<   2010年 12月 ( 129 )   > この月の画像一覧

演奏家 植松 透(ティンパニ)

e0151275_2135290.jpg

Toru UEMATSU

NHK交響楽団ティンパニ・打楽器奏者

都立立川高等学校を経て国立音楽大学、同大学院音楽研究科にて打楽器を学ぶ。首席で卒業し矢田部賞受賞、NHK新人オーディション合格、NHK-FMフレッシュコンサート出演。
打楽器を岡田知之、藤井むつ子、P.ゾンダマンの各氏に師事。
在学中よりオーケストラや室内楽を中心に演奏活動を始める。音楽と演劇の融合を目的とした実験集団アンサンブル・レ・カラクテールを主宰し「兵士の物語」(ストラヴィンスキー)、「仮面舞踏会」(プーランク)などを制作・発表する。岡田知之打楽器合奏団を経てミラクルパーカッションアンサンブルを結成。四度の青山円形劇場におけるレギュラーコンサートは打楽器アンサンブルの常識を覆すと各方面から絶賛を博した。また在学中より、幼児と音楽の関わりに興味を持ち、繁下和雄、とらや帽子店諸氏に啓発され、たいこアンサンブル・トムトムを結成。自らのライフワークと捉え幼稚園や養護学校でのコンサート活動を展開する。国立音楽大学幼児教育科、幼児音楽研究会等でワークショップも行う。「オペラ座の怪人」、「美女と野獣」などミュージカルへの参加、重要無形文化財江戸里神楽「若山社中」囃子方鈴木恭介氏に師事し和太鼓を学ぶなどジャンルを問わない活動を展開中。海外での活動も多く、ギリシア・パトラス国際芸術祭、台湾芸術節、ブルガリア・ジャパンミュージックフェア、ベルリンケーブルテレビ等に参加、国際ゲーテ年記念芸術祭(ワイマール)ではベルリンファゴットカルテットと作曲家山本純之介氏の新作を世界初演した。シンガポール大学にてオーケストラ打楽器マスタークラスを開催。
93年にNHK交響楽団に打楽器奏者として入団。その後N響海外派遣研修員としてベルリンに留学、 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団首席ティンパニスト、ライナー・ゼーガース氏に師事。帰国後ティンパニ・打楽器奏者となり現在に至る。また国立音楽大学、洗足学園大学において後進の指導にも積極的にあたっている。
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-31 21:05 | 音楽 | Comments(0)

全国の常設電話相談 自殺防止センターの電話番号 東京・大阪・宮崎・熊野・岩手

e0151275_4291561.jpg

大阪自殺予防センター
(金曜13時〜日曜22時)
(06)6260-4343
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-31 04:32 | 躁鬱 | Comments(0)

性差、文化差、個人差 性に関する違いから見えるもの…

アメリカ人男 日本のラブホテルが楽し過ぎてSEXし損ねる
2010.11.30 NEWSポストセブン

 性に関しては、世界各国様々な風習があり、我々にとっては驚きのものも多い。その中でも、アメリカ人とのセックスに関する証言をみてみよう。まずは、34才・金融関係のAさんのお話。

「最初は食事、次にキスをして、キスが上手だったらセックス……と、アメリカではお互いに相性を確かめてからつきあうのが普通。でも日本とは逆に、最初のセックスで『愛してる(I LOVE YOU)』とかいうと、ドン引きされてしまいます。それくらい重いセリフ。つきあってからもしばらくはいいません。それで私、2回別れてます」

 続いては47才ボランティアのBさんだ。「ずっと、アメリカ人は面倒くさがりだから服や下着を脱がずにやるのだと思っていましたが、どうやら裸より下着姿や着衣のほうがエロいらしい。裸にバスタオル巻いて出て行ったとき、『何か足りない!』って、服を着せられたこともあったなあ」

一方、彼らからしても、日本のびっくりポイントもあるようだ。

 23才・学生のCさんによると、アメリカやイタリアの友人が、日本でまず驚いたのがラブホなのだという。「若いときは実家暮らしが多いし、こんなラブホなんてないしお金もないから、カップルはカーセックスか野外Hだよ!」(イタリア人)との証言もあった。また、「カラオケもお風呂もお酒もゲームもあって、低料金で休憩できるラブホに、アメリカ人の友人は『セックスも忘れて楽しんだ』ってw」(Cさん)

