<   2013年 10月 ( 83 )   > この月の画像一覧

返金するホテル、しないホテル 返金求める人、求めない人 どちらが潔いの!?

近鉄ホテルシステムズ(大阪市)がレストランのメニューで牛脂を注入した加工肉であることを明記しなかった問題で、二村隆社長は31日に記者会見し、2008年4月以降、約37万人に提供したと明らかにした...
(春之介のコメント)
ぞくぞくと出てくるわ。

今ごろヒッソリ出せばいいわ。

だって誰もが知ってることだ。

ホテルの格落ちか、イメージダウンは避けられない。

職人って、もういないのか。

というよりも、ちゃんとした食材の調達ができない時代になったのだろう。

信じる者は、足すくわれる! 028.gif
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-31 22:16 | 箪笥 | Comments(0)

重度障がい者も息でパソコン操作! 世界初の「呼気マウス」とは!? 近畿大学・人間支援ロボット研究室が開発

世界初の“呼気マウス”開発 「吸う」「吹く」で操作、重度障害者もパソコン使える 近大
2013.10.31 産経ニュースWEST

 近畿大は31日、手足の不自由な重度障害者も、呼気だけでパソコンを操作できる「呼気マウス」を世界で初めて開発したと発表した。開発にあたった北山一郎准教授(福祉工学)は「メールなどを利用した交流も可能となり、障害者の生活の質が向上する」としており、2年後の実用化を目指している。

 呼気マウスは、ストロー状の管を口にくわえ、呼気の「吸う」「吹く」の強弱と時間によって、マウスカーソルを上下左右に動かせる。左右のクリックにも対応し、文字入力もできることから、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などの利用も可能という。

 これまでにも呼気を活用したスイッチは開発されているが、照明のオン・オフなど用途が限られていた。また、呼気マウスは高精度のセンサーを使用しているが、工業用で比較的安価なため、障害者らが視線をパソコン画面に固定して入力する視線入力装置より安い5万円程度での販売を目指すという。

(春之介のコメント)
こうした細かい細工は得意な日本人ってステキ!


<以下参考>
重度障がい者もパソコンを自在に使える! 世界初の"呼気マウス"を開発
2013年10月31日 近畿大学

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)人間工学科人間支援ロボット研究室の准教授北山一郎と准教授中川秀夫は、呼気だけでパソコンのマウスを全方向に動かせる世界初の「呼気マウス」を開発いたしました。

重度の障がい者においては、下肢の機能だけでなく上肢の機能の著しい低下がみられる場合がありますが、呼気は人間が自分の意志で制御できる最後の機能の一つであるため、この呼気をコントロールすることで、コンピュータの入力を可能にする入力装置の開発は障がい者にとって非常に便利なツールとなります。

これまでにも、障がい者むけにストロー状の管を口に含み吹いたり吸ったりすることでオンとオフを切り替える仕組みを持った「呼気スイッチ」は開発・利用されていますが、主にテレビの電源のオン/オフや照明の入/切などの利用に限られていました。作業のメニューをスキャンする機能を入れることで、必要とする作業を選択することは可能ですが、スキャンの待ち時間が長いなど、課題があります。

それに対し今回の「呼気マウス」は呼気の「強く吹く/弱く吹く/強く吸う/弱く吸う」という4種類の呼気にマウスを対応させ、呼気量により入力装置を多チャンネル化することにより上下左右の動きの制御ができるようになり、その呼気の制御をパソコンに入力できる装置(呼気マウス)を開発することで、パソコン上のマウスカーソルを上下左右自由に動かせるようになりました<写真1>。また、マウスの右クリックと左クリックも、呼気の時間と強さ設定することで実現しています。これらにより、パソコン上に示されたメニューを選択できるだけでなく、パソコンのOSに入っているスクリーンキーボードを使用し、文字を任意に選択する文字入力も可能となりました。
e0151275_21524745.jpg

この呼気マウスを使用することで重度障がい者が、ソーシャルネットワーキング・サービスを利用することも可能となり、他者とのコミュニケーションが図れ、障がい者の生活の質の向上に大きく寄与するものと思われます。商品化については、企業等とのコラボレーションにより実用化を実現させていきたいと考えています。

