<   2013年 05月 ( 106 )   > この月の画像一覧

NHK-FM クラシックの迷宮20(片山杜秀)

- クライバーンとロシア -
2013年6月1日

「ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30から 第3楽章」ラフマニノフ作曲、コンクールライブ録音
(ピアノ)ヴァン・クライバーン
(管弦楽)モスクワ・フィルハーモニー交響楽団
(指揮)キリル・コンドラシン

「ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467から 第2楽章」モーツァルト作曲
(ピアノ)ロジーナ・レヴィーン
(管弦楽)ジュリアード管弦楽団
(指揮)ジャン・モレル

「ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11」 ショパン作曲
(ピアノ)ロジーナ・レヴィーン
(管弦楽)アラムナイ・オブ・ナショナル・オーケストラル・アソシエーションのメンバー
(指揮)ジョン・バーネット

「練習曲集“音の絵”作品39から 第5番 変ホ短調」ラフマニノフ作曲
(ピアノ)ヴァン・クライバーン

「ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23から 第3楽章」チャイコフスキー作曲
(ピアノ)ヴァン・クライバーン
(管弦楽)RCAビクター交響楽団
(指揮)キリル・コンドラシン

「組曲“道化師”から“ギャロップ”」 カバレフスキ-作曲
(管弦楽)RCAビクター交響楽団
(指揮)キリル・コンドラシン

(春之介のコメント)
1958年の第一回チャイコフスキーコンクール優勝。

米ソ対立時代にあった時代状況にあって、高い文化芸術紹介にも力を入れていたソビエト。

凱旋という言葉は、あまり使われるものではないがヴァン・クライバーン(Van Cliburn)の場合は米国は歓喜したろう。

この当時はコンクールも今ほど多くはないだろうから、名声は計り知れないものが与えられたろう。

特にチャイコフスキーコンクールは、今でも最難関に違いなく日本人も少なからず栄誉を受けている。

以下に録画も残っていて、モスクワ・フィル楽員が見られるのは嬉しいね。

米国南部で育った彼が、ロシア的な演奏を行えた背景には彼に音楽を教えた母親があり、その母親を教えたのがロシアのアントン・ルビンシュティンという有名な方の弟子らしい。

ロジーナ・レヴィーン(Rosina Lhévinne)という名前は初めて聞いたのだが、モスクワ音楽院卒で米国に亡命したロシア人で長じたクライバーンにジュリアード音楽院でピアノを教えた。

つまりクライバーンは偶然に優勝したということでなく、そうなるべく教育を受けて研鑽を積んでいたということだ。

Van Cliburn-Complete Album Collection [RCA] という29枚のCDが発売されたようで、これは彼が亡くなる一月前に発売されたようだ。

関係ないがソビエト崩壊後のロシアの音楽教育事情はどうなっているのだろうか、かっては厳しいプロを養成していたと思うのだが・・・

日本人も海外コンクール上位入賞で名前を聞く機会が大いに増えたが、その後の活躍が伝えられないのがさびしいところ。



Van CLIBURN plays RACHMANINOV 3d Concerto VIDEO Moscow 1958 (5-5)


Trailer: The Legacy of Rosina Lhevinne
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-31 06:56 | 音楽 | Comments(0)

働かないアリに意義がある

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

長谷川 英祐 / メディアファクトリー


[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-30 19:49 | 書庫 | Comments(0)

早引き糖尿病・代謝・内分泌疾患ハンドブック

ハローキティの早引き糖尿病・代謝・内分泌疾患ハンドブック (HELLO KITTY NATSUMESHA NURSE)

井藤英喜 / ナツメ社


[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-30 19:49 | 書庫 | Comments(0)

検証 東日本大震災の流言・デマ

検証 東日本大震災の流言・デマ (光文社新書)

荻上 チキ / 光文社


[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-30 19:47 | 書庫 | Comments(0)

訃報 エリック・エリクソン(合唱指揮者)

e0151275_1643501.jpg

Eric Ericson  (26 October 1918 – 16 February 2013)

Eric Ericson Chamber Choir (エリック・エリクソン室内合唱団)  http://www.eekk.se



Eric Ericson gästar Skellefteå
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-30 16:39 | 音楽 | Comments(0)

