<   2012年 02月 ( 79 )   > この月の画像一覧

生活困窮者情報、自治体と電気やガスなどのライフライン事業者の連携強化で把握 厚労省通知

生活困窮者情報、自治体と事業者の連携強化で把握 厚労省検討
2012/2/25 日経新聞

 さいたま市などで「孤立死」が相次いだことを受け、厚生労働省は25日までに、自治体が生活に困窮した人の状況を把握できるように、電気やガスなどの事業者との連携強化を求める通知を都道府県などに出した。同省は今後、自治体と事業者との連携が円滑に行われるための具体策を検討する。

 さいたま市のアパートで餓死したとみられる3人の遺体が見つかった問題では、公共料金の滞納が続いていたにもかかわらず、自治体は把握していなかった。このため通知では、自治体が事業者との連絡体制を密にして生活困窮者の情報を一元的に管理できる体制を整備し、必要な支援につなげるよう求めた。

 電気やガスの滞納を巡っては、個人情報保護の観点から、自治体との間で生活困窮者の情報共有が進んでいないとの指摘もある。小宮山洋子厚労相は24日の閣議後の記者会見で、「個人情報に過敏に反応しすぎて必要な情報が行き来しない点がある」と述べ、現状に問題があるとの認識を示していた。

(春之介のコメント)
相次いで報道される孤立死。

本来であればチェックする必要ない若い人や家族がいる世帯でも、餓死などの事態となっている。

特にライフラインを切られると致命的であり、急病など不測の事態にも対応する必要に迫られている。

それを個人の自由や情報保護といったことでタッチしないことは問題があるだろう。


生活に困窮された方の把握のための関係部局・機関等との連携強化の徹底について  (PDF:79KB)
平成24年2月24日 厚生労働省社会・援護局 保護課/地域福祉課

生活に困窮された方の把握や必要な支援のために、地方自治体の福祉担当部局とライフライン事業者等の関係機関が連携の強化を図るよう、従来より、「要保護者の把握のための関係部局・機関等との連絡・連携体制の強化について」(平成13年3月30日社援保発第27号厚生労働省社会・援護局保護課長通知)にてお願いしてきました。

 しかしながら、今般、生活に困窮され、社会的に孤立された方が公共料金等を滞納し、ライフラインの供給が止められた状態で発見されるという大変痛ましい事案が発生していることから、これまで周知してきた連携の強化の趣旨を改めて徹底するとともに、生活に困窮され、社会的に孤立された方の情報が着実に必要な支援につながるよう、新たに、地方自治体の福祉担当部局に情報を一元的に受け止める体制を構築するよう、「生活に困窮された方の把握のための関係部局・機関等との連絡・連携体制の強化の徹底について」により平成24年2月23日付けで、都道府県知事、指定都市市長、中核市市長宛て通知しました。

 なお、事業者等と福祉担当部局等との連携がより円滑に行われるようにするための具体的な方策について更に検討していくこととしています。

<追加情報>
私も一言!夕方ニュース
2012年3月16日 NHKラジオ第一

■ニュースの魂
 「相次ぐ孤立死・どう防ぐ」 後藤千恵 解説委員

後藤さんによれば、これと同内容の通知は、過去5回発せられており、今回が6回目だという。

また、この対策の動きとして

①「よりそいホットライン」 ・・・開設より7日間で2000件の相談が寄せられたという。混雑して通じなかったものも含めると4000件の通話があったという。

②「支え合いマップづくり」 ・・・神奈川県川崎市の例

<以下参考エントリー>
24時間の全国電話相談「よりそいホットライン」開設(3月11日~)0120-279-338(フリーダイヤル)
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-29 21:16 | 福祉 | Comments(0)

「ペヤング 激辛やきそば」とは!? 激辛好きの人でも かなり刺激的な辛さを追求!