本研究は四肢に障害を有する"重度障がい者がロボットに指示を与える入力システムを開発する"ことを目的に実施いたしました。最終的には頸椎が損傷されるあるいは筋委縮性側索硬化症(ALS)を発症するなどの重度障がい者を支援する半自立型のロボットの開発を最終目的に研究を継続してまいります。

<以下引用>
手が不自由でも息でパソコン操作 近大が呼気マウス開発
2013/10/31 中日新聞

 近畿大は31日、重度の障害などで手が不自由な人が、口にくわえたチューブに息を吹き込んだり吸ったりすることでパソコンを操作できる「呼気マウス」を世界で初めて開発したと発表した。2年後の実用化を目指している。

 「吸う」「吹く」の時間と強弱を組み合わせてカーソルを動かし、クリックにも対応。キーボードで文字も入力できるため、メールなどインターネットを利用した交流も可能で、障害者らの生活の向上につながるとしている。使用する高精度センサーは工業用で安価なため、販売価格は5万円程度に抑えられるという。(共同)
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-31 21:57 | 福祉 | Comments(0)

生活保護法の改悪に反対する研究者らが共同声明(全文) ⇒2013/10/27現在 賛同者1103名

生活保護法改正案に反対 研究者1000人超 声明賛同
2013年10月25日 東京新聞

 生活保護費の抑制策を盛り込んだ生活保護法改正案に反対する学者など研究者による共同声明の賛同者が千人を超えた。呼び掛け人代表の三輪隆埼玉大名誉教授、後藤道夫都留(つる)文科大名誉教授、布川日佐史(ひさし)法政大教授が二十四日、厚生労働省で記者会見して明らかにした上で「日本の社会に貧困が広がり、深刻な状況になっている」と訴えた。(上坂修子)

 賛同者は千八十七人。呼び掛け人が改正案の国会提出に反対する声明案を発表した九月十三日には四百四十人だった。その後、政府が今国会に改正案を提出し、成立させる方針を明確にしたのを受けて急増した。内訳は社会保障・福祉分野が二百二十五人、教育学百五十二人、憲法・行政法などが百三十八人など。幅広い分野の研究者が賛同した。

 声明は改正案について「安全網を切り縮めることは、自由で民主的な社会の基盤を掘り崩す。生活困窮者だけでなく全ての人々の生存権に対する攻撃だ」と批判している。

 申請時に資産や収入に関する書類の提出を義務付けた規定に関し「申請への門前払いが横行するのは目に見えている」と指摘。親族らの扶養義務強化に対し「一層多くの人が迷惑をかけたくないとの理由から生活保護の利用を断念する」と懸念を示している。

 政府は五月、改正案を国会に提出。与党や民主党による修正を経て衆院を通過したが、参院選前の与野党対立のあおりで廃案になった。政府は修正を踏まえ、今国会に再提出した。

◆呼び掛け人(五十音順)
 浅倉むつ子早稲田大教授(労働法・ジェンダー法)、伊藤周平鹿児島大教授(社会保障法)、井上英夫金沢大名誉教授(社会保障法)、遠藤公嗣明治大教授(社会政策学)、大門正克横浜国立大教授(歴史学)、小沢隆一東京慈恵会医科大教授(憲法学)、木下秀雄大阪市立大教授(社会保障法)、木本喜美子一橋大教授(社会政策学・ジェンダー研究)、後藤道夫都留文科大名誉教授(社会哲学・現代社会論)、竹信三恵子和光大教授(労働社会学)、布川日佐史法政大教授(公的扶助論)、本田由紀東京大教授(教育社会学)、三輪隆埼玉大名誉教授(憲法学)、世取山洋介新潟大准教授(教育学)、和田肇名古屋大教授(労働法)

(春之介のコメント)
その声明全文を調べてみたが、多くの研究者の方々が賛同されている。

それにしても大学教員やOBらは、日本にこんなにいるんだ。

今まで、こうした動きがなかったことが不思議なくらい。

声明を見ても、特に学者らしい見解もなく難しさはないし小さくまとまったかな。

ただ報道したのが毎日新聞と東京新聞らに限定していることが危惧だ。


<以下参考>
第185回国会(臨時会)提出法律案 (厚労省、外部リンク)

<以下参考> 声明に賛同した研究者一覧と共同声明内容
いのちと生活を守ろう! 
生活保護法の改悪に反対する研究者の共同声明
 (HP)