 また、「日本人男子みたいにゴムなしでセックスしたがるのは、子供っぽく知識がないとされ、欧米ではありえない」(多数証言)。

※女性セブン2010年12月9日号

(春之介のコメント)
女性セブン、読んだことないけど、こんな女性誌を読んでいるんだね。

男性誌も、かなり興味本位だけど、同じじゃんね。019.gif
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-30 05:37 | 箪笥 | Comments(0)

性科学者・笠井寛司の業績とは!? 大陰唇と小陰唇の秘密 また石こうで女性器をかたどった作品はアートか…

ピンクの小陰唇の持ち主は約2% パイパン女性は0.01%
2010.12.28 NEWSポストセブン

 その昔、尋常ならざる情熱で日本人女性の外性器を研究した学究がいた。その名を仮にドクターKと呼ぶ。彼は臨床した女性8330人の性器を写真におさめ、その形状と機能、性感との相関を徹底的に追求した。本誌は、氏が生前書き残していた驚くべき遺稿を発掘した。以下は同氏の研究から我々が学んだことである。大陰唇と小陰唇の秘密を紹介しよう。

【大陰唇】
 形は似ても似つかないが、男性でいえば陰嚢に相当する。盛り上がった形になっていて、厚さは5mm以下が約39%、6~10mmが約51%、11~15mmが約10%。16mm以上は約8000例中1人だけである。体格的には痩せているほうが厚さが乏しい。ほとんどの場合、陰毛が生え、生え方は日本女性では楕円形が約35%、長四辺形が約30%、逆三角形が約25%、台形が約10%。いわゆる「パイパン」は1万人に1人しかいない。感覚受容体の密度は高く、とりわけ触覚は陰核よりもはるかに密度が高い。触れ方によっては効果的な刺激になる場所だといえる。

【小陰唇】
 血管や神経繊維の間に繊維性の結合組織がつまってできている。陰毛は生えない。上端はしばしば2葉に分かれるが、形状は千差万別だ。長さは欧米白人が平均約7cmなのに対し、日本女性は平均5.8cm。処女では平均5.2cm。高さは平均26mm、処女では13.6mmなので、性交や分娩を経験すると伸びることがわかる。色も真っ黒に近い茶褐色からピンクに近いものまで様々だが、日本人の63%は黒褐色で、ピンクの小陰唇の持ち主は約2%にすぎない。柔らかくなったり硬くなったり、伸びたり縮んだりと形を変え、自慰行為のときに小陰唇をいじる癖のある女性は変形しやすい。 ※週刊ポスト2011年1月7日号

(春之介のコメント)
セクソロジーの研究者は多いが、笠井博士のような研究者は稀だった。

興味本位からでも、奥の深い分野だけに知りたいという欲求は人類みな同じ。


笠井寛司 [カサイ カンジ]

1933年、京都生まれ。京都大学薬学科を経て、61年同大医学科を卒業。医学博士。69年日本バプテスト病院産婦人科に勤務した後、76年滋賀医科大学助教授。96年退職後、性科学者として活動。2002年2月2日、病没。
e0151275_2062395.jpg

1990年、第10回日本性科学学会の学会長をつとめる。組織内分泌学の研究の傍ら、種々の観点から女性の性と性行動の実態調査を行い、女性外性器の統計学的形態分類に取り組むなど性問題の本質を追求している。また8000名以上にのぼる女性の解剖学的体型要素を分析したが、この研究は他に類例をみない。


<以下追加引用>
世界20か国・400人の女性器並べたマッカートニー氏の展覧会
2012年4月12日 NEWSポストセブン

 イギリス、オーストラリア、スイス、カナダ、ドイツ、イタリア、アメリカ、そして日本……世界20か国、400人の女性器をズラリと並べた展覧会は大反響を呼び、昨年わずか2か月間で数千人がギャラリーを訪れた。今年5月から新たな展覧会を開くという制作者に話を聞くと、意外な制作秘話が飛び出した――。