動画 マーラー:交響曲第8番〈千人の交響曲〉 パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放響


Mahler: 8. Sinfonie (»Sinfonie der Tausend«) ∙ hr-Sinfonieorchester Paavo Järvi

Erin Wall, Sopran ∙Ailish Tynan, Sopran ∙Anna Lucia Richter, Sopran ∙Alice Coote, Mezzosopran ∙Charlotte Hellekant, Mezzosopran
Nikolai Schukoff, Tenor ∙Michael Nagy, Bariton ∙Ain Anger, Bass
EuropaChorAkademie ∙Tschechischer Philharmonischer Chor Brno ∙Limburger Domsingknaben

hr-Sinfonieorchester (Frankfurt Radio Symphony Orchestra)
Paavo Järvi, Dirigent

Alte Oper Frankfurt, 25. Mai 2013 ∙

Website: http://www.hr-sinfonieorchester.de
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-30 13:47 | 音楽 | Comments(0)

江頭2:50 DVD発売イベントで五輪女子応援後、全裸ダイブ! 警視庁が書類送検⇒略式起訴、罰金20万円

江頭「丸出し」警視庁が聴取
2013年5月30日 日刊スポーツ

 タレント江頭2:50(47)が29日、公然わいせつ罪の可能性があるとして警視庁の事情聴取を受けた。所属事務所によると、この日都内で行われたネット番組「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」の収録後、今月25日に東京・タワーレコード新宿店で行ったイベントで全裸になった件について聴かれた。

 イベントはDVD「江頭2:50のピーピーピーするぞ! 8」の発売記念と五輪のレスリング存続を祈願して行われたもの。江頭は北京、ロンドン両五輪の女子レスリングを会場で応援するなど筋金入りのレスリングファン。イベント最後にブリーフ1枚だけの姿になり、「レスリングが五輪の種目に決まるように!」と叫ぶと、ブリーフに手を通して肩まで引っ張り上げるネタ「ブリーフ重量挙げ」に挑戦。思うようにいかなかったからなのか、最終的にはブリーフを脱ぎ捨て、下半身を露出させたまま、観客300人がいた客席に飛び込み、胴上げされた。

 所属事務所の関係者によると、この日は事情聴取の上、厳重注意も受けた。今後さらに聴取を受ける可能性もあるという。関係者は「申し訳ないとしか言いようがありません。もしブリーフ重量挙げに成功していれば、あんなことには…。あの技は失敗すると、若干“ポロリ”しちゃいますから」と話している。

<江頭2:50の騒動>
 ▼トルコで「でんでん太鼓」 97年2月、番組収録で訪れたトルコのオイルレスリング会場で前座として約3000人の観客の前にふんどし姿で登場。ふんどしを脱ぎ、全裸になると大ブーイングを受け、でんでん太鼓を尻に挟んで逆立ちした。警察に身柄を拘束され、罰金75円を払ってその日のうちに釈放された。
 ▼全身金色タイツ 08年8月、北京五輪女子レスリングの吉田沙保里が出場した決勝の観客席で、金色の全身タイツに身を包んで応援。国際映像を通じて世界にその姿が放送された。試合後は最前列に詰め寄り、金メダルを獲得した吉田を祝福した。


(春之介のコメント)
エガヨガでフィーバーしているエガちゃん、オトナの芸!?が分からない警察から厳重注意!037.gif

過去にもアレコレと話題が多いのだが、今回のお灸の目的は何なのだろうか。

時を同じくしてIOC理事会では、レスリング、最終候補に残る 野球とソフトも・・・エガちゃんのパフォーマンスがIOCに通じたのか!?

エガちゃんは、事件をネタにして生きているから、きっとこれもネタになる。

さて、これを受けてPPPの6月分放送がどうなるのか・・・自粛ないだろうけど・・・

毎度、お騒がせで茶の間をクールビズするエガちゃんに、さらに要注目!

追記
動画を見ると「俺がルールだ!」と豪語したエガちゃん、IOCにDVDを送ると宣言したが過激トークからブリーフ重量挙げという展開に! ⇒さすがに全編カット!

タワーレコードはDVD販売で常連店なので展開も読めているはずだけどね。

追記
再度、事情を聴かれたエガちゃんが記者らの質問に答えた。

女性記者に対して、薄ら笑いを浮かべながらのいつものエガちゃんがそこにはいた。

この真実が解き明かされるのは、ちょと先になるけど・・・トルコ全裸事件に比べたらね。


<以下参考>
①江頭2:50&早川亜希 DVD発売記念トーク&握手会 開催決定!

 DVD『江頭2:50のピーピーピーするぞ!8逆修正バージョン〜お台場人民狂和国〜』の発売を記念し エガちゃんと早川さんによるDVD発売記念握手会が開催される事が決定しました!

 日時:5月25日(土)18時~ 場所:タワーレコード新宿店
e0151275_1333581.jpg

②次回のPPP公開収録日決定!!