激辛ペヤングがヤバすぎる! 「舌の感覚ない」「人生一辛い」敗者続出
2012年2月29日 J-CASTニュース

カップ焼きそば「ペヤング」の新商品「ペヤング 激辛やきそば」が辛すぎると、インターネット上で話題になっている。 食べ進めるのもやっと、今までで一番辛いといった声が多い。これまでにも激辛食品は多数販売されてきたが、「激辛ペヤング」の辛さはいったいどれほどなのだろうか。

パッケージからして辛そう
「ペヤング 激辛やきそば」は2012年2月20日に発売された。真っ赤なパッケージが衝撃的な辛さを連想させ、「辛さレベルMAX!!」「辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください」という注意書きもある。
e0151275_18372.jpg

発売翌日の21日には、ツイッターや2ちゃんねるで食べてみた人が書き込みをしている。「痛い そこらの激辛うたってるやつの比じゃ無い 乾燥してる唇にも大ダメージ 汗やばい 舌の感覚なくなった」「開封した段階では小袋も麺もいつものペヤングと違いが分からないようにしてあって、なんというか完全に油断させて殺しにかかってるよねこれ」「人生一やばい」というコメントが並び、激辛好きの人でもかなり刺激的な辛さを感じたようだ。

「商品として一番面白みのある辛さ」に
ここまで話題になっている「激辛ペヤング」、いったいどれほど辛いのだろうか。記者が食べてみたところ、最初は「辛いけど意外とイケそう」と思ったが、後から後から辛さが押し寄せ、舌だけでなく唇の周りまでビリビリとした痛さを感じた。一口食べるごとに水をたくさん飲みながら30分かけて完食したが、食後も口周りの痛みと鼻水が止まらなかった。

ペヤングを製造・販売しているまるか食品(群馬・伊勢崎市)に話を聞いたところ、とにかく辛いものが好きで、「激辛食品」が発売されたら試してみるような層を対象に開発した。しかしあまりに辛すぎては食べられないので、量販店と相談し、試食を重ねて、辛さと味を同時に追求した「商品として一番面白みのある辛さ」に仕上げた。今のところ、実際に食べた人からは「何でこんなに辛いんだ」「もっと辛さを弱くしたほうがいい」という意見が寄せられているという。

(春之介のコメント)
激辛はいっぱいあるけど、値段も激なことが多い。

この商品のメーカー希望小売価格は170円(税別)

全国の強者が突撃するだろうが、今回のミッションはいかがだろうか。047.gif

もし発見したらトライしてみたい!

追記
食べてみての感想だけど、記事に書かれているように後からピリッとする。

ただ書かれていいるような劇的さはない。

仕方ないことだが、パッケージの作りがお金かけていない分、お湯キレが悪く扱いにくい。063.gif
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-29 18:03 | 箪笥 | Comments(0)

【災害支援】チーム医療推進協議会とは!? 災害時の支援ガイド作成で役割PR

医療専門職 災害時の支援ガイド
2012年2月29日 NHK

災害時に管理栄養士や理学療法士などの医療の専門職が連携して被災地でスムーズに支援ができるよう、職種の説明や支援内容をまとめた冊子が完成しました。この冊子は、東日本大震災の際、被災地に入ったものの仕事の内容がよく知られていないため、支援を始めるまでに時間がかかったことを教訓に、医療の専門職で作る「チーム医療推進協議会」が作ったものです。14の職種について、東日本大震災で実際に行った支援の内容や災害時にできること団体の連絡先などがまとめられています。

例えば、管理栄養士は支援物資で届いた食材を整理し、栄養のバランスを考えた炊き出しの献立を作って健康状態の悪化を防ぐことができるとしています。また、理学療法士は避難所でもできる運動を指導し、立ち上がったり歩いたりする筋力の低下を防ぐことができるとしています。

協議会は、この冊子をまず都道府県に送り、今後、希望する人にも届けたいとしています。チーム医療推進協議会の北村善明代表は、「災害時に医療の専門職が効率的に支援できるよう自治体の方にそれぞれの専門職が何ができるか知ってもらい、今後の災害計画の中に盛り込んでほしい」と話しています。