 イギリス郊外のリゾート地・ブライトンにあるスタジオ。壁には、10枚の大きな白い額が飾られている。額の大きさは縦50cm、横80cmほどで、そこに収められているのは、石膏でできた白い彫刻のような造形物だ。遠目に見るとモダンアートか何かのようだが、近づいてよく見ると、なんと、女性器を模ったもの!
 ひとつの額に収められているのは、40人分の女性器。それぞれ割れ目の大きさも違えば、大陰唇のふくらみや小陰唇のヒダヒダの形もまったく違う。クリトリスが肥大化しているものもあれば、女性器にピアスをつけているものも複数ある。

 実はこれ、18歳から76歳までの、20か国の女性400人の性器を実際に型に取り、石膏で“再現”して並べたものなのだ。
「最初はたんなる変態だと思われていたし、“女性器を弄びたいだけだろ”なんて揶揄されることもあった。でも、実際には女性たちのほうからどんどん集まって来てくれて、“自分もボランティアでやりたい”という女性がほとんどだったよ」

 そう話すのは、この女性器模型を制作したジェイミー・マッカートニー氏(41)。メタル鋳造の彫刻や小道具制作を中心に活動し、2006年公開の映画『007カジノ・ロワイヤル』などの小道具も手がけた気鋭のアーチストである。そもそもなぜ女性器の生模型を作ろうと思ったのか。

「2006年に女性と男性の性器や女性の胸を模型にして展示したことがあるんだ。すると女性は興味津々で、自分の性器を見てビックリしてた。喜んだり、興奮したり。その時、女性は自分の性器を見る機会が男性よりも少ないから、女性がもっと女性器の形を知ってもいいんじゃないかと思ったんだ」

 さらにマッカートニー氏には、女性が自分の性器を知らないがゆえに不安を持ち、陰部の手術が流行している現実を変えたいという問題意識もあるという。
「多くの女性たちが自分の性器にコンプレックスを抱えている。女性器に“普通”なんてないのに、ポルノ映画を見て“自分の性器は普通じゃない”と思い込んでいる。だから、この展示会を見て、ひとりでも性器手術に行かなくなったとしたら成功だと思っている」

 確かに、展示された女性器は驚くほどに千差万別だ。作品にはその女性の国籍や年齢は表示されていないが、数人の日本人女性も含まれているとか。日本人の女性器は欧米人などと比べて違いはあるのだろうか――。そう問うと、マッカートニー氏は大笑いしながらこう答えた。
「彼女たちは旅行中にこうしたプロジェクトを知って応募してきてくれたんだけど、肌の色も白人とそう違わないし、性器そのものは他の女性たちと何も変わらなかった。国籍によるステレオタイプは、この作品を通して生まれなかったというのが事実だね」 ※週刊ポスト2012年4月20日号

Jamie McCartney  http://www.jamiemccartney.com/

<以下引用>
571人の女性器模型展示の展覧会 大反響で開催期間も延長
2012年8月10日 NEWSポストセブン

「見て見て。これが私のよ!」 そういって作品を指さした若い女性が、顔を赤らめ、すぐに指を引っ込めた。ロンドンの中心、コーク通りにあるヘイヒル・ギャラリー。数多くのギャラリーが立ち並ぶ通りのなかでも、ここはひときわ大勢の客でにぎわっている。70代らしき老夫婦から20歳に満たないようにも見える若いカップルまで年齢層は様々だ。通りを歩く人々も、一体どんなものを展示しているのかと興味津々に中を覗き、吸い寄せられていく。

 展覧会初日には800人もの人が訪れ、その後も来場者が絶えないことから当初5月8日から6月2日までの予定を急遽1週間延期したほどの人気ぶりだ。展示会のタイトルは『The Great Wall of Vagina』。直訳すれば「女性器の偉大なる壁」で、世界20か国571人の女性器が作品として展示されている。

 壁一面に飾られた白い大きな額に近づくと、そこには女性器をかたどった石膏でできた精緻な模型がびっしりと並べられている。小陰唇やクリトリスの大きさ、大陰唇の膨らみなど、一見して一つとして同じものがないのがわかる。中には大きなピアスをつけたものなどもあった。