生活保護法の改悪に反対する研究者の共同声明
10.24.発表 共同声明

 先の国会で廃案となった生活保護法改正案が今国会に提出された。この法案は、不正受給を防ぐためと称し、第1に、生活保護申請時に所定の申請書と資産・収入・扶養の状況などに関する書類の提出を義務づけると共に、第2に、親族の扶養義務を生活保護の事実上の前提要件としている。 これは自由で民主的な社会の基盤であるセーフティーネットとしての生活保護を脅かすものであって、私たちはけっして許すことはできない。

 第1の問題点については、悪名高い「水際作戦」による門前払いを合法化するものだとの指摘を受けて、先の国会では「特別の事情があるときはこの限りではない」と修正された。しかし、「特別の事情」を判断するのはこれまで「水際作戦」を進めてきたような行政の窓口である。政府は「運用はこれまで通り」「申請の意思があれば受理しなければならない」とし、「門前払いにならないように各自治体に通知する」と言っている。だが、「特別の事情があるときはこの限りではない」と認めたとしても、書類提出が原則となれば、申請にたいする門前払いが横行するのは目に見えている。

 「運用はこれまで通り」であるならば、口頭申請も可能であることが法文に明記されるべきである。そもそも、このようは書類の提出は申請の後で済むことであり、裁判判例も申請は口頭でよいことを認めている。ギリギリの生活を迫られている人たちには、保護申請すること自体を簡素化し容易にすることこそが切実に求められる。これはまた、第50会期国連社会権規約委員会も我が国に対して勧告していることである。

 第2の問題点については、まったく修正されていない。親族への通知を義務付ける条文や、親族の収入や資産の状況の報告を親族本人はもとより金融機関や雇い主などにも求めるという条文が新設されている。親族関係は多様である。夫への通知・調査を怖れるDV被害者だけでなく、親族に「迷惑がかかる」ことから申請をためらう人は現在でも少なくない。法改正によって、一層多くの人が親族に迷惑をかけたくないという理由から生活保護の利用を断念することになる。親族に「共助」を厳しく求めることは国の責任転嫁に他ならない。

 この他にも、法案は、ジェネリック医薬品の使用義務づけ、保護受給者の生活上の責務、保護金品からの不正受給徴収金の徴収を定めている。保護受給と引き換えに生活困窮者にこのような責務を課すことは、性悪説に立って保護受給者を貶め、その尊厳を著しく傷つけるものである。

 以上、この改正案は全体として生活保護を権利ではなく「恩恵」「施し」として生活困窮者とその親族に恥と屈辱感を与え、劣等者の烙印を押し、社会的に分断排除するものといわねばならない。
 生活困窮者は少数であり、常に声を上げにくい当事者である。しかし、セーフティーネットは、現に生活に困窮している人々を救うためだけの制度ではない。それは自由な社会のなかで生きる人々が、様々なリスクを抱えつつも、幸福な暮らしを安心して追求していくことができるための必須の条件である。セーフティーネットを切り縮めることは、自由で民主的な社会の基盤を掘り崩すものといわざるを得ない。これは生活困窮者だけの問題ではなく総ての人々の生存権に対する深刻な攻撃である。

 このような問題点をもつ生活保護法改正に私たちは強く反対するものである。
以上、声明する。


<以下引用>
生活保護:住宅扶助も見直しへ 厚労省
2013年10月04日 毎日新聞

 厚生労働省は4日、生活保護の一つで家賃を実費支給する「住宅扶助」など三つの扶助や各種加算制度を見直す方針を、厚労相の諮問機関、社会保障審議会の生活保護基準部会に示した。生活保護は8月に生活費にあたる「生活扶助」の減額が始まったばかりだが、今回の見直しも全体では引き下げとなる見通し。主なものは来年度以降に実施する。

 今後見直すのは、住宅扶助に加え、仕事に必要な技能を習得するための「生業扶助」、生活扶助の一部で受給開始時の衣服費などをまかなう「一時扶助」など。同部会は消費実態に関する統計や自治体へのアンケートを分析し、支給水準を検討する。また、生活扶助の切り下げが受給者に及ぼす影響も議論する。

 生活保護を巡っては、自民党の意向を受け8月から生活扶助のカットが始まった。3年かけ670億円を削減する。96%の受給世帯で減額となり、削減幅は世帯によって最大1割に及ぶ。しかし、財務省は一層の給付カットを求めている。