問い合わせ先は「チーム医療推進協議会」のホームページへ。1冊120円で、別に送料が必要です。

(春之介のコメント)
知られている資格から、聞いただけでは分かりにくい浸透しにくい職種まで紹介。

大震災のような活動よりも病院内でのチーム医療として、今後とも認知度を高めたい狙い。


チーム医療推進協議会  http://www.team-med.jp/

チーム医療推進協議会ブログ  http://teammed.cocolog-nifty.com/


災害時におけるメディカルスタッフの役割
ハンドブック

e0151275_1737090.jpg

※都道府県の方
 都道府県庁には都道府県知事宛に20部送付しました。 追加のご希望、および、質問などがありましたら、本会事務局宛にご連絡をくださいますようお願い致します。

※個人でご希望の方 冊子は無料です。
 ご希望の方は冊子の送料分の切手(1冊120円、2冊240円、3冊以上応相談)を同封の上、下記住所まで郵送にてお申し込みください。

 宛先:日本放射線技師会(チーム医療推進協議会事務局)
 〒105-6131 東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル31階
 e-mail:info@team-med.jp

チーム医療推進協議会参加団体一覧

・日本医療社会福祉協会(医療ソーシャルワーカー) http://www.jaswhs.or.jp/
・日本医療リンパドレナージ協会 http://www.mlaj.jp/
・日本栄養士会 http://www.dietitian.or.jp/
・日本看護協会 http://www.nurse.or.jp/
・日本救急救命士協会 http://www.paramedics.jp/
・日本言語聴覚士協会 http://www.jaslht.or.jp/
・日本作業療法士協会 http://www.jaot.or.jp/
・日本細胞診断学推進協会細胞検査士会 http://www.ctjsc.com/
・日本歯科衛生士会 http://www.jdha.or.jp/
・日本診療情報管理士会 http://kanrishikai.jp/
・日本病院薬剤師会 http://www.jshp.or.jp/
・日本放射線技師会 http://www.jart.jp/
・日本理学療法士協会 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jpta/
・日本臨床工学技士会 http://www.jacet.or.jp/cms/index.php
・日本臨床心理士会 http://www.jsccp.jp/
・日本病院会(オブザーバー) http://www.hospital.or.jp/
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-29 17:38 | 医療 | Comments(0)

動画 早川荘~あき部屋アリます~ 2012/2/28 USTREAM

早川荘~あき部屋アリます~
2012年2月28日


早川荘~あき部屋アリます~#61-20120228【早川亜希】

e0151275_21443171.jpg

e0151275_21444614.jpg

e0151275_2144553.jpg

e0151275_2145427.jpg

e0151275_21451445.jpg

(春之介のコメント)
最強のり弁(白身フライ・ちくわの磯部揚げ・韓国のり・しらす・卵・タコさんウィンナー・キャベツと豚肉炒め物)

歌手としてCDデビュー詳細 2/25ブログ見て!

CD発売ライブ 一生に一度

魔法の心理テスト、解答を解答せよ!

いんき(陰気)な・・・暴露大会に

カオリンの正解率が凄すぎて・・・全問正解

新ギャグ披露

視聴者数約280人 本編40分
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-28 21:45 | 箪笥 | Comments(0)

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 ファン感謝コンサートで存続危機を訴える ゲスト:菅井円加

存続危機の楽団がコンサート
2012年02月28日 NHK首都圏放送センター

財政難で存続が危ぶまれている神奈川県で唯一のプロの交響楽団が28日、存続に向けた募金を呼びかるコンサートを開き、楽団が実際に使った楽譜や、指揮者になれる権利を出品したオークションも行われました。

コンサートを開いたのは「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」で、横浜市西区の神奈川県立音楽堂で、600人の観客を前にチャイコフスキーやワーグナーなどの曲を演奏しました。

この楽団は、国の公益法人制度改革で来年の11月までに債務超過を解消し、公益財団法人に移行しなければなりません。そのための資金として、5億円を寄付で集めたいとしていますが、これまでに集まったのは4600万円あまりと厳しい状況です。