 冒頭の若い女性は作品の協力者のひとりで、自分の女性器模型をつい指さしてしまったというわけだ。ギャラリーを訪れた老若男女は皆、食い入るように作品に見入っては驚きの声をあげた。

「こんなにたくさんの女性器の形があるなんて、正直、ビックリしましたね」(22歳・女性)
「出産後、自分の性器の形にコンプレックスを持ち続けていましたが、この作品を見て、気にする必要なんてないんだと自信がもてました」(32歳・女性)

 上記のように、欧米ではアートとして高く評されたこの作品展。この“アート”を、日本人はどう受け止めるのか。 ※週刊ポスト2012年8月17・24日号

〈以下追加引用〉 猥褻図画と警告 またも論争・・・
◆アート写真に「わいせつ」と警告 警視庁、週刊現代とポストに
 2012年11月21日 共同通信

 「週刊ポスト」(小学館)と「週刊現代」(講談社)が掲載したアート作品の写真が、わいせつ図画に当たる恐れがあるとして、警視庁が今後掲載しないよう両誌に警告していたことが21日、同庁への取材で分かった。警視庁によると、対象は週刊ポストの8月17・24日合併号と、週刊現代の9月15日号などの記事。イギリス在住のアーティストが石こうで女性器をかたどった作品の写真とともに、制作過程や作者へのインタビューなどを掲載した。

◆<わいせつ図画>アート作品の写真掲載、週刊誌2誌に警告
 2012年11月21日 毎日新聞

 「週刊現代」(講談社)と「週刊ポスト」(小学館)に掲載された、女性器をかたどったアート作品の写真が、わいせつ図画公然陳列罪などにあたる可能性があるとして、警視庁が両誌に対し今後の掲載をやめるよう口頭で警告していたことが21日、同庁への取材で分かった。

 警告対象となったのは、イギリス人の芸術家が複数の女性器の型を石こうで取った作品の写真。週刊ポストは8月17・24日合併号で、完成した作品の写真や、制作途中で撮影した女性の下半身の裸の写真などをカラーで掲載。週刊現代も9月15日号と22・29日合併号で作品の白黒写真などを載せていた。

 警視庁保安課は「作品は性器そのものの形をしており、性的羞恥心を害する疑いがある」と指摘。両誌が全国で広く販売されていることから「公共性が高く、社会的反響が大きい」と判断した。9月7日に週刊ポスト、同20日に週刊現代の編集責任者を同庁本部に呼び、警告。その後、同様の写真は掲載されていないという。

 週刊ポスト編集部は「作品はロンドンのギャラリーに展示され、広く一般公開されている。表現活動のあり方を伝えるために掲載した」とコメント。週刊現代編集部は「コメントすることはない」としている。【黒田阿紗子】


<以下参考エントリー>
女性器の石膏型販売で書類送検 静岡市の介護施設職員の男(50)「自分よりうまい人間いない」 警視庁
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-30 05:31 | 箪笥 | Comments(0)

江頭2:50のピーピーピーするぞ!の出題問題 ネタ元記事!?

米法律 「女の絶頂時に射精禁止」「ヤマアラシとの性交禁止」
2010.09.27 NEWSポストセブン

 イタリア語通訳でエッセイストでもある田丸公美子氏によると、アメリカはダントツでトンデモ法律の宝庫なんだそうだ。
 
「ウイスコンシン州のある地域では、女性がオーガズムを感じている時に男性は射精してはいけません。オレゴン州においては、セックス中の言葉責めが禁止されているし、電気を消してセックスしなければいけないのがバージニア州です」

 テキサス州では、ペニスの形状に忠実な大人のオモチャが違法となり、「同性との常識を超える方法でのセックス」もNGだ。マサチューセッツ州のタクシードライバーは、交代勤務の間に前部座席でカーセックスをしてはいけないとされるが、この場合はゲイを対象に想定しているという。

