<   2011年 07月 ( 98 )   > この月の画像一覧

妊活とは!? 妊娠学ぶ“妊活”のイベント 東京で開催

妊娠学ぶ“妊活”のイベント
2011年7月31日 NHK

結婚や出産する年齢が高齢化する中で妊娠についての正しい知識を身につけてもらおうと、“婚活”ならぬ“妊活”と銘打ったイベントが東京で開かれました。

このイベントは出版社などが開いたもので、東京・港区の会場には20代から40代の男女300人が参加しました。はじめに国立成育医療研究センターの齊藤英和医師が、30代後半になると流産する割合が高くなることなどを説明し、「若いうちから妊娠・出産を含めた人生設計を考えてほしい」と呼びかけました。
e0151275_22484995.jpg

イギリスの大学が世界18か国で行った調査では「女性の妊娠能力は40代では30代より低下する」ことを知っている人が、日本は46%にとどまるなど、正しい妊娠の知識を持つ人が欧米に比べて少なくなっています。イベントでは妊娠について正しい知識を身につけることを“妊活”と銘打って、妊娠の基本的な知識をクイズ形式で学んでもらったり、専門の医師が質問に答えたりしました。

4か月前に結婚したという37歳の女性は「妊娠に適齢期があるなど知らないことだらけでした。仕事をバリバリやりたいが、今は家族を作りたい気持ちが強いので、“妊活”に本気で取り組みたい」と話していました。
e0151275_2248266.jpg

主催した講談社の川良咲子副編集長は「“妊活”という言葉を通じて後悔しない知識を身につけてもらうとともに、社会や企業にも出産と仕事が両立ができる仕組みを考えてほしい」と話していました。

(春之介のコメント)
ということで、女性は活動的な時代になってきた。

結婚・妊娠・出産・育児と仕事の両立を、考える時代になってほしい。


月刊女性誌「FRaU」(講談社)  http://frau-web.net/

妊娠に前向きな女性のためのウェブサイト 妊活.net
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-31 22:49 | 生活 | Comments(0)

輸入盤 ドボルザーク:交響詩/序曲全集 クチャル&ヤナーチェク・フィル

Brilliant Classics
ドヴォルザーク:交響詩/序曲全集(3CD)

・チェコ組曲 Op.39
・交響的 変奏曲 Op.78
・序曲『我が故郷』Op.62
・『謝肉祭』 Op.92
・『フス教徒』Op.67
・『オセロ』 Op.93
・『自然の中で』Op.91
・交響詩『水の魔物』Op.107
・『真昼の魔女』 Op.108
・『金の紡ぎ車』 Op.109
・『野鳩』 Op.110
・『英雄の歌』 Op.111

ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団
テオドール・クチャル(指揮)
e0151275_18114756.jpg

(春之介のコメント)
これらの録音はブリリアントの新録音であり、ドヴォルザークの没後100年を記念して2004年8月に集中的にスタジオ録音されたもの。

チェコ・フィルの演奏CDも捨てがたいが、網羅的に聴くならば廉価でいいよ。

演奏会でも、どんどんと取り上げられてもらいたいが、別記事でも取り上げたように交響詩などはファミリー・コンサートで取り上げるわけにはいかないものね。
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-31 18:12 | 音楽 | Comments(0)

輸入盤 ドボルザーク:交響詩集 アーノンクール&コンセルトヘボウ

ドヴォルザーク:
・交響詩『水の精』op.107
・交響詩『真昼の魔女』op.108
・交響詩『金の紡ぎ車』op.109
・交響詩『野鳩』op.110

ニコラウス・アーノンクール指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

WARNER 2564.60221
e0151275_17542426.jpg

チェコの国民詩人、K.J.エルベン(1811-1870)のバラードにインスパイアされたドヴォルザークの4つの交響詩(op.107-110)は、題材の異常なまでの残酷さ・凄惨さゆえ、『殺人交響詩』としても知られているもので、そこに求められるオーケストラの表現力にはかなりのものがあります。
 なにしろ、4曲中、最も穏やかな『真昼の魔女』ですら、魔女によって子供が殺されてしまうという残忍な内容で、最も残虐な『金の紡ぎ車』に至っては、バラバラ殺人が題材というとんでもない代物。タイトルが美しい『水の精』にも、子どもが真っ二つに引き裂かれて家のドアに叩きつけられるという場面があり、これもタイトルは穏やかそうな『野鳩』も、夫を毒殺した未亡人がやがて気が狂って自殺するという筋書きなのです。