 7月の生活保護受給者は約215万人、約158万世帯で、世帯数は過去最多を更新した。受給者や支援者からは、「部会の議論がさらなる切り下げにつながるのでは」との声も上がっている。【遠藤拓】

<以下引用>
生活保護法改正案など決定
2013年10月15日 NHK

政府は15日の閣議で、生活保護の不正受給の罰則強化などを盛り込んだ生活保護法の改正案と、仕事と住まいを失った人に対し家賃を補助する制度を恒久化するなどとした生活困窮者自立支援法案を決定しました。

このうち生活保護法の改正案は、生活保護を受給している間に受給者が働いて収入を得た場合、現在は減額されている保護費について、受給者の労働意欲を高めるため、減額した分の一部を地方自治体が積み立て、受給者が生活保護から脱却したときに給付金として支給する制度を新たに導入するとしています。

その一方で不正受給を防ぐため地方自治体の調査権限を強化し、「受給者を扶養できない」と答えた親族に、理由を報告するよう求められるようにするとともに、不正受給に対する罰則を「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」に引き上げるなどとしています。また生活困窮者自立支援法案は、仕事と住まいを失った人に対し、一定期間、家賃を補助する制度を恒久化するほか、地方自治体に相談窓口を設置することなどを定めています。

これらの法案は、先の通常国会でも審議が行われましたが、ことし6月の国会閉会に伴って廃案となっており、政府は臨時国会での成立を目指すことにしています。

<以下引用>
生活保護費:切り下げで異議1万人超
2013年10月11日 毎日新聞

 8月からの生活保護費切り下げで、自治体側に異議を申し立てる「審査請求」を行った受給者は最終的に1万191人(世帯主ベース、把握分)に上ったことが、支援団体のまとめで分かった。団体側は11日、田村憲久厚生労働相らに切り下げの撤回を求める要望書を提出した。

 「生活保護基準引き下げにNO!全国争訟ネット」と「全国生活と健康を守る会連合会」などが7月から1万人の参加を呼び掛けていた。団体側によると、参加者は47都道府県で8月下旬以降、各知事に審査請求。家族を含めれば1万3000人前後に膨らむとみられる。審査請求が退けられれば、希望者を募って再審査請求や行政訴訟に移行する方針。

 厚労省によると、生活保護関連の審査請求は2009年度の1086件が過去最多で、これを大幅に上回った。団体側は要望書で「国は当事者の声の重みを真摯(しんし)に受け止めなければならない」と訴えた。【遠藤拓】

<以下追加引用>
改正生活保護法が成立=受給者の自立支援強化
2013年12月6日 時事通信社

 生活保護受給者の自立を後押しする給付金の創設を柱とする改正生活保護法と、経済的に困窮している人を早期に支援する生活困窮者自立支援法が、6日の衆院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。いずれも先の通常国会で廃案になり、今国会に参院先議で再提出されていた。

 改正生活保護法で新設する給付金は、受給者が働いて得た収入の一部を積み立て、保護が終了した際に生活費として支給する。保護脱却への意欲を高めてもらうのが狙い。

 不正受給対策の強化も盛り込んだ。罰金を引き上げるほか、就労実態や経済状況に関する福祉事務所の調査権限を拡大。保護を申請した人に扶養義務者がいる場合、扶養可能とみられるのに応じなければ、自治体が説明を求められるようにする。このほか、保護費の約半分を占める医療費の抑制に向け、後発医薬品(ジェネリック)の使用を促す方針を明記した。 
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-28 16:45 | 福祉 | Comments(0)

訃報 岩谷時子(作詞家)

作詞家の岩谷時子さん死去
2013年10月28日 NHK

「恋のバカンス」や「君といつまでも」など、昭和を代表する多くのヒット曲を手がけた作詞家で文化功労者の岩谷時子さんが、今月25日、肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。
97歳でした。

岩谷さんは大正5年、今のソウル市で生まれ、宝塚歌劇団の出版部を経て、東宝で女優の越路吹雪さんのマネージャーを務めました。

昭和28年に越路さんが日劇のショーで歌ったシャンソンの名曲、「愛の讃歌」の歌詞の翻訳をきっかけに、訳詞や作詞をはじめ、昭和38年に作詞家として独立しました。

その後も、「サン・トワ・マミー」、「ラストダンスは私に」などの海外のヒット曲を親しみやすい訳詞で日本に浸透させたほか、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」、加山雄三さんの「君といつまでも」、岸洋子さんや坂本九さんらが歌った「夜明けの唄」、佐良直美さんの「いいじゃないの幸せならば」、それに郷ひろみさんの「男の子女の子」など、シャンソンから歌謡曲まで3000曲以上を世に送り出しました。