 田丸氏は、トンデモ法律の根底に横たわるのが、実は敬虔かつ真摯なキリスト教的な宗教観だと看破する。

「ワシントンDCでは正常位以外でのセックスを禁止しています。これはイタリアの影響が色濃いですね。イタリアでは正常位を“ミッショナリー・ポジション”といって、子を成すという“使命を果たすための体位”だと重視しています。罪深くて地獄へ堕ちる体位もいくつかあり、一番悪いのは後背位だとされています。あんなのは動物のする体位で、人を獣におとしめてしまうというわけです」

 その関連なのか獣姦も重大な禁忌行為とされる。フロリダ州ではヤマアラシとの交合を禁止、ワシントン州でも、体重40ポンド(約18キロ)より大きな動物とセックスしてはいけない。だが、なぜゆえ40ポンドが基準なのか――これについて本誌も取材と調査を重ねたが、とうとう釈然とした理由はつかめなかった。

※週刊ポスト2010年10月1日号

(春之介のコメント)
トンデモ法律面白いね。

ただし、法律は、いろいろな段階があり憲法レベルのものから条例や規則の類まで・・・あるからね。

そして現在も通用しているのかまで踏み込んで検証しなければならない。

法律があっても、それを運用していないことがほとんどだから、トンデモ法律が六法全書のどこか片隅あってもおかしくない。

【ニコニコ動画】
アメリカにはこんな法律(条例)がある
http://www.nicovideo.jp/watch/sm896243
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-30 05:22 | 箪笥 | Comments(0)

輸入盤 アクサンチュス・スペシャル・ボックス

アクサンチュス・スペシャル・ボックス
Transcriptions 1 & 2: Requiem Sacred Night (4CD box)
e0151275_19143851.jpg

CD1 『アクサンチュス』~トランスクリプション集(V4947)
・バーバー:アニュス・デイ(弦楽のためのアダージョOp11を作曲者本人が編曲)
・マーラー:いかなるドイツの空も(原曲:交響曲第5番第4楽章アダージェット ジェラール・ペソン編1958年)
・バッハ:不滅のバッハ(原曲:甘き死よ来たれ BWV478 クヌート・ニーステット編)
・ショパン:ラクリモーサ(原曲:練習曲変ホ短調Op10-6 フランク・クラウチク編)
・ラヴェル:溜め息(クリュトゥス・ゴットヴァルト編)
・ヴォルフ:見捨てられた娘(クリュトゥス・ゴットヴァルト編)
・ヴォルフ:古い絵に(クリュトゥス・ゴットヴァルト編)
・ベルク:ナイチンゲール(クリュトゥス・ゴットヴァルト編)
・マーラー:私はこの世に捨てられて(クリュトゥス・ゴットヴァルト編)
・ドビュッシー:夕べの鐘(クリュトゥス・ゴットヴァルト編)
・ショパン:眠れ、幼子イエス(原曲:ピアノ・ソナタ第3番ロ短調Op58よりラルゴ フランク・クラウチク編)

CD2 『アクサンチュス』~トランスクリプション集2(V5048)
・冬(ヴィヴァルディ:『四季』より「冬」)
・リタニー(シューベルト:万霊節の日のための連祷D.343より)
・死の大地(プロコフィエフ:『アレクサンドル・ネフスキー』より)
・別離と忌避(マーラー:『若き日の歌』第12曲)
・温室にて(ワーグナー:『ヴェーゼンドンク歌曲集』より第3曲)
・葬送の歌(シューベルト:『死と乙女』)
・道しるべ(シューベルト:『冬の旅』より第20曲)
・夜と夢(シューベルト:『夜と夢』D.827)
・恋人の青い眼(マーラー:『さすらう若人の歌』より第4曲)
・贖罪の歌(詩篇88篇)(J.S.バッハ:フランス組曲第1番ニ短調BWV812よりサラバンド)
・バビロンの流れのほとりに(詩篇137篇)(J.S.バッハ:イギリス組曲第3番ト短調BWV808よりサラバンド)
・イェルサレム(詩篇122篇)(J.S.バッハ:パルティータ第1番変ロ長調BWV825よりメヌエットII)
・雪の上の足跡(ドビュッシー:前奏曲集第1集より第6曲)
・魅惑の笛(ラヴェル:歌曲集『シェエラザード』より)
・つれない人(ラヴェル:歌曲集『シェエラザード』より)
・If, like the moon(源為義の短歌/11世紀)(スクリャービン:24の前奏曲op.11より第13曲)
・The Moon Appears(サッフォーの詩)(スクリャービン:3つの小品op.45より「アルバムの綴り」)
・眠りの森の美女のパヴァーヌ(ラヴェル:『マ・メール・ロワ』より第1曲)
・妖精の園(ラヴェル:『ラ・メール・ロワ』より第5曲)