28日のコンサートでは、少しでも多くの資金を集めようと、オークションが行われ、「楽団の指揮者が実際に使った楽譜」や「コンサートで指揮者になれる権利」などがあわせて7万円あまりで落札され、落札金が寄付されました。コンサートの終了後には、楽団員1人1人が会場の出入り口に並んで、存続のための募金を呼びかけていました。

「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」の大石修治専務理事は、「1人1人のお客さんの応援が何よりの力になりますので、今後も応援をお願いしたいです」と話していました。

(春之介のコメント)
地方オケはどこも資金難に直面している。

自助努力ではどうにもならない。

ポップス・オケをしたり地域との交流などと、やれることはしている。

この記事に存続危機とあるが、そうしたオケは多い。

個人的には、指揮者を選び曲目を工夫することで集客が拡大した大阪交響楽団のような取り組みを期待したい。

追記
同コンサートで、もう一つの話題がバレエ優勝者のゲスト出演。

同じソースでも、二度おいしい。

神奈川フィルの応援になってくれればね。


神奈川フィルハーモニー管弦楽団  http://www.kanaphil.com/


「神奈フィル ブルーダル基金」へご支援のお願い

この度、「がんばれ!神奈フィル 応援団」が設立されました。神奈川フィルハーモニー管弦楽団は設立以来、「地域に密着した音楽文化創造」の基本理念のもと、定期演奏会、名曲コンサート、ポップスコンサート、小中学生へのオーケストラ芸術体験及び音楽鑑賞教室、病院・養護学校でのボランティア演奏会など、県内を中心に幅広く演奏活動を続けております。

この応援団では、広く楽団への寄付を募り、神奈川フィルでは、いただいたご厚志を「神奈フィル ブルーダル基金」に積立てます。これにより財政基盤の強化と新公益法人への移行を目指し、水準の高い音楽活動を安定して皆様に提供できるように努力してまいります。
是非、「神奈フィル ブルーダル基金」へ皆様のご協力を心からお願い申し上げます。

2011年3月吉日   財団法人 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

寄付受付期間(予定)2011年2月~2013年7月末

基金振込先 横浜銀行県庁支店
      普通預金 6010565
     (財)神奈川フィルハーモニー管弦楽団

※横浜銀行へ振込む場合、横浜銀行本支店窓口での取扱いについては手数料
が無料となります。(ATMは除く)

      ゆうちょ銀行
      10210-18130421
     (財)神奈川フィルハーモニー管弦楽団


<以下参考引用>
◆菅井円加さん、オケとの共演に意欲
 2012年2月28日 TBS

 スイスの「ローザンヌ国際バレエコンクール」で優勝した菅井円加さんが、神奈川県のオーケストラのコンサートにゲスト出演し、今年の夏ごろ、オーケストラの生演奏でバレエを披露したいと意欲を示しました。
e0151275_12253393.jpg

 「生演奏は本当に感動しました。(演奏で)手が勝手に動いちゃって」(菅井円加さん)

 横浜市で開かれた神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートにゲストとして招かれたのは、神奈川県厚木市の高校2年生、菅井円加さん(17)です。
e0151275_12255354.jpg

 菅井さんは今月、若手バレエダンサーの登竜門として知られるスイスの「ローザンヌ国際バレエコンクール」で審査員の評価1位となり、優勝しました。

 菅井さんは、演奏終了後のトークセッションに登場し、「この生演奏で踊ってみたい」とオーケストラとの共演に意欲を示しました。具体的な時期については、楽団側も「7月に開催する方向で日程を調整中」としています。

◆バレエ菅井円加さんに知事表彰
 2012年2月29日 NHK

若手バレエダンサーの登竜門として知られるスイスの国際バレエコンクールで優勝した、神奈川県の高校2年生、菅井円加さんが、28日夜、神奈川県知事から表彰状を贈られました。
e0151275_12363916.jpg