 日時:5月29日(水) 12時収録開始予定 11時半開場  場所:LIVE GATE TOKYO   


<以下引用>
江頭2:50さん事情聴取 イベントで“下半身露出”
2013/05/29 ANN

 お笑い芸人の江頭2:50さんが警視庁の事情聴取を受けました。江頭さんは25日の夕方、東京・新宿区でDVDの発売記念イベントを行いました。江頭さんは壇上でトークをした後、下着1枚になり、司会者の女性が止めるなか、下半身を露出して約300人の観客のなかに飛び込みました。
e0151275_1057376.jpg

 警視庁はこの行為が公然わいせつ罪にあたる可能性もあるとして、29日、渋谷区内でインターネットテレビの公開収録を終えた江頭さんから事情を聴き、警告しました。江頭さんは反省した様子だったということです。警視庁は今後、改めて江頭さんから話を聞き、立件の可否を判断する方針です。


<以下追加引用>
◆エガちゃん、イベントで大暴走 下半身丸出しでファンから胴上げ
 2013年5月25日 ORICON STYLE

 お笑いタレントの江頭2:50が25日、都内でブロードバンド番組『江頭2:50のピーピーピーするぞ!8』のDVD発売記念イベントを行った。「1クールのレギュラーよりも、1回の伝説」がモットーの江頭は、この日もイベント中に下半身を露出し客席にダイブするなどやりたい放題。挙句の果てには、丸出しのまま熱狂的なファンから胴上げされるなど、暴走の限りをやり尽くした。

 おなじみとなった布袋寅泰の名曲「スリル」をBGMにステージに現れた江頭は、ロンドン五輪で女子レスリング・吉田沙保里を応援するために着用した黄金のレスリングスーツを着込んで登場。胸に書かれた『EGASOK』にファンからは「エガソック!」コールが沸き起こった。江頭は、レスリングの五輪除外危機を案じ「レスリングをアピールしにきた」と説明し、「言っとくけど、オリンピックのレスリング中継は4年に一度のレギュラー。しかもNHKだぜ。それが終わったら大問題だよ!!」と絶叫しファンに呼びかけた。

 さらに、DVDのヒットとレスリング存続を祈願し、はいているブリーフの両脇に手を通して、上に持ち上げる“ブリーフ重量挙げ”を披露。江頭は「俺は芸歴20年、ギリギリで止めてやる」と約束したものの、最終的にはブリーフも脱ぎ捨て裸に。スタッフがバスタオルで必死に隠そうとするも、お構いなしに振り切り客席にダイブ。そのまま胴上げされると会場は悲鳴と歓声が入り混じり、異様な熱気に包まれた。

 江頭はDVDの見どころについて「橋下市長の従軍慰安婦発言かな。あと矢口(真里)の…」とトークも暴走。アシスタントの早川亜希が「今日は身内だけじゃないんで」と笛を持って制止するも、放送禁止用語を連発させ“絶好調”だった。

◆エガちゃん、全裸で客席ダイブ!胴上げ!!
 2013年5月26日 サンケイスポーツ

 お笑い芸人、江頭2:50(47)が25日、東京・タワーレコード新宿店でDVD「江頭2:50のピーピーピーするぞ!8」の発売イベントを開催。全裸姿で暴走する大騒ぎとなった。

 ミニトーク終了間際、最後のPRを求められた江頭は「任せろ!」と言うなり、ブリーフ1枚になり、そのままブリーフを肩の方に引っ張り上げるネタ“ブリーフ重量挙げ”を披露。「(放送事故)ギリギリで止める」と宣言も、結局ブリーフも脱ぎ捨て全裸になると、そのまま客席にダイブ。下半身丸出しで観客に胴上げされた。

 トークでは、ロンドン五輪で女子レスリングの吉田沙保里選手(30)を応援する際に着たレスリングスーツ姿で登場。「五輪除外の危機なんだよ。俺にとってレスリング中継(に映るの)は4年に一度のレギュラー。それが終わったら大問題だよ」と訴えた。


江頭2:50、ステージで大暴走「ブリーフ重量挙げ」披露

<以下追加引用> 2つの書類送検 とりあえず「さん」づけ
◆江頭2:50さんを事情聴取、公然わいせつの疑い
 2013年6月05日 TBS

 お笑い芸人の江頭2:50さんについて警視庁が5日午前、公然わいせつの疑いで事情を聴いていることがわかりました。

 先月25日、東京・新宿区で行われた、DVDの発売記念イベントで、江頭さんは下着を脱ぎ捨て、下半身を露出したまま、観客、およそ300人の中に飛び込んでいました。

 このパフォーマンスについて、警視庁は先月29日江頭さんが渋谷区のライブハウスでイベントに出演した後、話を聴いていました。警視庁はさらに5日午前、江頭さん本人を呼んで、本格的に事情を聴いていて、今後、公然わいせつの疑いで書類送検する方針です。