CD3 『フォーレ:レクィエムOp.48(1893年版)、ラシーヌの賛歌Op.11』
フォーレ:
・レクィエム op.48(1893年版)
・ラシーヌの賛歌 op.11

 サンドリーヌ・ピオー(ソプラノ)
 ステファン・デグー(バリトン)
 アクサンチュス
 フランス国立管弦楽団のメンバー
 ロランス・エキルベイ(指揮)

CD4 『きよしこの夜~アクサンチュス・クリスマス・アルバム』(V5216)
・パッヘルベル:カノン
・バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
・バッハ:歓呼の声を放て、喜び踊れ(クリスマス・オラトリオより)
・バッハ/グノー編:アヴェ・マリア
・ブクステフーデ:アレルヤ
・ヘンデル:ひとりのみどりごがわれわれのために生れた(メサイアより)
・ヘンデル:ハレルヤ(メサイアより)
・サン=サーンス:ベネディクトゥス(クリスマス・オラトリオより)
・フランク:パニス・アンジェリクス
・モーツァルト:アレルヤ(エクスルターテ・ユビラーテより)
・ビゼー:ファランドール(組曲『アルルの女』より)
・Mオー・ホーリー・ナイト(さやかに星はきらめき)
・三人の天使(クリスマス)
・きよしこの夜

 アクサンチュス
 コンチェルト・ケルン
 ロランス・エキルベイ(指揮)

カタログNo :V5248
レーベル : Naive
発売日 : 2010年12月21日
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-29 19:15 | 音楽 | Comments(0)

〈公益法人〉国家資格や検査・検定に総務省が実態にメス 手数料値下げしない、講習で使わぬテキスト販売も

講習で使わぬテキスト販売も 国家資格や検査・検定 
2010年12月28日 共同通信

 国家資格や各種検査・検定を実施する公益法人などをめぐり、実際には講習で使わないテキストを受講者に買わせたり、多額の内部留保を蓄積しながら手数料を下げないなどのケースがあるとして、総務省は28日、関係省庁に自主的な改善を求めた。

 公益法人をめぐっては、天下り役員が高い報酬を得るなど高コスト構造に批判が続出。総務省は高すぎる受験料などの負担軽減のため7月から調査に入り、28日に中間報告を発表した。今回は問題のある資格や検査の具体名を明らかにせず、来春にまとめる予定の最終報告に盛り込む。

(春之介のコメント)
テキストの改定は仕方ないにしても、少しの変更でも買わせるのは時代遅れ。

もはや法令改正などはネットで調べられるし、分かりにくいテキストよりもすっきりと誰かがまとめてくれていたりする。

問題は、テキストが高額であることと内容がないことだろう。

主催する団体にとっては大打撃かもしれないが、もはや、それが許されない時代なのだろう。

資格の質を維持するには、たゆまぬ研鑽が必要であり、主催団体は情報提供を無料で実施することで質の維持・向上を図ることが仕事だろう。

テキスト・受験料収入を目当てにした天下り団体はいらない。
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-29 14:38 | 生活 | Comments(0)

年末恒例!ベートーヴェン交響曲全曲生演奏会 今年はネット中継もあり!! ロリン・マゼール指揮

マゼールの「ベートーヴェンは凄い」がネットで生中継
2010年12月27日 CLASSICA

●もはや恒例となった今年の大晦日のあれ。「ベートーヴェンは凄い!全交響曲全曲演奏会」であるが、今年は大巨匠ロリン・マゼールが来日して岩城宏之メモリアル・オーケストラを振る。それだけでも十分驚きなのであるが(マゼールってもう80歳っすよ)、さらなるサプライズが。なんと慶應義塾大学がこれをネット配信してくれるんである。全曲を3D、高品質映像&音声で、PC、3Dディスプレイ、モバイルなど様々なデバイスで視聴可能な形で配信する。「学部研究科横断型研究・教育プログラムの一環として」行なわれるということなのだが、それを大晦日にやってくれるというのがすばらしすぎる。ベートーヴェンも凄いがマゼールも慶応も凄い。