神奈川県厚木市の高校2年生、菅井円加さんは、今月、スイスで行われた「ローザンヌ国際バレエコンクール」で優勝し、注目を集めました。神奈川県は、バレエを通して県民に感動と希望を与えたとして、28日夜、横浜市西区の音楽ホールで表彰式を行いました。

黒いスーツ姿でステージに登場した菅井さんは、黒岩知事から表彰状と花束を手渡され、笑顔であいさつを交わしていました。菅井さんは「表彰してもらえると思っていなかったので驚きましたが、同時に気合いが入りました。今後も地道に努力していきたいです」と笑顔で話していました。

菅井さんは、ことし7月には「神奈川フィルハーモニー交響楽団」の公演で、オーケストラの演奏をバックにバレエを披露することになり、「すばらしい音楽と自分の踊りをマッチさせたいです」と抱負を語っていました。
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-28 19:54 | 音楽 | Comments(0)

輸入盤 The American Composers Series - American Orchestral Music

レーベル:Vox Box 2CD
規格品番:CDX5092

・ヴァージル・トムソン - Virgil Thomson (1896-1989)
ルイジアナ物語組曲 Louisiana Story Suite

ウェストファリアン交響楽団 - Westphalian Symphony Orchestra
ジークリート・ランダウ - Siegfried Landau (指揮者)

・ニッド・ローレム - Ned Rorem (1923-)
交響曲第3番 Symphony No. 3

ユタ交響楽団 - Utah Symphony Orchestra
モーリス・アブラヴァネル - Maurice Abravanel (指揮者)

・ウィリアム・シューマン - William Schuman (1910-1992)
交響曲第7番 Symphony No. 7

ユタ交響楽団 - Utah Symphony Orchestra
モーリス・アブラヴァネル - Maurice Abravanel (指揮者)
e0151275_16575215.jpg

・ハワード・ハンソン - Howard Hanson (1896-1981)
交響曲第6番 Symphony No. 6

ウェストチェスター交響楽団 - Westchester Symphony Orcherstra
ジークリート・ランダウ - Siegfried Landau (指揮者)

・ガンサー・シュラー - Gunther Schuller (1925-)
交響曲 1965 Symphony 1965

ダラス交響楽団 - Dallas Symphony Orchestra
ドナルド・ヨハネス - Donald Johanos (指揮者)

・エドワード・マクダウェル - Edward MacDowell (1860-1908)
組曲第2番 ホ短調 「インディアン」 Op. 48 Suite No. 2 in E minor, Op. 48, "Indian"

ウェストファリアン交響楽団 - Westphalian Symphony Orchestra
ジークリート・ランダウ - Siegfried Landau (指揮者)
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-27 16:58 | 音楽 | Comments(0)

日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか

日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか

山田 奨治 / 人文書院


【目次】 日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか

第1章 パクリはミカエルの天秤を傾けるか?
     進む厳罰化/著作権法が定めていること/人格権と財産権/
     著作権には制限がある/著作権法はどう変わってきたのか/
     罪の重さの比較/厳罰化の推移/窃盗とおなじか/
     被害は増えたのか/損害額はいくらになるのか/大天使ミカエルの天秤

第2章 それは権利の侵害です!?
     ひこにゃん騒動/原画作者が作る「バッタもの」/
     映画の「盗撮」はいつから罪になったのか/「盗撮」禁止の実態/
     テレビCMと著作権/CMアーカイブスと原盤廃棄/
     映画とCMの著作権はいつ切れるのか/権利侵害の使い方

第3章 法律を変えるひとびと
     著作権分科会を解剖する/固定化した委員/国家戦略になった知財/
     アメリカからの要望書/映画盗撮防止法再考/
     保護期間延長問題のはじまり/非親告罪化はどうなのか