またミュージカルにも造詣(ぞうけい)が深く、「ジーザス・クライストスーパースター」、「レ・ミゼラブル」、「ミス・サイゴン」などの訳詞を手がけ、日本でのミュージカルの発展に貢献しました。

平成21年には音楽界やミュージカルで活躍する若い才能を応援するために「岩谷時子音楽文化振興財団」を設立し、こうした功績が認められてこの年、文化功労者に選ばれました。

岩谷さんは今月25日、肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。関係者によりますと、葬儀は親族のみで行い、後日「偲ぶ会」を開く予定だということです。

<以下引用>
君といつまでも・愛の讃歌…岩谷時子さん死去
2013年10月28日 読売新聞

 「君といつまでも」や、「愛の讃歌」で知られる女性作詞家の草分け、岩谷時子(いわたに・ときこ、本名=トキ子)さんが、25日亡くなった。97歳だった。

 現在の韓国・ソウル生まれ。宝塚歌劇団出版部に入り、越路吹雪と出会った。1951年、越路と共に東宝に移り、マネジャー業の傍ら、越路の歌うシャンソンの歌詞を訳し始め、「愛の讃歌」「ラストダンスは私に」の訳詞を世に出した。

 60年代前半から本格的にオリジナルの作詞を行うようになり、加山雄三さんの代表曲「君といつまでも」、ザ・ピーナッツの「ウナ・セラ・ディ東京」、佐良直美さんが歌い、日本レコード大賞に輝いた「いいじゃないの幸せならば」などを手がけた。また、「レ・ミゼラブル」など、ミュージカルの訳詞にも積極的に取り組んだ。2009年には文化功労者に選ばれた。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-28 16:06 | 音楽 | Comments(0)

独身手当

独身手当―公務員のトンデモ給与明細 (新潮文庫)

若林 亜紀 / 新潮社


[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-27 19:38 | 書庫 | Comments(0)

Plaatpaal ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲 ツィンマーマン(va)、パーヴォ・ヤルヴィ/hr響

Paul Hindemith
Vioolconcert* (1939)
Sonate voor viool solo, Op. 31/2 (1924) | Vioolsonate in Es, Op. 11/1 (1918)
Vioolsonate in E (1935) | Vioolsonate in C (1939)

Frank Peter Zimmermann - viool
Enrico Pace - piano
HR-Sinfonieorchester o.l.v. Paavo Järvi*
BIS SACD 2024
e0151275_2344619.jpg

ヒンデミット
1. ヴァイオリン協奏曲 (1939)
2. 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ op.31の2 (1924)
3. ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.11の1 (1918)
4. ヴァイオリン・ソナタ ホ調 (1935)
5. ヴァイオリン・ソナタ ハ調 (1939)

1
hr交響楽団 (フランクフルト放送交響楽団)
パーヴォ・ヤルヴィ (指揮)
録音 : 2009年9月 フランクフルト アルテ・オーパー

2-5
エンリコ・パーチェ (ピアノ/ Steinway D : 3-5)
録音 : 2012年5月 イタリア ドッビアーコ文化センター

※ヴァイオリン協奏曲は指揮者メンゲルベルクの委嘱作品で初演は1940年、メンゲルベルク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、ヴァイオリン独奏はコンサートマスターのフェルディナント・ヘルマン。このアルバムに収められた作品はアメリカに亡命する以前の1918年から1939年に作曲された作品です。

(春之介のコメント)
よく分からない!