◆勝間和代さんを書類送検、追突事故で男性軽傷
 2013年6月05日 TBS

 経済評論家の勝間和代さんが東京・千代田区で乗用車を運転中、前の車に追突し、運転していた男性が軽いけがをした事故で、警視庁は5日、勝間さんを書類送検しました。

 警視庁によりますと、経済評論家の勝間和代さん(44)は先月28日、千代田区神田岩本町の路上で、乗用車を運転していたところ、前を走っていた59歳の男性が運転する乗用車に追突しました。

 この事故で、男性は首に軽いけがをしましたが、勝間さんにけがはありませんでした。事故当時、道路は渋滞していて勝間さんは事情聴取に対し、『前を見ていなかった。ブレーキが間に合わなかった』と話しているということです。

 こうしたことから、警視庁は前方不注意が事故の原因とみて、5日、勝間さんを自動車運転過失傷害の疑いで書類送検しました。

e0151275_16595279.jpg

<以下引用> 新宿警察署での事情聴取を終えて・・・
e0151275_2073569.jpg

「お騒がせしてすみませんでした」。(江頭2:50)

Q:「状況としてどうして下半身が露出するような状況になってしまったんですか、パンツが破れてしまったんですか、それとも芸の中で・・・」(女性記者、代表取材)

A:「まだ事件が終わってないので、コメントはちょっと差し控えさせていただきます」(江頭2:50)

<以下引用>
江頭2:50が事情聴取受け謝罪…謹慎も
2013年6月5日 デイリースポーツ

 お笑い芸人の江頭2:50(47)が5日、先月25日に東京都新宿区内でのDVD発売記念イベントで下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで警視庁保安課から事情聴取された。

 容疑が固まり次第、書類送検される見込み。所属事務所は「結果次第では謹慎なども検討する」と処分を示唆した。

 江頭は午前9時ごろに任意で出頭し、午後6時ごろまで事情聴取を受けた。9時間の聴取を終えた江頭は、真っ赤なTシャツに黒のジーパン姿で、集まった約30人の報道陣の前に現れ、「お騒がせしてすいませんでした」とか細い声で謝罪を繰り返した。

<以下追加引用> 書類送検
江頭2:50さんを書類送検=イベントで公然わいせつ容疑―警視庁
2013年6月19日 時事通信社

 お笑い芸人の江頭2:50(本名・江頭秀晴)さん(47)が東京都内のイベントで全裸になった事件で、警視庁保安課と新宿署は19日、公然わいせつ容疑で江頭さんを書類送検した。同課によると、「下着を勢いよく引き上げたら破れてしまった。芸に失敗したまま帰るわけにはいかず、客席に飛び込んだ」と話し、容疑を認めているという。

 送検容疑は5月25日夕、新宿区新宿のCD店で開かれたイベントで、身に着けていた下着を破って全裸になった疑い。

 所属事務所によると、江頭さんは当時、身に着けた下着を重量挙げのように引き上げるパフォーマンスをしていた。下着が破れた後、集まった観客らに胴上げされたという。

<以下参考引用>
ファンの皆様及び関係者の皆様へ

5月25日のイベントにおいて弊社所属の芸人・江頭2:50がとった行動により、
多くの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をお掛けしましたことを、
深くお詫び申し上げます。

本人、弊社共に深く反省しており、今後は、二度とこのようなことがないよう、
十分に注意して参ります。

この度は、お騒がせいたしまして、誠に申し訳ございませんでした。
平成25年6月19日

大川興業株式会社


<以下追加引用>
◆江頭容疑者「悪質」と公然わいせつ罪で略式起訴
 2013年7月18日 読売新聞

 東京区検は18日、イベント会場で全裸になったとして警視庁から書類送検されていたタレントの江頭2:50(本名・江頭秀晴)容疑者(48)を公然わいせつ罪で東京簡裁に略式起訴し、罰金10万円を求刑した。

 起訴状によると、江頭容疑者は5月25日、東京都新宿区のCDショップで行われたイベントで、100人以上の観客の前で下半身を露出したとされる。

 江頭容疑者は「芸で下着を引っ張った時に破れ、露出してしまった。失敗して帰るわけにいかず、観客席に飛び込んだ」と供述。このため、区検は意図的だったと認定し、客の中に未成年者もいたことから悪質性も高いとして起訴することにした。

