雅子さま あれこれ4

●●雅子さま優秀伝説●●  2ch

帰国子女だから古くさい皇室と合わない
→小1の三学期~高1の一学期に日本で教育を受けており、義務教育期間に外国で過ごすという厳密な意味での帰国子女にはあたらず。
 紀子さまの方が、幼少期に加え義務教育期間にも外国に住んでいた(小5~中1)ので本当の帰国子女。

1981~1985年6月:ハーバード大学経済学部(17~21歳)
→小和田父は1979年~1981年、ハーバード客員教授。教員子弟のコネ入学枠あり。
 また一学部生の卒業論文に普通関わらないような財界人(糠澤和夫・真野輝彦・榊原英資)が卒論作成の手助けをしている。
 
1986年4月~1987年3月中退:東大法学部(22~23歳)
→3年次編入のため、共通一次試験も通常の二次学科試験も受けていない。
 小和田恒は *東京大学の非常勤講師として25年間にわたり* 国際法、国際機構論を教える。(1963-1988年東大非常勤講師)
 
1986年10月:外務公務員I種試験に合格(22歳)、87年4月入省(23歳)。
→東大は中退。2000年度まで行われていた外務公務員I種試験は、通常の国家公務員I種試験と異なり、強力なコネ枠と言われる。
 向上心旺盛なキャリア志向の女性が、なぜ父親が重役職にある企業の縁故採用試験を?

1988~1990年:オックスフォード大学に留学。(24~26歳)
→外務省からの国費(税金)留学。同期留学者のうち一人だけ、修士号を取れずに帰国。
 小和田父は1988~1989年:OECD(経済協力開発機構・事務局はパリ)日本政府常駐代表。
[PR]
# by negitoromirumiru | 2009-04-12 06:48 | 生活 | Comments(0)

ヤッターマン実写版、おくりびと

2009/03/10 バラエティ・ジャパン

松竹が、快進撃を続けている。今月7日に『ヤッターマン』(日活と共同配給)が、公開2日間の興行ランキングでトップに立ったのをはじめ、9、10日には『おくりびと』がトップを独走。松竹配給の2作品が、まさに興行市場をけん引している形だ。

(春之介のコメント)
両方とも見ていない。『おくりびと』は時間を置いてから、じっくりと見てみたい。
027.gif
[PR]
# by negitoromirumiru | 2009-04-12 06:45 | 生活 | Comments(0)

ER救急救命室、15シーズンで終了

「ER」最終回は視聴者1620万人
「X-ファイル」以来の高記録で15年のフィナーレ飾る
2009/04/04 バラエティ・ジャパン


「ER 緊急救命室」 米国で今月2日(木)に放送された「ER 緊急救命室」の最終回が、高視聴率を記録した。

 ニールセン社によると、米NBCが午後9時から放送した2時間スペシャルの平均視聴者数は1620万人で、18歳から49歳までの視聴者層の16%がチャンネルを合わせていたという。

 ドラマの最終回としては、2002年に放送を終了した「Xファイル」以来の高視聴率で、15年目を迎えた今シーズンの平均視聴者数が950万人だったことから、最終回だけ視聴者が急増した計算になる。

これほどの注目を集めたのは、番組を去った人気キャラクターが最終回にそろって復帰したため。また、くしくも高視聴率を叩き出した“2時間スペシャル”編成は、15年前の初回放送と同じだった。

 「ER」の初回2時間スペシャルは1994年9月19日(月)に放送され、2380万人の平均視聴者を獲得。その後、木曜午後10時枠でレギュラー放送を開始したときには2300万人が見ており、15年にわたり同じ枠に君臨し続けた。

 最高視聴者数は、98年5月14日に記録した4780万人。その前の時間帯で放送された「隣のサインフェルド」の最終回の影響もあって、高視聴率を叩き出すことができた。

 15年の歴史の中で、番組視聴率トップを4回、ドラマ視聴率トップを10回、そしてNBCのドラマ視聴率トップを12回達成している。

★ERは、日本における第二の海外ドラマブームの先達である。もう15シーズン、つまり15年も放送されている。春之介は第1から第3シーズンまでが最高だと思っている。まあ、第5シーズンくらいまでしか見ていないが…。つい最近原作者である、マイケル・クライトンが惜しくも亡くなった。007.gif

それまでの医療ドラマと異なり、冷静な判断の出来ない多忙な医療現場、医療ミスと訴訟、患者による暴力や脅迫、さらに放映時点での最新の実験的治療など、医療に関する考証を綿密に行っており本職の医療従事者の間でも評価が高い。また決して広くはない診療室で撮影しなくてはならずステディカムが威力を発揮している。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

このドラマは、多数の医療関係者が実際に手技を指導し番組にも出演している。だから、本物と見間違う臨場感がある。そして、手持ちカメラであるステディカムを用いたことで、従来の固定カメラにない撮影が可能となり他の海外ドラマに与えた影響ははかりしれない。演出家によってはコミカルなエピソードに仕上がっているものがあり飽きない。難を言えば、ERという設定では長期にわたる人間関係を描くことには不向きである点だ。
[PR]
# by negitoromirumiru | 2009-04-12 06:40 | 生活 | Comments(0)