第4章 ダウンロード違法化はどのようにして決まったのか
     補償金制度見直しの鬼子/論戦のはじまり/数字の信ぴょう性/論点は何か/
     第三○条見直し案の浮上/遅れて出された反対/補償金制度に理はあるのか/
     落としどころを求めて/波乱のパブリック・コメント/ダビング10で大混乱/法改正へ

第5章 海外の海賊版ソフトを考える
     映像流通の変化/海賊版とは何か/海賊版の作り方/海賊版をみわける/
     コードとタイムスタンプ/ディスク分析からわかること/流通のスピード/
     多様性と越境力/海賊版の経済・社会学/ビジネスソフトの違法コピー

第6章 著作権秩序はどう構築されるべきか
     秘密主義へ/議論のために

 あとがき
 付録 著作権法(抜粋)/映画の盗撮の防止に関する法律
 索引(人名・事項)


<以下引用>
◆日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか [著]山田奨治
 2011年10月30日 朝日新聞
 [評者]福岡伸一(青山学院大学教授) 

■「まね」から文化は生まれるのに

 『計画と無計画のあいだ』という本が出るそうな。ひょっとして拙著『生物と無生物のあいだ』のパクリではないか。しかし私はどうすることもできない。書名は、著作権で保護される著作物には当たらないから。一方、昔、♪夜と朝のあいだに、一人の私……♪なんて曲もあったなあ、などとつらつら全文書き写せば、たちまち著作権料を払わねばならなくなる。歌詞は立派な著作物(ちなみに、なかにし礼・作)。著作権侵害は、個人なら最高で「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金」(法人ならなんと三億円)。単なる窃盗罪が、五十万円以下であることに対し遥(はる)かに重い。

 なぜそんなことになっているのか。本文では、厳罰化に関わっているのはごく限られた人たちであることが明らかにされていく。読みどころは、審議会議事録をもとに、実名で発言者の議論を追って、出版・音楽・映像など諸団体が、読者や視聴者を置き去りにしたまま、権益確保に邁進(まいしん)する姿を赤裸々に活写しているところ。

 また、ゆるキャラの「ひこにゃん」、「キャンディ・キャンディ」、「宇宙戦艦ヤマト」を巡っては、原作者や原画作者自身でさえ「バッタもの」の作者にされうるという事例を取り上げ、著作権のねじれ構造が解説される。

 著者は旗色を鮮明にしている。文化とは何かをまねることから生まれ、広がるものだから、著作権をむやみに厳しくすることは、文化の伝播(でんぱ)を阻害すると。

 そうなのだ。私も、タイトルや文章を借用されたり、無断利用されたりしても目くじらを立てるのはやめよう。まねることは学ぶこと〈まねぶ(C)森村泰昌〉。寛容と非寛容のあいだでは、寛容側に寄るべきだ。それが文化の本質だったはず。この著者には、研究者ながら、果断な勇気がある。言うべきことへの矜持(きょうじ)が示された著作権解説の好著。
    ◇
 人文書院・2520円/やまだ・しょうじ 63年生まれ。国際日本文化研究センター教授。情報学、文化交流史。著書多数。

◆『日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか』 山田奨治著
 2011年11月14日 読売新聞
 評・椹木野衣(美術批評家・多摩美大教授)

発展損なう「密室主義」
 幾多のメディアに囲まれて暮らしている以上、著作権ほど我々の生活に密着した問題もないはずだ。

 が、類する書物はこれまで、素人には専門的すぎたり、公平性に気をつかうあまり論述が平板で、一般の読書には耐えづらかった。生々しい現在進行形の問題であるはずの著作権をめぐって今、いったい何が起きているのか。これでは判
わか
りづらくてもしかたがない。

 そんななか、本書の登場は画期的だ。冒頭で著者は、いったん著作権法の原点に立ち返り、その「目的」が「文化の発展に寄与すること」(第一条)にあることを確認する。これは、今日のたび重なる権利者寄りの法改正が、おおもととなる精神に照らして、どのような偏向にあるかを測る大きな指標となる。そのうえで、著作権をめぐる環境があまりに複雑、かつ厳しくなり、市民から遊離した利益主導の密室主義へ移行しつつあることを鋭く指摘する。