◆江頭2:50さんを略式起訴 下半身露出の公然わいせつで 東京区検
 2013年7月18日 産経ニュース

 不特定多数の人の前で下半身を露出させたとして、東京区検は18日、公然わいせつ罪で、お笑い芸人の江頭2:50=本名・江頭秀晴=さん(48)を東京簡裁に略式起訴した。罰金額は10万円。近く簡裁が罰金額を決定し、江頭被告に略式命令を出す。

 起訴状などによると、江頭被告は今年5月25日、東京都新宿区のレコード店のイベントに出演。下着の両端を引っ張り上げて肩に掛ける芸を披露した際、失敗して下着が破れ下半身が露出したが、そのまま観客席に飛び込んだとされる。

 下着が破れた後、スタッフの制止を振り切って観客席に飛び込んでおり、東京地検は悪質性が高いと判断した。

 所属事務所は「本人は反省している。社会にご迷惑をかけて申し訳ない。今後の活動方針などは、略式命令が出てから公表する」としている。

<以下追加引用>
江頭さんに罰金20万円の略式命令…近く納付
2013年7月22日 読売新聞

 タレントの江頭2:50(本名・江頭秀晴)さん(48)がイベント会場で全裸になった事件で、東京簡裁が、公然わいせつ罪に問われた江頭さんに19日付で罰金20万円の略式命令を出したことがわかった。江頭さんは近く納付する予定。

 江頭さんは、今年5月に東京都新宿区のCDショップであったイベントで下半身を露出したとして略式起訴され、罰金10万円を求刑されていた。江頭さんは22日、所属事務所と連名で「司法の判断を厳粛に受け止め、深く反省している。二度とないよう十分に注意したい」とのコメントを出した。
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-30 10:38 | 箪笥 | Comments(0)

南海トラフ巨大地震対策 中央防災会議最終報告とは!? 地震予知は困難 家庭で一週間以上の備蓄を

南海トラフ地震の予知は困難 中央防災会議最終報告
2013.5.28 産経ニュース

 東海沖から九州東部沖に延びる南海トラフ(浅い海溝)で想定されたマグニチュード(M)9・1の最大級の巨大地震について中央防災会議の作業部会は28日、地震を確実に予測することは困難とする調査部会の見解を盛り込んだ防災対策の最終報告を公表した。東海地震や巨大地震の直前予知に否定的な見方を示したもので、予知体制の見直しに向けた議論が本格化するとみられる。

 南海トラフはM8級の東海・東南海・南海地震の震源域が東西に並んでおり、これらが連動して巨大地震が起きる恐れがある。気象庁は東海地震の直前予知を目指して地殻変動を監視しているが、前兆現象が検出された場合、東海を上回る巨大地震の発生の有無を予測できるかが防災上の焦点になっている。

 作業部会の下部組織である調査部会は科学的な知見を基に検討した結果、前兆現象を捉えて地震の発生時期や規模を高い確度で予測することは困難との見解をまとめた。

 気象庁は昭和19年の東南海地震の直前に観測された地殻変動を前兆現象と解釈し、東海地震予知の可能性の根拠としてきたが、調査部会は「疑わしい」と指摘。東海地震や連動型の巨大地震について「確度の高い予測は難しい」と結論付けた。

 これを受け作業部会は最終報告で「新たな防災体制のあり方を議論すべきだ」として、予知体制の再検討を求めた。

 最終報告は巨大地震の被害について、震度6弱以上または浸水深30センチ以上の面積が10ヘクタール以上の自治体は30都府県の734市区町村に達し、面積で全国の32%、人口で53%の超広域に及ぶと推計。「国難ともいえる巨大災害」と強調した。

 その上で避難を主体とする津波対策や耐震化の徹底を求め、新たな法的枠組みや達成時期を明記した防災戦略が必要だとした。これに基づき国は今年度中に対策大綱を策定する。

 復興が遅れると「国としての存立に関わる」として事前の防災対策を重視。被災地では行政の支援が行き届かないため、家庭で1週間分以上の食料などを備蓄するよう求めた。

<以下参考>
南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループについて (内閣府、外部リンク)
平成25年5月
中央防災会議「防災対策推進検討会議」南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ
e0151275_2322877.jpg

南海トラフ巨大地震対策について(最終報告)本文 PDF

<以下引用>
南海トラフ巨大地震対策 最終報告の要旨 
2013/5/28 中日新聞

 内閣府が28日に発表した南海トラフ巨大地震対策の最終報告要旨は次の通り。

 【巨大地震】超広域で強い揺れと巨大な津波が起こる。東日本大震災を超える甚大な人的・物的被害が発生し、国難ともいえる巨大災害になる。復興が長期化すれば国としての存立に関わる。

