前年度よりも1万円低下。厚労省が実態に合わせて引き下げるように求めた成果だ。最高は島根県の6万円で最低の千葉県の3万6633円とは約1万5千円の差がある。依然として手数料の見直しを行っていない都道府県もある。

情報公表は、手数料が事業者持ちで事務負担も大きい上に、全く活用されていないと、事業者から芳しい評判は聞かない。負担の大きさが国会でも取り上げられたことから、厚生労働省では実施主体となる都道府県に対し、手数料の引き下げ、事業の効率化を求めてきた経緯がある。

今年度の予防サービスの追加に続き、来年度は制度改正で創設された小規模多機能型居宅介護、外部サービス利用型特定施設や夜間対応型訪問介護、また、外部評価とのすみ分けが懸案となり棚ざらしになっていた認知症グループホームなど15サービスを追加する。

厚生労働省は来年度さらに事業の効率化を進めるために、調査員1人でも調査を可能にする、「ある」と確認されたマニュアルなどは次年度以降は確認しない、同一所在地で複数の事業所を運営する事業者は、手数料を低くすることなどを都道府県に求めていく方針だ。

シルバー新報[2008/11/13]

(春之介のコメント)
業界の誰も喜ばない、利用者の誰も見ないという情報公表制度。025.gif

それは、内容が細かすぎて重箱の隅をつつくようなものだから…

何のための、誰のために情報公表をするかを考えれば、自ずとあり方は決まってくるのだが…

マニュアルが揃っていれば良いという発想が間違い。現場は何をしているのか役人は考えていない証拠。また、事故が起きたときと考える学者・経営者団体のひねくれが見える。

もう一度原点に立ち返り再考して頂きたい。
[PR]
# by negitoromirumiru | 2008-11-15 08:53 | 福祉 | Comments(0)

迷惑防止条例

公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

(目的)
第1条
 この条例は、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等を防止し、もつて県民生活の平穏を保持することを目的とする。

(粗野又は乱暴な行為の禁止)
第2条
 何人も、道路、公園、広場、駅、空港、埠(ふ)頭、興行場、飲食店その他の公共の場所(以下「公共の場所」という。)又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機その他の公共の乗物(以下「公共の乗物」という。)において、多数でうろつき又はたむろして、通行人、入場者、乗客その他の公衆に対し、いいがかりをつけ、すごむ等の不安を覚えさせるような言動をしてはならない。
2 何人も、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、故なく、人を著しくしゆう恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、次に掲げる行為をしてはならない。
一 人の身体に、直接又は衣服その他の身に付ける物(以下「衣服等」という。)の上から触れること。
二 衣服等で覆われている人の身体又は下着をのぞき見し、又は撮影すること。
三 前二号に掲げるもののほか、卑わいな言動をすること。
3 何人も、祭礼又は興行その他の娯楽的催物に際し、多数の人が集まつている公共の場所において、ゆえなく、人を押しのけ、物を投げ、物を破裂させる等により、その場における混乱を誘発し又は助長するような行為をしてはならない。
4 何人も、公共の場所又は公共の乗物において、故なく、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用することができる物を、通行人、入場者、乗客その他の公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない。

(押売行為等の禁止)
第3条
 何人も、住居その他人の現在する建造物を訪れて、物品の売買、物品の修理若しくは加工、遊芸その他の役務の提供又は広告若しくは寄附の募集(以下「売買等」という。)を行うに際し、次に掲げる行為をしてはならない。
一 犯罪の前歴を告げ、暴力的性行をほのめかし、住居、建造物、器物等にいたずらする等の不安を覚えさせるような言動をすること。
二 売買等の申出を断られたのにかかわらず、座り込み、執ように物品を展示する等速やかにその場から立ち去らないこと。
三 身分、物品の内容その他の事実を誤解させるような表示又は言動をすること。
2 何人も、公共の場所又は公共の乗物において、不特定の者に対して売買等を行うに際し、不安を覚えさせるような著しく粗野若しくは乱暴な言動をし、又は前項第三号に掲げる行為をしてはならない。
3 何人も、依頼又は承諾がないのに物品の配布又は物品の修理若しくは加工、広告の掲載、遊芸その他の役務の提供を行なつて、その対価をしつように要求してはならない。

(電話等による売買の不当誘引の禁止)
第3条の2
 何人も、物品を売買する目的で、売買の当事者となるように、電話、電報又は郵便の方法により誘引するに際し、その目的を偽り、又は秘してはならない。

(乗車券等の不当な売買行為(ダフヤ行為)の禁止)
第4条
 何人も、乗車券、急行券、指定券、寝台券その他の運送機関を利用することができる権利を証する物又は入場券、観覧券その他の公共の娯楽施設を利用することができる権利を証する物(以下「乗車券等」という。)を不特定の者に転売するため又は不特定の者に転売する目的を有する者に交付するため、乗車券等を、公共の場所又は公共の乗物において、買い、又は人の身辺に立ちふさがり、若しくはつきまとい、人に呼び掛け、チラシその他これに類する物を配布し、若しくは公衆の列に加わつて買おうとしてはならない。
2 何人も、転売する目的で得た乗車券等を、公共の場所又は公共の乗物において、不特定の者に、売り、又は人の身辺に立ちふさがり、若しくはつきまとい、人に呼び掛け、チラシその他これに類する物を配布し、若しくは乗車券等を展示して売ろうとしてはならない。