 このような現況が今、すぐれた文化が持つ奔放な伝播力や民主的な論議を閉ざす方向へと、どんどんむかっているという。たとえば、ネットから違法にアップされたソフトを複製しただけで犯罪となる「ダウンロード違法化」が、どのような経緯で進められたかを、著者は公開された議事録などをもとに実に詳細に再構成してみせる。そこでは、神の恵みをめぐって紛糾した中世の神学論争が復活したかの異様さが、実名入りでくっきりと浮かび上がる。

 著作者と著作権者の対立から、日本で長く「お蔵入り」している名作が、海賊版により国外で広く視聴されている現状なども、考えてみればおかしな話だ。戦後文化に関心を寄せる者として、日本のTVコマーシャルの映像資料がこれほどまで乏しい理由も、本書を通じて初めて知った。このままでは、著作権の本義である「文化の発展」は著しく損なわれてしまう。多くの人が本書を手に、身近だがおそろしくもあるこの問題について考え始めてほしい。

 ◇やまだ・しょうじ=1963年生まれ。国際日本文化研究センター教授。専門は情報学、文化交流史。

◆日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか [著者]山田 奨治
 2011.10.17 東京新聞
 [評者]福井 健策 (弁護士・日本大学客員教授)

■政策決定の道筋を大胆批判
 些(いささ)か扇情的なタイトルは、おそらく日本の著作権法が一九九〇年代以降、急速に厳罰化・厳格化されつつあるという著者の危機感の表れだろう。確かに、海賊版対策の合言葉のもと、著作権侵害の罰則は現在「最高懲役一〇年若(も)しくは一千万円以下の罰金」と、わずか十年ほどの間に上限刑期で三倍以上、金額で十倍にも厳罰化されて来た。

 ただ公平を期しておけば、評者は日本の著作権法やその運用が他の先進国に比べて厳しいとは、必ずしも思わない。例えば欧米が長期化へとひた走った「保護期間」では、日本はカナダと共に現状維持派の最後の砦(とりで)となりつつある。「非営利の上演・演奏・上映」を自由化する規定など、文化や教育の現場で大きな役割を果たしている条文も少なくない。著作権侵害の場合の賠償金の相場など、アメリカは日本のはるか上を行くだろう。

 実際、著作権の厳しさについての日本と他国の比較は各章にはほとんど登場しない。本書はその題名ゆえに注目度を高めるだろうが、あるいは内容にふさわしい表題は別にあったかもしれない。

 この本の真骨頂はむしろ、著作権という情報社会で最重要の政策にあって、(1)官僚と固定化された審議会メンバーによる「著作権ムラ」内でものごとが決まっていないか、(2)一部権利者団体が個々のメンバーの意見を正しく反映して来たのか、(3)大事な決定が外交交渉を通じて秘密裏にされたり、外圧を利用して達成される傾向が強まっていないかという、実証的な指摘にある。

 資料の徹底した読み込みを通じて、著作権の政策論議のあり方に対してこのような大胆な批判を試みた論考は寡聞にして知らない。そして、3・11後の大地に立ち、原発政策がこの国でどのように決定されて来たかを薄ら寒い思いで振り返らざるを得ない我々にとって、その問いかけはひとり著作権にとどまらず、あまりに重いのである。

やまだ・しょうじ 1963年生まれ。国際日本文化研究センター教授、情報学。著書に『情報のみかた』『<海賊版>の思想』など。


<以下関連引用>
くまのプーさん延命? 著作権保護70年へ最終調整
2015年7月24日 朝日新聞

 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、参加12カ国が著作権の保護期間を「作者の死後70年」で統一する方向で最終調整に入ったことがわかった。日本では現在「50年」のため、確定すれば20年間延長される。日本に課されている約10年の「戦時加算」は、参加国間では事実上、解消される見通しだ。