 ▽対策の基本的方向

 【津波】目標は「命を守る」。住民一人一人が主体的に迅速に避難することが最も重要。即座に安全な場所に避難できるよう地域ごとにあらゆる手段を講じる。

 【減災・復旧】被害を減らすため、建物の耐震化や揺れに伴う火災への事前防災が極めて重要。ライフラインやインフラの早期復旧がすべての応急対策の前提。

 【超広域の被害への対応】従来の応急対策や支援システムが機能しない。日本全体として連携の枠組みが必要。避難所不足が想定され、収容する避難者の「トリアージ」や、住宅被害が軽微な被災者は自宅にとどまるよう誘導することを検討する。水や食料など1週間分以上を家庭で備蓄、地域で自活する備えが重要。交通が復旧すれば被災地外への疎開も検討する。

 【経済影響】企業は災害時の事業継続計画をつくり、流通拠点の複数化や重要データの分散管理など対策を取ることが重要。企業間や業種を超えた連携も検討。海外への的確な情報発信の備えを構築。

 【連続発生】地震が時間差をおいて連続するシナリオを検討し、臨機応変に対応できるよう応急活動や避難生活者の保護に備える。

 【インフラ】千年に一度またはそれ以下の頻度で起きる巨大地震・津波をすべての対策の前提とするのは現実的ではない。津波対策はマグニチュード(M)8級を対象として防波堤などを整備するが、それを超す場合に備えた構造強化も重要。「命を守る」ことを目標として住民避難を軸に、情報伝達、避難施設、避難路、土地利用などハード、ソフト対策を総動員する。揺れ対策は、施設ごとに耐震化に着実に取り組む。長周期地震動や液状化への新たな対応も検討。

 ▽枠組み

 【体系作り】対策推進の法的枠組みを確立。巨大地震対策のマスタープラン策定とともに、事前防災戦略として目標や達成時期を示したプログラムを明示。応急対策の具体的な活動計画を策定。避難施設、避難路を整備するため必要な財政上、税制上の措置を検討。

 【組織整備】国や自治体、民間が広域連携する南海トラフ巨大地震対策協議会を活用、法制化を検討する。

 【戦略的取り組み】府省を超えた産学官民の連携が必要。防災学習や、国や自治体の防災担当職員の人材育成。

 【科学的知見】地震津波の分野だけでなく、まちづくりや過去の地震被害の伝承などさまざまな学問分野と連携。防災技術の開発普及。

 ▽主な実施すべき対策

 【高台移転】避難が困難な地域では住民に合意がある場合、高台などへの集団移転も有効。

 【港湾】東京湾、伊勢湾、大阪湾の港ではM8級を超える津波を想定した対策を検討。

 【津波避難】沿岸市町村は都府県の津波浸水想定や市町村地域防災計画を踏まえ津波ハザードマップの作製、見直し、周知を進める。公共用地や国有財産も有効利用し避難場所、避難施設を整備。津波避難ビルを増やすため建ぺい率緩和や民間活力導入に取り組む。

 【災害時要援護者】自力で避難が困難な高齢者や障害者の名簿を作成、地域で助け合い、適切な支援を行う。

 【生活物資】自治体は事業者と連携、輸送拠点から避難所に物資を送る手段を検討する。買い占めが起こらないよう適切な情報提供も重要。

 【医療】被災地の医療機能を確保するため、移動式救護施設を用いた野外病院開設を検討。

 【ボランティア】地域のボランティア活動が住民や医療機関と日常的につながりを持つことが重要。国や自治体は、国民的な運動となるよう支援する。

 【帰宅困難者】駅や路上に膨大な人々が滞留する事態は危険。「むやみに帰宅しない」原則を周知、家族との安否確認手段を準備。


<以下引用>
南海トラフ:巨大地震 備蓄は1週間分以上
2013年05月28日 毎日新聞

 国の中央防災会議の作業部会「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ」(WG)は28日、具体的な地震・津波対策などをまとめた最終報告を公表した。今回の報告では、災害時の備蓄として、1週間分以上が必要とされた。どれくらいの量なのだろうか。

 東急ハンズ梅田店(大阪市北区)の防災グッズコーナーで、大人1人1週間分の商品を並べてもらった。食料や飲料水、電池や携帯電話の充電器……。畳半畳ほどがいっぱいになった。重さは24〜25キロにも。担当の渡辺高広さん(39)によると、水は調理用を含めて1人1日3リットル、1週間で21リットル。主食の米やパンなどは「飽きないようにいろいろな味を用意した方がいい。保存食は全体的に味付けが濃いので、高齢者のいる家庭では粉末のスープやみそ汁があった方が食べやすい」と話す。
e0151275_23222989.jpg