(座席等の不当な供与行為(シヨバヤ行為)の禁止)
第5条
 何人も、公共の場所又は公共の乗物において、不特定の者に対し、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
一 座席、座席を占めるための列の順位又は駐車の場所(以下「座席等」という。)を占める便益を対価を得て供与すること。
二 座席等を占め又は人につきまとつて、座席等を占める便益を対価を得て供与しようとすること。

(景品買行為の禁止)
第6条
 何人も、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第23条第1項に規定する営業(以下「ぱちんこ屋等」という。)に係る営業所又はその付近において、ぱちんこ屋等の営業者が遊技客に賞品として交付した物品を転売するため又は転売する目的を有する者に交付するため、うろつき又は遊技客につきまとつて、これらの物品を買い、又は買おうとしてはならない。

(不当な客引行為等の禁止)
第7条
 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。
一 わいせつな見せ物、物品若しくは行為又はこれらを仮装したものの観覧、販売又は提供について、客引きをし、又はチラシその他これに類する物を配布して客を誘引すること。
二 売春類似行為をするため、公衆の目に触れるような方法で、客待ちをすること。
三 前二号に掲げるもののほか、人の身体又は衣服をとらえ、所持品を取り上げ、身辺に立ちふさがり、又はつきまとう等しつように客引きをすること。

(モーターボート等による危険行為の禁止)
第8条
 何人も、通常、人が遊泳し、又は手こぎのボートその他の小舟が回遊する水面において、モーターボートその他の原動機を用いて推進する舟、水上スキー又はヨットをみだりに疾走させ、急転回させ、縫航させる等により、人に対し、危険を覚えさせるような行為をしてはならない。

(罰則)
第9条
 第2条第2項の規定に違反した者は、6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
2 次の各号のいずれかに該当する者は、50万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。
一 第2条第1項、第3項又は第4項の規定に違反した者
二 第3条の規定に違反した者
三 第3条の2の規定に違反した者
四 第4条の規定に違反した者
五 第5条の規定に違反した者
六 第6条の規定に違反した者
七 第7条の規定に違反した者
八 前条の規定に違反した者
3 常習として第1項の違反行為をした者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
4 常習として第2項の違反行為をした者は、6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
[PR]
# by negitoromirumiru | 2008-11-14 15:34 | 生活 | Comments(0)

俳優 山本學

e0151275_0592.jpg俳優
1937年1月3日生まれ
やぎ座
B型
大阪出身
165cm
62kg

山本學さんは武蔵野で育った。建築家の長男として生まれ将来を嘱望された。演劇との出会いは、子どもころに見せられた演劇の装置に興味を持った。どうしたらよいかを、俳優東野英次郎に聞きに行ったら俳優養成所に入ることを勧められた。アルバイトでサンドイッチマンをしていた。

現在代々木に住んでいて、毎日散歩するのが日課。

実直に恰好悪く生きていきたい。何でも当たり前にやっていきたい。
モットーは嘘をつかないこと、責任を尽くすこと。
[PR]
# by negitoromirumiru | 2008-11-14 00:01 | 箪笥 | Comments(0)

綸言汗の如し

綸言汗の如し(りんげんあせのごとし

出典:『礼記』

[意味] 
汗が一度出ると再び体内に戻らないように、
天子のことばは口から出ると訂正したり取り消したりすることはできない。
一度口に出したことばは取り消せないという意味でも用いる。

[解説]
 「綸言」は、天子のことばのことで、『礼記(らいき)』緇衣(いし)篇に
「王の言(こと)は糸の如くなれば、其(そ)の出(い)づるや綸(りん)(組み糸)の如し」
と見えている。すなわち、王のことばは初めにはひと筋の糸のような軽いものが、
しだいに組みひものような重みをもつようになると語っている。
これが「綸言」の由来であり、そこから後世「綸言汗の如し」の句ができたのである。

『成語大辞苑』・主婦と生活社による
[PR]
# by negitoromirumiru | 2008-11-13 23:58 | 生活 | Comments(0)

ショスタコ道

ショスタコの中で、有名なのは革命交響曲と
吹奏楽愛好者に多い祝典序曲である。

後者の動画を掲げるが、演奏はスヴェトラーノフ/ソビエト国立交響楽団

20年以上前の録画である。今はソビエトもなく貴重な映像である。
スヴェちゃんも若い。ソビエト崩壊後は、NHK交響楽団まで振りにきていた。
とても団員からは親しまれたようだ。
その録音歴は凄まじく、綺羅星のごとくに遺産として残っている。
ソビエト国立交響楽団時代が、彼のような巨匠たちには振りやすかったろう。
特に、お国の音楽に対する貢献は高く、ムラヴィンスキーのような孤高の天才とは一線を画している。
何でも振れる指揮者がスヴェちゃんなのだ



[PR]
# by negitoromirumiru | 2008-11-07 22:05 | 音楽 | Comments(0)