性犯罪者に強制去勢措置

性犯罪者に強制去勢措置
2008年9月25日 読売新聞

ポーランド政府が性犯罪者を強制的に去勢する方針を打ち出した。

同国東部の男(45)が自分の娘(21)に性関係を強要し、男児2人を生ませた事件がきっかけで、 トゥスク首相は薬品投与による強制去勢を法制化すべく、刑法改正に向けた準備を司法省と保健省に指示した。

子供を狙った性犯罪者の去勢は英国やドイツなどでも行われているが、精神治療や本人の同意が前提で、強制ではない。欧州連合(EU)内には 「強制去勢は現代刑法になじまない」(クラウス・ヘンシュ欧州議会元議長) などと人権侵害の懸念が広がっている。

しかし、ポーランドの有力紙ジェンニクの世論調査では国民の84%が賛成し、与野党の大半も支持する方針で、刑法改正はほぼ確実な情勢だ。

(春之介のコメント)
この法案が改正されたのかは、今のところ不明。

昨年秋の記事だから…もう施行されているかもしれない。

薬品投与とは、性ホルモンを注入することらしい。男性ならば女性ホルモンを使い、性衝動を抑えようとする試み。

去勢と聞くとギクッとするが、効果があるのだろうか。

今後とも注目される記事だ。005.gif
[PR]
# by negitoromirumiru | 2009-04-03 17:48 | 生活 | Comments(0)

性産業の世界あれこれ

ジョブレスの女性がトップレスに 不況の波、性産業にも
2009.3.26 産経新聞

ナイトクラブの看板が並ぶ香港の繁華街。香港では、売春は個人営業のみ合法。このため、売春婦が犯罪に巻き込まれるケースが目立っている(AP) 世界的な不景気は、ストリップやアダルトビデオ、合法である国では売春といった産業にも少なからぬ影響を及ぼしているようだ。厳しい雇用状況を背景に、体を張る業界に飛び込む女性が増えているという。だが、客のサイフのヒモは堅くなっている。

 キャッシュのためにジョブレス(失業中)の女性がトップレスに-。AP通信がこんな見出しで、ストリップやアダルトビデオ出演を志願する米国女性の増加を伝えていた。

トップレス志願

 シカゴのナイトクラブ、ピンクモンキーのストリップダンサー、レベッカ・ブラウンさん(29)はレストランの従業員から転身した。この不況下にいいときは一晩で約2000ドル(約19万4000円)を稼ぐ。「この仕事は融通がきくし、楽しい」という。同僚のエバ・ストーンさん(25)は大学院進学のための学費を稼いでいる。「客には厚かましくする。それができれば務まる」と語る。

 ロードアイランドのフォクシーレディが、ダンサーのほか、マッサージ、バーテンなど35人を新規募集したところ、150人の応募があったという。

 ダンサーは客のチップで稼ぐため、数が増えても店の負担にはならない。

 だが、この業界がまったくの不況知らずだというわけではない。客の総数に大きな変化はないものの、「一晩で3000ドル~4000ドルを使う客がいなくなった」(業界団体)という。

 ストリップダンサー志願について、ダンサーのクライアントを持つサイコセラピストのジョナサン・アルパートさんは「この不況下では大胆な仕事も選択肢と思えるようになる」と、女性に慎重さを求める。

 また、アダルト映画大手ビビッド・エンターテインメント・グループのスティーブン・ハーシュ共同会長は「アダルト女優になれば、さまざまな人との関係に影響が出る。ビデオが出たら取り消せない。覚悟が必要だ」と安易な決断をいさめた。

売春も「セール」

 フランス通信(AFP)は、ドイツの売春宿が、不況で客が減り苦しんでいると伝えた。今年初め、フランクフルトの老舗が閉店。ベルリンのプッシークラブは、食事もドリンクも含めて70ユーロ(約9200円)という“セール”を始めた。ドイツでは2001年、売春が合法化された。

 ベルリンのベルエスコートのオーナーは「この不況で客は20%減った」と語る。また、ブレーメンの売春婦の支援団体の女性は「住宅や車のローンに苦しみ、食費を切りつめている人がセックスに金をかけるはずがない」と苦境を訴えた。

 一方、パリでは先ごろ、世界で最大規模というセックス・グッズ・フェアが開催された。訪問者数は例年並みだったが、売り上げは確実に低下したという。ただ、「不景気で外出できない分、この手のものは売れるんじゃないか」という訪問者の声もあった、とロイター通信は伝えている。

困ったときのポルノ税

 この経済危機を乗り切るため、各国政府は金融機関、大手自動車メーカーなどに支援を行っている。だが、ナイトクラブや売春宿などはこの先、いくら厳しい経営を強いられようとも、政府の支援を得られそうにない。むしろ、金融機関支援分を多少なりとも埋め合わせるため、取り立ての対象となる可能性がある。

 米ワシントン州では、アダルトビデオやアダルト雑誌、セックス・グッズなどの消費税をアップさせる案が検討されている。テキサス州では、ストリップのあるナイトクラブのカバーチャージへの課税が議論されているという。税収に困れば、たばこ、酒、ポルノというわけである。(内畠嗣雅/SANKEI EXPRESS)

(春之介のコメント)
日本の性産業どうなっているのか。現状は知らないが厳しいのは間違いない。
[PR]
# by negitoromirumiru | 2009-04-03 15:02 | 箪笥 | Comments(0)