 忘れてはいけないのが非常用トイレだ。断水を考えると1週間で約20回分は必要。手回しで充電できる携帯電話の充電器を兼ねた懐中電灯、火や電気を使わない湯沸かし器などもあれば便利だ。

 「押し入れの奥にしまい込み、非常時に取り出せないのでは意味がない」と渡辺さん。取り出しやすい玄関近くなどに備蓄し、家族全員が場所を把握する必要があると指摘した。【斎藤広子】

<以下追加引用>
3分の2が「備蓄している」 全国防災調査 
2013/7/1 中日新聞

 結構みんな備えている? 経団連の関連組織「経済広報センター」(東京都)が、東日本大震災から二年を控えた今年一月、全国の個人を対象に実施した防災意識調査で、三分の二が「食料、飲料水を備蓄している」と答えた。一方、年齢や居住地間の意識の格差も明らかになり、調査の担当者は「中高年ほど意識が高い。家族や地域社会との結び付きの強さが理由ではないか」と語る。

 ■何もしてない6%

 調査は震災四カ月後の一昨年七月に続き二回目。全国のさまざまな職種、世代の市民による「社会広聴委員」から、インターネットを通じて千九百五十三人の回答を得た。

 「食料、飲料水を備蓄している」とした人は68%、「懐中電灯やラジオなどの非常用品を用意している」とした人は66%と、いずれも三分の二に及んだ。逆に「特に何もしていない」という回答は6%で、大半が何らかの備蓄をしていることが分かった。

 さらに、備蓄の日数についての質問への回答で最多だったのは「三日分」の47%。多くの市町村が住民に勧めてきた三日分の備蓄をそろえた人が多かったとみられる。

 ■被災経験で差?

 「自分自身の災害の備え」を聞いた質問は、居住地別で集計した。「ある程度、備えができている」「十分備えができている」と回答した人の合計は、長野県など東日本の十八都道県が41%だったのに対し、愛知、岐阜、三重、滋賀、福井各県を含む西日本の二十九府県が20%と低かった。

 センター国内広報部の佐桑徹部長は「震災の経験が生々しい東日本に比べ、西日本は阪神大震災から時間が経過し、防災意識が弱まっている。南海トラフ地震の懸念もあり、被災経験のない人にいかに備えてもらうかが課題」と指摘する。

 ■世代別の備え

 東日本大震災の直後に高まった防災意識が時間の経過とともに希薄になっている。こう考える人が、若い世代ほど多いという結果も出た。「防災意識が徐々に薄れている」と回答した人の割合は、六十代以上で41%だったが、世代が低くなるにつれて上昇し、二十九歳以下では59%に上った。

 どうすれば、防災意識を持ち続けられるかという質問への回答も世代ごとの特徴が見えた。「防災訓練・催事・学習会などに参加」と答えた人は六十代以上が48%、二十九歳以下では20%。「家族や友人、近所で情報交換」と答えた人も五十代以上が46%、二十九歳以下は31%だった。

 佐桑部長は「地域、家族との関係が深い中高年ほど、防災意識を保てている。ただ、若い世代はネットやソーシャルメディアで防災に接することも多いだろう。それぞれの世代にあった方法を見つけていければ」と話す。

<以下参考引用>
「災害への備えと対応に関する意識・実態調査」結果の概要 (外部リンク)
 2013年 3月 6日 経済広報センター

調査結果(要点)
 3人に2人が、自身の災害への備えは「不十分」と認識
 3人に2人が、「食料、飲料水の備蓄」「非常用品の準備」をしている
 2人に1人が「東日本大震災直後は防災意識が高まったが、最近は徐々に薄れている」と回答
 「テレビや新聞、ラジオなどで防災情報を確認」して防災意識を持続
 防災意識が薄れてきた理由は「防災用品や備蓄品などの確認をしなくなった」「テレビや新聞、ラジオなどで防災情報を見聞きする機会が少なくなった」
 防災意識を持続するためには「テレビや新聞、ラジオなどで防災情報を確認」「防災用品や備蓄品などを定期的に確認」が必要
 東日本大震災の被災地支援に関連して、現在行っているのは「被災地の産品の購入」「義援金・支援金の寄付」が4割
 4人のうち3人が災害への備え・対応として企業に「商品・サービス提供の維持、または速やかな復旧・再開」を期待
 6割が企業の備えが「進んだ」と回答


災害への備えと対応に関する意識・実態調査報告書 PDF
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-29 23:07 | 生活 | Comments(0)