(春之介のコメント)
実は、このCDなんですがブックオフで何気に買い込み、演奏のあまりの素晴らしさに興味を抱きました。

アーノンクール盤は交響曲第7-9番のライブ録音の付録のように、この交響詩集がありました。

この交響詩集を集めてCD化したのが本盤になります。

この作曲年代は、ドヴォルザークの晩年にあたるようで管弦楽は充実しています。

ただ、知らなかったのがこの内容です。

大手輸入のHPを見てビックリ仰天の始末。

きらびやかな曲かと思いきや、おどろおどろしい内容なのですね。

こうした題材を作曲してしまうのも、さすがです。

教訓話は、日本でも地獄絵巻とかあるから同じかもね。


〈以下参考引用〉
ドヴォルザークはアメリカに渡っている間に最後の交響曲である「新世界より」を作曲しましたが、その後再び母国のチェコに戻りました。帰国した翌年の1896から1897年にかけて作曲されたのが5曲の交響詩です。そのうちの4曲はチェコの詩人で民話の研究家でもあるカレル・エルベンの民族的バラード集から題材がとられています。いまでもチェコの子供たちに親しまれている昔ばなしを美しい音楽に表現したのが、このドヴォルザークの交響詩なのです。

「水の精」op.107  湖の近くに住む若い娘が誤って湖に落ちてしまう。彼女を助けた水の精は彼女を妻にする。やがて二人に子供が生まれる。彼女が里帰りをしたがるために、水の精は夕べの鐘が鳴るまでに帰るという条件で許す。ところがやっと戻ってきた娘を彼女の母親が再び湖に返そうとしない。怒った水の精は子供を連れて嵐の中を家にやってくる。ドアの音がドンドンと叩かれて異様な音がするので娘がドアを開けてみると、子供がドアに叩きつけられて息絶えていた、という話です。

「真昼の魔女」op.108  家事に追われる母親が、泣きわめく子を叱りつけて「真昼の魔女を呼ぶよ」とおどす。子供が泣き止まないでいると、本当に魔女が現れて「子供をもらってゆく」と言う。母親は魔女に憐れみを乞うが聞き入れられない。そのとき教会の鐘が鳴ると魔女は消える。安心した母親は子供を抱いたまま気を失う。夕方、夫が帰宅して彼女は意識を取り戻すが、子供はすでに死んでしまっていた、という話です。

「金の紡ぎ糸」op.109  狩りに出た若い王が、森のつむぎ小屋で水をもらった娘に一目ぼれして求婚する。娘は継母に付き添われて城に向かうが、継母は途中で彼女を殺して両足を切断し、遺体を森に捨ててしまう。そして自分の連れ子を娘に仕立てて城に連れて行き、気が付かない王と結婚させる。森の魔法使いの老人は、継母に金の紡ぎ車を送り、代わりに切断された娘の両足を受け取る。魔法使いは娘の体を元に戻して彼女を生き返らせる。王妃が王の前で金の紡ぎ車で糸をつむごうとすると、紡ぎ車は継母の悪事を歌いだす。驚いた王様は急いで森に行き、娘と再会して改めて妃に迎え入れる、という話です。

「野ばと」op.110  若く美しい未亡人は、実は夫を毒殺していた。やがてハンサムな若者が彼女に求愛したので、彼女は再婚する。一羽の鳩が亡き夫の墓の近くの樫の木に巣をつくり、悲しそうに鳴き続ける。彼女はその声を聞いているうちに自責の念にかられて自殺をしてしまう。すると死によって罪をあがなった女を憐れむように鳩が優しい歌を歌いだした、という話です。