作業しながら聴くのは・・・やはりよくなかった。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-27 02:35 | 音楽 | Comments(0)

卵子老化の真実

卵子老化の真実 (文春新書)

河合 蘭 / 文藝春秋


<以下参考引用> こちらも心配な・・・精子老化
35歳で始まる!「精子老化」の真実
2013年10月24日 プレジデントオンライン

■初期流産や不妊、子どもの異常につながる

「卵子の老化」はようやく知られてきたので、そろそろ、もうひとつの大事なことを知ってほしい。それは「精子の老化」だ。

少し生殖の知識を持つ方は「そんなバカな。卵子と違って精子は毎日新しく作られているから老化はないのだ」と思うかもしれない。確かに、卵子は胎児期に一生分が作られてしまって卵巣に貯蔵されているから持ち主と一緒に年をとる。それに対し、精子は毎日精巣で新しいものが作られている。ただ、毎日作られる「新しい精子」も、作っている身体の老化と無縁ではいられない。

今は、よく泳げない精子には、卵子を目の前に置いてくれる体外受精、卵子に注入してもらえる顕微授精という解決法がある。だから産婦人科では、精子自身の力にはあまり注目してこなかった。しかし、精子のプロである男性不妊の専門医たちは、臨床経験から精子も老化することを実感してきた。同じ男性を長年に渡って診ていると、精子データの推移から経年変化が観察されるという。

男性不妊バイブル」というウェブサイトを持つ男性不妊専門医・岡田弘医師(獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授)は、精子が作られにくい男性を大勢治療してきたが、35歳以上では結果が出にくくなることが気になっていた。そこで、条件を均一にしたマウスの卵に様々な一般男性の精子を入れてみたところ、一部の男性は35歳を境に精子の力が落ちることがわかった。

精子にはどんな老化が起きるのか、海外の文献を探すと意外にたくさんの報告があった。晩産化を反映して、父親年齢の研究が増えているのだろう。

これまでの関連研究をまとめた文献研究によると、加齢は精子を育てるホルモンや細胞、精子そのものの数を減らし、DNA損傷精子を増やす。染色体異常によるものが多い初期流産が増え、子どもの染色体異常も一部の疾患でやや増える。女性が35歳以上の場合、男性が若い場合より妊娠率が下がり、流産率が上がる傾向がある。

もちろん、高齢男性から生まれた子どものほとんどは健康ですくすくと育っていて、そんなに神経質になることはない。ただ、あなどれないケースもあることは知っておきたい。

■精子の老化を特に注意したい人は

通常、男性は、女性のように「一定の年齢でみんな妊娠できなくなる」という劇的な変化はなく、ゆるやかな衰えがあるのみだ。例えば女性は40代半ばになると妊娠できないのが普通で、できても半数は流産してしまう。

これに対し男性は加齢で子どもをあきらめることはあまりなく、流産率の違いも35歳以上でそれより若い男性の約1.3倍になる程度だ。

しかし、これはあくまでも集団の傾向で、実際にはかなり大きな個人差がある。精子の加齢リスクが高まる境界線は、多くの報告で「35歳」もしくは「40歳」。今まで高齢出産と言えば誰もが女性の話だと思ってきたが、実は男女の問題だったということがこれでよくわかる。男性も「35歳以上は男も高齢出産だ」と心得て、子どもが欲しいのならのんびりしない方がいい。

特に40代の男性は、パートナーさえいるなら、あれこれ考えている暇はない。精子力の低下は40代後半から加速する。精子の老化もさることながら、若い女性との年の差婚ではない限り、この年齢では女性の卵子が厳しい状況にあるはずだ。

カップルが妊娠までに要した平均月数を男性年齢別に見た英国の研究によると、20代で子どもを持とうとした男性では半年、30代~40代前半では10カ月だったが、40代後半では19カ月、50歳以上では32カ月もかかっていた。これは女性年齢が高いとさらに長くなり、長くなれば卵子老化は進む。余裕のない卵子にさらなる負荷をかけないためにも、年齢の高い男性は早く女性と子どもの話をした方がいい。

■気落ちする必要はない

生まれつき、もしくは生後に何か問題があって精子を作る機能が落ちている「無精子症」や「乏精子症」がある男性は、若くても自然妊娠が難しい。でも、この場合も、若いうちに妊娠しようとすれば不妊治療の効果は上がる。

精子を作る機能の判定は自分ではできないので、医療施設での精液検査が必要だ。受ける場合は、インターネットで「精液検査」と検索し、できるだけ男性不妊専門医がいる、もしくは連携がある施設で受けたい。

精子老化は男性には少し気落ちする話だったかもしれないが、マイナス思考はやめよう。私は、この事実が知られることによって、卵子の時計が気になる女性の気持ちがわかり、彼女との距離が縮まる男性が増えてほしいと思っている。

精子も卵子も、共に限られた時間を生きている。男女が共感し合い、寄り添って未来を想う心から結婚も妊娠も始まる。

<参考文献>
Paternal age and reproduction 1.