訃報 潮田益子(ヴァイオリン)

e0151275_1817381.jpg

Masuko Ushioda

バイオリニストの潮田益子さん死去
2013年5月29日 時事通信社

 潮田 益子さん(うしおだ・ますこ=バイオリニスト)28日午前6時15分(現地時間)、米マサチューセッツ州ケンブリッジで白血病のため死去、71歳。中国東北部(旧満州)生まれ。故人の希望により葬儀は行わない。

 世界的なバイオリニストとして知られ、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団の中核メンバーとして活躍。ボストンのニューイングランド音楽院教授として後進の指導にも尽力した。夫は元同音楽院学長のチェロ奏者、ローレンス・レッサー氏。 

<以下参考>
NEC Mourns the Death of Long-time Violin Faculty Masuko Ushioda
May 30, 2013 NEW ENGLAND CONSERVATORY


<以下引用>
バイオリニストの潮田益子さん死去 71歳、白血病で
2013年5月29日 朝日新聞

 潮田益子さん(うしおだ・ますこ=バイオリニスト)が28日、米マサチューセッツ州で白血病のため死去、71歳。故人の遺志で葬儀は行わない。

 桐朋学園に学び、渡欧。シゲティに師事し、1966年にチャイコフスキー国際コンクールで2位を獲得。サイトウ・キネン・オーケストラや水戸室内管弦楽団などで活躍した。


Anatoli Lyadov: "Song of Sorrow op.67" and "Prelude op.57, no. 1"
[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-29 18:06 | 音楽 | Comments(0)

平成24年度介護職員の平均賃金 27万5700円に改善!? 厚生労働省、一定の成果があった…!?

介護職員の賃金 約27万5000円に改善
2013年5月27日 NHK

介護職員の賃金改善のため、去年4月に介護報酬が引き上げられた結果、常勤の職員の給与の平均はおよそ27万5000円となり、前の年に比べて5000円余り上がったことが厚生労働省の調査で分かりました。
e0151275_7443029.jpg

人手不足が深刻な介護職員を確保するため、厚生労働省は、去年4月の介護報酬の改定で、報酬を全体で1.2%引き上げ、職員の賃金を引き上げる事業者に、報酬を加算する新たな仕組みを設けました。
e0151275_7444675.jpg

この仕組みの効果を検証するため、厚生労働省は、去年10月、全国の7300か所余りの施設や事業所を対象に介護職員の賃金について調査しました。その結果、新たな加算の仕組みを利用した事業所は全体の87%で、こうした事業所で働く常勤の介護職員の給与は、去年9月の平均で27万5700円で、前の年に比べて5880円上がったことが分かりました。また、常勤の基本給の平均は17万5830円で、前の年に比べて2550円増えました。

厚生労働省は「これまでは交付金で1万5000円分の処遇改善を図ってきており、報酬の改定でこの金額を維持することが目標だったが、一定の成果があったと思う。事業所の中には経験に応じた昇進や昇給の仕組みが不明確なところもあるので、改善を求めていきたい」と話しています。

(春之介のコメント)
開催日から6日も遅れての報道であり含みもありそう・・・

内容は、介護報酬の上昇で職員の給与が上昇したということを伝えたいようだ。

注意しなければいけないのは、伝えようとする意図と調査の実情であろう。

この分科会だが注目したこともないが、映像と異なり少人数に過ぎない。
e0151275_7434815.jpg

注目したいのは時給で働く非常勤職員の減額、他の専門職と介護職の給与差。
e0151275_7441064.jpg

そして、給与に大きく反映したのは設置主体が地方公共団体であり、社会福祉法人はそこそこ、民間業者は転嫁できていないのが実態であった。
e0151275_748142.jpg

というように、報告の詳細を関係者自身が確認して自分の置かれている現状を判断されたい。

統計に対する信頼と妄信を脱するにはきちんと何を裏で言いたのかを知りたいものだ。

NHKの報道は介護職員の給与が改善したと印象付けたいようだが、詳しく見ると常勤の公務員等の介護職員が上昇したということだろう。

一方で、時給の民間で働く非常勤の介護職員は減額となっており格差が拡大したということだ。

基本給が上がらないと諸手当で上げても苦しさは変わらない。

統計というものは解釈次第であることを承知されたい。


<以下参考>
第7回社会保障審議会介護給付費分科会介護事業経営調査委員会資料
平成25年5月21日

資料1-2 平成24年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要(案) (PDF:500KB)

資料1-3 平成24年度介護従事者処遇状況等調査結果の概況(案) (PDF:1220KB)
e0151275_7431161.jpg

[PR]
by negitoromirumiru | 2013-05-27 07:45 | 福祉 | Comments(0)