「英雄の歌」op.111  最後の曲だけはエルベンのバラードからではなく、ドヴォルザーク自身の詩的な楽曲です。苦難を乗り越えての光明というテーマらしいですが、具体的な記述は残されていません。芸術家ドヴォルザーク自身のことだという見方も有りますので、リヒャルト・シュトラウスの「英雄の生涯」みたいなものなのでしょうか。

5曲はどれもが幻想的でボヘミアの情緒いっぱいであり、円熟した管弦楽で書かれています。ヤナーチェクもエルベン題材の4曲を「最上にチェコ的な名曲」と激賞しています。
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-31 17:55 | 音楽 | Comments(0)

中尊寺で、ウィーンフィル鎮魂コンサート

中尊寺で、ウィーンフィル鎮魂コンサート
2011年07月27日 朝日新聞岩手版

 世界文化遺産となった岩手県平泉町の中尊寺本堂で26日、大震災の犠牲者の鎮魂と復興を祈るチャリティーコンサートがあり、ウィーン・フィルのメンバーら5人が演奏した。東京などから駆けつけた音楽ファン約150人が聴き入り、義援金を寄せた。
 蝉(せみ)しぐれが本堂を包むなか、バイオリンのウェルナー・ヒンクさん、チェロのフリッツ・ドレシャルさんらが演奏するモーツァルトの弦楽四重奏やクラリネット五重奏が響いた。
 演奏前、ユッタ・シュテファン・バストル駐日オーストリア大使は「このコンサートが被災者の方に勇気を与え、復興のための手助けになると信じている」とあいさつした。

(春之介のコメント)
大手旅行代理店の企画も加わっている。

NHKが放送した理由は、NHK交響楽団団員が参加したためだろうか・・・

e0151275_814442.jpg

〈以下引用〉
中尊寺で鎮魂コンサート
2011年7月27日 NHK

世界遺産に登録されたばかりの岩手県平泉町の中尊寺で、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のメンバーたちが東日本大震災で犠牲になった人を追悼する演奏会を開きました。

演奏を披露したのは、オーストリアのウィーンフィルハーモニー管弦楽団のメンバーと、宮城県出身のバイオリン奏者の合わせて5人です。先月、世界遺産に登録された中尊寺を会場に震災で犠牲になった人を追悼するとともに、東北地方の早期復興を願って、26日、「レクイエムコンサート」と題して演奏会を開きました。鎮魂をテーマにしたモーツァルトの組曲2曲を披露し、息の合った演奏で、チェロやバイオリン、それにクラリネットの音色を本堂の高い天井に響かせていました。会場には、オーストリア大使や首都圏からの団体客などおよそ150人が訪れ、演奏に聴き入っていました。来場者からは「復興協力金」として、およそ45万円が寄せられ、すべて震災義援金として寄付されるということです。
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-31 08:15 | 音楽 | Comments(0)

画像 広告費ジャブジャブ No!

e0151275_23132224.jpg

[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-28 23:14 | 箪笥 | Comments(0)

㏍ベストセラーズ 男性誌休刊に! 「ON.」「DOPE」とともに「ザ・ベストmagazine」

アダルト誌が売れない…出版業界が大ピンチ!
2011年07月27日 ZAKZAK(夕刊フジ)

 今年1-6月に休刊した週刊誌、月刊誌は計102点にのぼることが分かった。有名アダルト誌も名を連ねるなど、お世話になった男性陣には寂しい限り。“オカズ”事情の変化も、折からの出版不況に影響を与えている。
 日販速報(日本出版販売)によると、上半期の創刊誌は月刊の「カーセンサーEDGE」(リクルート)など72点を数えたが、休刊誌は約1・5倍の102点。前年同期比では18点減ながら、前期(昨年下半期)比では6点も増えた。
 なかでも目立ったのは1984年4月創刊の老舗グラビアアダルト誌「ザ・ベストmagazine」(KKベストセラーズ)。一時は同社の売れ筋として姉妹誌を増やしたが、この上半期に「ON.」「DOPE」とともに休刊となった。
 出版関係者は「インターネット上で無料でアダルト画像や動画が手に入る時代となり、昔ながらの“エロ本”は販売が苦しい」と解説した。
 アダルト誌ではサニー出版の「人妻近親天国」も休刊となっている。
 80年の伝統を誇る政治情報月刊誌「政界往来」(政界往来社)や、1950年創刊の小型時刻表「JTB携帯時刻表」(JTBパブリッシング)も、その歴史に幕を下ろした。
 八百長問題を受けた相撲専門誌「大相撲中継」(NHKサービスセンター)など、特殊な影響を受けた雑誌もある。しかし、紙離れによる出版不況の傾向は顕著なようだ。