「ベートーヴェンは凄い!全交響曲全曲演奏会」

(春之介のコメント)
一度体験してみたいのが、全曲演奏会。

フルマラソンだから、応援しがいがある。

マゼールは日本で年越し・・・日本好きだね。060.gif


〈以下引用〉
雑記帳:80歳の巨匠が大みそかに「振るマラソン」
2010年12月29日 毎日新聞

 世界的指揮者ロリン・マゼール氏が、東京文化会館(台東区)で大みそかにある恒例のベートーベン全交響曲連続演奏会で初めてタクトを振り、その姿が高音質の3D映像でネット配信される。
e0151275_462526.jpg

 「世界中の人に聴いてほしい」とのマゼール氏の思いを受け、コンサートを企画する三枝成彰氏が慶応大学に技術面について相談。動画サイト「Ustream」で配信されることになった。

 午後1時開演。休憩を挟み、交響曲第1番から第9番まですべての演奏を終えるのは同11時40分の予定。80歳の巨匠が「振るマラソン」に挑む姿を、リアルタイムで“観戦”できる。【永尾洋史】

【プログラム】
パート I - 13:00 開演
交響曲第1番
交響曲第2番
- 休憩 -

パート II - 15:10 開演
交響曲第4番
交響曲第3番
- 休憩 -

パート III - 17:50 開演
交響曲第6番
交響曲第5番
- 休憩 -

パート IV - 20:15 開演
交響曲第8番
交響曲第7番
- 休憩 -

パート V - 22:25 開演
交響曲第9番

(春之介の追加コメント)
USTREAM最大瞬間視聴者数は、最後の第9演奏時点で、最大5962に達した。
e0151275_14241687.jpg

最後には許容量限界に達したようで、回線が繋がりにくくなっていたようだ。

誰もが、実況中継につぶやきながらの鑑賞となって新鮮だとコメントしていたのが印象的だ。

聴きどころは、第3番のティンパニ・・・第6番では、とても響きが豊かなサウンドでした。

第7番が、マゼールらしさを出したい曲だったようです。

植松 透(NHK交響楽団ティンパニ)、がんがんやってくれた。016.gif

少し探したけど、現役マゼールってCD全集あるのかなぁ。

私としては、マゼールにはベートーヴェンが似合わないと感じた。

彼の場合は、Rシュトラウスの管弦楽曲とか機動的な曲が似合うのだ。

それにしても、NHK交響楽団員を主体にしたオーケストラが本気度を出してくれたが、普段の定期演奏会でもその気になってほしいね。

とにかく、マラソン完走、伴走できてよかった。024.gif

なお、2010年12月31日の演奏会の模様はスカパー!でハイビジョン独占放送!されたが、再放送が2月頃に予定されている。

e0151275_1813482.jpg

e0151275_20521654.jpg

e0151275_2310312.jpg

e0151275_20523144.jpg

e0151275_2052484.jpg

e0151275_23185674.jpg

e0151275_23574943.jpg

e0151275_2319347.jpg

e0151275_22394389.jpg

e0151275_23183914.jpg

e0151275_23201248.jpg

[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-29 14:26 | 音楽 | Comments(0)

指揮者 アンドリス・ネルソンス

e0151275_1345153.jpg

Andris Nelsons

2008年よりバーミンガム市交響楽団の音楽監督


Carmen Vienna 2010 Adris Nelsons
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-29 13:45 | 音楽 | Comments(0)

画像 白うさぎ 干支

e0151275_13234282.jpg

白うさぎ巨大絵馬…縁結びの神社で迎春準備
2010年12月29日 読売新聞

出雲大社巌分祠に登場した大絵馬(京都府与謝野町で)
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-29 13:23 | 箪笥 | Comments(0)