 保護期間はいま、日本やカナダ、ニュージーランドなど6カ国が原則「死後50年」で、米国や豪州など5カ国が「70年」、メキシコは「100年」となっている。交渉では、ディズニー作品など著作権大国の米国が「70年」への統一を要求。欧州連合(EU)を含む先進国では「70年」が主流で、日本も容認する方向で検討に入った。

 70年に統一されれば、日本はTPP参加国の著作物を利用するときは、著作権使用料を20年長く払わなければいけなくなる。日本の使用料の国際収支は米国を中心に2013年で約6200億円の赤字となっており、赤字幅は拡大する見通しだ。ただ、アニメなど日本の作品がTPP参加国などで利用されるときは、これまでより使用料を20年長く得ることができる。

 また、敗戦国の日本は1951年のサンフランシスコ講和条約で、戦勝国の米国やカナダ、豪州など計15カ国の戦前の著作物については、保護期間を約10年延ばす「戦時加算」が課されている。70年で統一されれば本来約80年となる計算だが、日本は加算の解消を強く要望し、参加国間では加算を無効にする方向となった。

■ミッキーもスーパーマンも…米国に有利

 著作権管理団体にとっては、「戦時加算」の解消によって、海外の音楽作品などを扱うハードルが下がるのはメリットだ。

 不平等な形で海外に使用料を多く払ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC)は、「日本だけが条約に基づき一方的に義務を課されており、国際的に極めて異例」として、戦時加算の解消を求めている。どの海外の著作物が加算の対象になるか判断しにくい上、国によって戦争期間が異なるため、「保護期間を加算する計算が煩雑」(広報担当者)で、実務上の問題も大きいという。

 ただ、保護期間が「70年」になると、米国に有利に働くという見方が強い。

 米国は「ミッキーマウス」や「スーパーマン」など長期にわたり世界中で使われるコンテンツを多く持つからだ。著作権に詳しい福井健策弁護士によると、現行の制度なら「くまのプーさん」の著作権は2017年に切れるが、保護期間の延長で延命することになるという。一方で、日本にはこうした作品が少ない。

 23日、TPP交渉での著作権条項の見直しを求めるグループが、内閣府に署名を提出した。

 メンバーの一人である福井弁護士は会見で「保護期間を延長すれば、(日本が)海外に支払う金額が確実に増え、国際収支の赤字がさらに増える。戦時加算の解消とバーターであるなら、あまりにバランスを欠いている」と批判した。

■TPP交渉参加国の著作権保護期間

【50年】
 日本、カナダ、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、マレーシア

【70年】
 米国、豪州、シンガポール、チリ、ペルー

【100年】
 メキシコ

注)年数は、原則として作者の死後
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-27 13:20 | 書庫 | Comments(0)

考えない練習

考えない練習

小池 龍之介 / 小学館


考えない練習 (小学館文庫)

小池 龍之介 / 小学館


[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-27 13:19 | 書庫 | Comments(0)

身体を通して時代を読む 武術的立場

身体を通して時代を読む―武術的立場 (文春文庫)

甲野 善紀 / 文藝春秋


[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-27 13:18 | 書庫 | Comments(0)

龍村修のヨガ教室

70分DVD付き 体の中からキレイになる 龍村修のヨガ教室

龍村 修 / 日経BP社


(春之介のコメント)
流行のヨガとは違い、正統性を追究したエッセンスを垣間見える。

本の評価として、付属DVDやCDの心地よい音楽や難度の高いポーズなどを含める類書も多数存在する。

しかし、余計な装飾はなく、アクロバティックな技巧を排する基本ポーズこそ王道であることを知るものだけに作ることができる一品。

何よりも基本に忠実であることと、導入にあたっての身体ほぐしや呼吸法の実技など、分かってない指導者には触れたくないことを押えることができるか否かに全てがかかっている。

これだけの内容で安価であることと基本に忠実であること、また、質素であることでお薦めできる一冊。

おすすめ度 ★★★★★
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-27 13:17 | 書庫 | Comments(0)