(春之介のコメント)
「ON.(オンドット)」2011年4月号をもって休刊になりました。
「ザ・ベストマガジン」「DOPE」は2011年8月号をもって休刊になりました。

なかなか雑誌は苦戦しているようだ。

付録DVDをつけるなどしているようだが、内容がいまいちなのかもしれない。

永久に封印・・・
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-27 22:25 | 箪笥 | Comments(0)

ウルトラセブンのマスク盗まれる 俳優・森次晃嗣の経営する神奈川県藤沢市のレストランから

ウルトラセブンのマスク盗まれる 「ファンのため、返して」
2011/07/27 共同通信

 特撮テレビ番組「ウルトラセブン」の撮影に使われたセブンのマスクが、モロボシ・ダン役の俳優森次晃嗣さん(68)の経営する神奈川県藤沢市のレストランから盗まれていたことが27日、分かった。藤沢署が窃盗容疑で捜査している。

 森次さんは「マスクは本物で、私の分身。店を訪れるファンのためにもすぐに返してほしい」と訴えている。

 藤沢署によると、25日昼ごろ、店内の棚に飾ってあったマスクがなくなり、空のプラスチックケース(縦60センチ、横40センチ)だけがテーブルに置かれているのを森次さんが発見、110番した。

(春之介のコメント)
本物を展示しているらしい。

全国のファンから恨まれる行為・・・だから、寝覚め悪いね。


森次晃嗣公式HP  http://kohji.moritsugu7.net/
e0151275_21391226.jpg

〈以下引用〉
◆ウルトラセブン:マスク盗まれる ダン役俳優は「返して」
 2011年7月27日 毎日新聞

 特撮テレビ番組「ウルトラセブン」の撮影に使われたセブンのマスクが、モロボシ・ダン役の俳優、森次晃嗣さん(68)の経営する神奈川県藤沢市のレストランから盗まれていたことが27日、分かった。県警藤沢署が窃盗容疑で捜査している。

 森次さんは「マスクは本物で、私の分身。店を訪れるファンのためにもすぐに返してほしい」と訴えている。

 藤沢署によると、25日昼ごろ、店内の棚に飾ってあったマスクがなくなり、空のプラスチックケース(縦60センチ、横40センチ)だけがテーブルに置かれているのを森次さんが発見、110番した。店は定休日で、セブンのフィギュアなどがほかに約50点あったが、無事だった。

 森次さんは「親交のある俳優の京本政樹さんから贈られたマスク。テレビの鑑定番組で500万円の値が付いたこともあったが、お金には換えられない。とても悲しい」と話している。

◆セブンのマスク、モロボシ・ダンの店から盗難
2011年7月28日 読売新聞

 特撮テレビ番組「ウルトラセブン」の撮影に使われたセブンのマスクが、主人公のモロボシ・ダンを演じた俳優の森次晃嗣さん(68)の経営する神奈川県藤沢市のレストラン「ジョリーシャポー」から盗まれていたことが、わかった。藤沢署が窃盗事件として捜査している。

 藤沢署などによると、25日午後0時半頃、店内の棚でプラスチック製ケースに入れて展示していたマスクがなくなっているのを森次さんが発見し、110番。マスクはテレビ番組で500万円と鑑定されたこともあり、森次さんは翌26日に同額の被害届を提出した。当時、店は定休日だったが、入り口の鍵はかかっていなかったという。
e0151275_12415266.jpg

 森次さんは「マスクは1967年の撮影当時に使っていたもの。店のシンボルなのでとても悲しい。できるなら返してほしい」と話している。
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-27 21:39 | 箪笥 | Comments(0)