Hum. Reprod. Update (2010) 16(1): 65-79.doi: 10.1093/humupd/dmp027First published online: August 20, 2009

河合 蘭(かわい・らん)

出産、不妊治療、新生児医療の現場を取材してきた出産専門のジャーナリスト。

自身は2児を20代出産したのち末子を37歳で高齢出産。国立大学法人東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院、日本赤十字社助産師学校非常勤講師。著書に『卵子老化の真実』(文春新書)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』、『助産師と産む-病院でも、助産院でも、自宅でも』 (共に岩波書店)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版生活人新書)など。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-26 17:55 | 書庫 | Comments(0)

*萌連想*1118 宮沢賢治の世界

宮澤賢治イーハトヴ学事典

弘文堂


図説 宮澤賢治 (ちくま学芸文庫)

筑摩書房


兄のトランク (ちくま文庫)

宮沢 清六 / 筑摩書房


e0151275_1322661.jpg

***MEMO***

宮沢賢治記念館  http://www.miyazawa-kenji.com/kinenkan.html
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-26 13:22 | 雑学 | Comments(0)

NHK-FM クラシックの迷宮39(片山杜秀)

- 名ソプラノ・伊藤京子の足跡 -
~NHKのアーカイブスから~
2013年10月26日

「高原断章」 神保光太郎・作詞、三善晃・作曲
(ソプラノ)伊藤京子
(ピアノ)小林道夫
(1963年9月8日ラジオ第2放送“ラジオリサイタル”提供)

「隅田川」 平尾貴四男・作曲
(ソプラノ)伊藤京子
(バリトン)友竹正則
(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団
(指揮)高田信一
(1958年10月5日ラジオ第2放送“現代の音楽”提供)

「歌劇“ボエーム”から 第1幕“私の名はミミ”」プッチーニ作曲
ミミ…(ソプラノ)伊藤京子
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)ニクラウス・エッシュバッハー指揮
(1954年11月30日ラジオ第2放送“音楽のおくりもの”提供)

「ポストマニ」 北原白秋・作詞
(ソプラノ)伊藤京子
(ピアノ)小林道夫
(1963年9月8日ラジオ第2放送“ラジオリサイタル”提供)

(春之介のコメント)
「芥子粒夫人(ポストマニ)」(山田耕筰・作曲、北原白秋・作詞)

日本語がはっきりと伝わる歌唱だという。

これって大事なこと。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-26 12:55 | 音楽 | Comments(0)

NHK-FM DJクラシック 広上淳一の“音楽ってステキ”6

~クラシックの王道~
2013年10月25日

「交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第4楽章から」ブラームス作曲
(5分00秒)
(管弦楽)北ドイツ放送交響楽団
(指揮)ギュンター・ヴァント

「交響曲 第3番 イ短調 作品56“スコットランド”から第2楽章」メンデルスゾーン作曲
(4分30秒)
(管弦楽)ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
(指揮)クルト・マズア

「交響曲 第7番 ロ短調“未完成”D.759 第1楽章から」シューベルト作曲
(5分08秒)
(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団
(指揮)ジュゼッペ・シノーポリ

「交響曲 第2番 ハ長調 作品61 第3楽章から」シューマン作曲
(5分45秒)
(管弦楽)ノールショピング交響楽団
(指揮)広上淳一

「エグモント序曲 作品84」 ベートーベン作曲
(8分02秒)
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ヘルベルト・フォン・カラヤン

(春之介のコメント)
ドイツ・オーストリアのクラシック音楽の紹介。

個人的には作曲家の逸話に詳しくないが、大作曲家と言われる人たちが何らかの形で繋がっていることが不思議だ。

メンデルスゾーンは、一時期非常によく聴いたが、彼がバッハの再発見とともにシューベルトのグレイトは彼がシューマンの勧めで初演の指揮をしているという。

シューベルトは、作曲したほとんどの曲を演奏会で生前は聴かないで亡くなったということで才能に自信がなかったそうだ。

未完成は彼の死後43年を経て初演されたそうだ。

スコットランドは、放送された箇所が私も一番好きなところだ。

日本人は、これらの音楽と親和性があるのだろう。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-10-25 11:42 | 音楽 | Comments(0)