演奏団体 イスラエル室内管弦楽団

e0151275_18351252.jpg

Israel Chamber Orchestra 

◆イスラエル楽団がワーグナー=ドイツで初-バイロイト
 2011/07/27 時事通信
 
イスラエルの管弦楽団が26日、ナチス・ドイツのヒトラー総統が好んだことで知られるワーグナーの作品をドイツのバイロイトで演奏した。イスラエルの楽団がワーグナーをドイツ国内で演奏するのは初めて。
 AFP通信などによると、イスラエル室内管弦楽団は、マーラーなどユダヤ系音楽家の曲目を中心とした約2時間の演奏の最後をワーグナーの「ジークフリート牧歌」で締めくくり、700人余りの聴衆から拍手喝采を浴びた。
 ワーグナーの演奏は、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を引き起こしたナチスを連想させることから、イスラエルでは今でもタブーとなっている。今回の企画も「ワーグナーと和解する必要などない」との批判の声が上がり、一時は暗礁に乗り上げかけたが、同国内でリハーサルを行わないなどの配慮をし、実現にこぎ着けた。

◆ワーグナーの楽曲を初演奏
 2011年7月27日 NHK

ナチス・ドイツのヒトラーが好んで聴いていたことなどから、イスラエルでは半ばタブー視されているドイツの作曲家、ワーグナーの楽曲をイスラエルのオーケストラが初めてドイツで演奏しました。
このコンサートは、ワーグナーゆかりの町、ドイツのバイロイトで、26日、開かれたもので、イスラエル室内管弦楽団がワーグナーの「ジークフリート牧歌」を演奏しました。ワーグナーはヒトラーが好んで聴いたことで知られ、ナチス・ドイツのプロパガンダにも使われました。イスラエルのオーケストラがドイツで演奏するのはこれが初めてで、団員の中にはホロコーストの犠牲者の子孫もいることから楽団で慎重に検討を続けた結果、最終的に「政治と音楽は分けて考えるべきだ」として演奏に踏み切りました。演奏のあと、会場からはスタンディングオベーションで迎えられ、「迷いましたが、演奏してよかったです」と話す団員もいました。楽団はイスラエルにいる間はこの曲のリハーサルをしないなど配慮を重ねたということですが、演奏会に反対する一部の若者らがテルアビブで抗議デモを行う場面もあり、ワーグナーに対するイスラエルの人たちの複雑な心情を改めてうかがわせています。
e0151275_18361146.jpg

[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-27 18:36 | 音楽 | Comments(0)

指揮者 ロベルト・パーテルノストロ

e0151275_18325399.jpg

Roberto Paternostro
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-27 18:33 | 音楽 | Comments(0)

江戸川柳『誹風末摘花』とは!? 発禁本となっていた破礼句

タモリ倶楽部
2011年7月23日 テレビ朝日

「ヌケる大江戸川柳『誹風末摘花』でモッコリ!」

 近代でも発禁本となっていた破礼句と呼ばれるエロ川柳「誹風末摘花」(はいふうすえつむはな)。五・七・五で欲情をかき立てるエロ川柳でスッキリ!
 天保の改革で悪書と糾弾され、近代でも発禁本となっていた破礼句と呼ばれるエロ川柳「誹風末摘花」今日は五・七・五で欲情をかき立てるこの句集でスッキリ!!秘部部門、体位部門など部門別にエロ川柳を紹介、一の谷はどんな体位、医者は何の意味?隠語を学びながら裏江戸風俗文化を学ぼう!
e0151275_9444319.jpg

出演者
MC:タモリ
ゲスト:乾貴美子、みうらじゅん、鴻上尚史、岩下尚史
ソラミミスト:安斎肇

(春之介のコメント)
江戸情緒、当時の武士階級が投稿したらしい。

ことばの背景を知らないと鑑賞できないという欠点があり、読んでもピンとこないということらしい。

直接的な批判をしない日本人の礼儀作法だろうか。

タモリは、やはり知識人。
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-07-27 09:29 | 箪笥 | Comments(0)