<   2009年 11月 ( 570 )   > この月の画像一覧

ヤクルト、おいしい昆布だよ!

薄すぎて美味すぎる! ヤクルト商事の衝撃昆布
2009年11月30日 excite

向こうの文字が透けて見えるほど、衝撃の薄さです。
先日、いただきもので口にした味つきの昆布に衝撃を受けた。その名も「おいしい昆布だよ!」。

新聞にのせると文字が透けて読めるほど、薄くてペラペラ。手にとった感触は、まるで薄く固いプラスチックフィルムのようで、「これが昆布?」という違和感がある。
さらに、舌に触れた食感もやっぱりフィルムのようだが、口に入れた途端、昆布のやさしい風味と絶妙な甘さが口中に広がる。
「なんだ、このギャップ感!?」驚きを確かめるべく、もう1枚また1枚……と、いつの間にかなくなっていた。不思議なほどの「止まらない」感である。

厚く噛みごたえのある固いおやつ昆布とも、やわらかい酢昆布とも全く別モノで、調べてみると、ネット上にもこの商品を一度食べてハマッてしまった人のブログや、「どこで買えるのか」といった質問などが多数見られた。

販売者は「ヤクルト商事」。やっぱりヤクルトレディさんに来てもらわないと入手できないの? ヤクルト商事に問い合わせたところ、やはりヤクルトレディから買える商品。スーパーなどで見かけることはまずないという、知る人ぞ知る人気商品だった。
ヤクルトレディが扱う商品は、全国に約120ある販売会社それぞれで決めて仕入れるシステム。この商品に関しては、約80の販売会社で取り扱っているという。

1袋30g入りで、3袋入り1セット(税込980円)。ヤクルトレディに注文して1セット(場所によっては1袋)から購入できる。

担当者は「問い合わせはかなり多いです。取り扱いがない地区では、『地方に行ったときにもらったけど、どこで買える?』と問い合わせしてくる方もたくさんいらっしゃいます。また、東京のある販売会社で『あまりにも問い合わせが多いから』ということで取り扱うことになったケースもあるんですよ」と話す。

では、最寄りの販売会社で取り扱っていない場合はどうすれば……。
「最寄りの販売会社に確認していただいても取り扱いがない場合は、こちら(ヤクルト商事:03-3578-3581)にお問い合わせいただければ、直接3セット(9袋)から送ることもできます(運賃別途)。そのほか、最寄りの販売会社の連絡先を知りたい場合もお調べいたします」
少量からのお届けができないにもかかわらず、その場で注文する人も多いとか。

「薄さ」の秘密は……。
「詳しくは企業秘密ですが、国内産の昆布の中でも昆布が厚くなる前の『一年物』の若くて柔らかい生昆布を使用した『昆布そのもの』の薄さです」
気になった人は、まずは最寄りの販売会社にお問い合わせを。
(田幸和歌子)
e0151275_1174435.jpg

(春之介のコメント)
広告だ~。

ヤクルト定期購入していないから、買えない。

企業秘密とか、いいな。デフレでも売れるもの。

それにしても通販は通常していないというから、凄いね。

ヤクルトおばさんに、、、おっと

ヤクルトレディにも注目しようっと…016.gif
[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 11:09 | 生活 | Comments(0)

内田光子ピアノ・リサイタル

皇后さまがピアノリサイタルをご鑑賞
2009.11.24 産経ニュース

 皇后さまは24日夜、東京都港区のサントリーホールで、「内田光子ピアノ・リサイタル」を鑑賞された。皇后さまは、クラシック界で世界的な名声を得ているピアニストの熱演に、客席から盛んに拍手を送られていた。
 内田さんはロンドンなど海外を拠点に活動しており、サントリーホールによると、日本での公演は約3年ぶり。この日はシューマンの曲などを独奏した。
e0151275_104078.jpg

e0151275_1041123.jpg
                           
(春之介のコメント)
この演奏会を聴きに行っていた久米宏さんによれば、事前に知られていなかったようだ。

彼は、内田のピアノに惚れ込んで、このプラチナチケットを入手したという。

内田は、全国で3か所しか公演しないという。貴重なライブだ。

皇后さまが、拍手を止めないので会場にいた人は拍手を続けたそうだ。

内田も、それに応えて2曲のアンコールをした。

内田も歳をとったなぁ。

こころを離さないピアノの演奏を聴きたいなぁって感じた。001.gif
[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 10:05 | 音楽 | Comments(0)

「がんばれ」という言葉

励ましが力になる人もいる

・うつ状態の人を励ましてはいけないという常識がある

認知度が上がってきたために、良く知られてきた。

これは、真面目人が根つめ過ぎて脳がダウンしているにもかかわらず

なお頑張ろうとし、さらに脳を酷使するといったことを防止する意味がある。

ただ、そこには相手との信頼関係が重要。

春之介の場合も、うつ状態の知識ない人から励まされたときに

その気持ちを受け取りたいと感じ、余分なプレッシャーは感じなかった。

かえって、ありがたいと思った。

このように本気で自分のことを思ってくれると思うと安心できるものだ。
[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 09:49 | 躁鬱 | Comments(0)

オカルト徹底批判

オカルト徹底批判 (朝日ワンテーママガジン 28)

呉 智英 / 朝日新聞社出版局


(春之介のコメント)
少し出版されてから時間が経過してしまったが、内容的には古くない。

オカルト番組が周期的に跋扈するのが日本なのであり、免疫を持たない人たちには感染しやすい。

神秘的なことはあるに違いないにしても、それを批判的・科学的な目で検証することは有意義なことなのだ。

なぜなら、目の前でマジックを見せられてもビックリするのが人間の知覚の限界なのだから。

騙されやすい人は多数存在し、食いものにされるのが世の中の常識。

朝日新聞というところのムックであることも意義がありそう。

ただし、もう品切れのようだから残念だ。

おすすめ度 ★★★★☆
[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 09:34 | 書庫 | Comments(0)

シンクタンクの仕事術

シンクタンクの仕事術 別冊宝島149

宝島社


[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 09:30 | 書庫 | Comments(0)

東大さんがいく!

東大さんがいく!―〈天才+秀才+神童〉たちの、今そこにある危機! (別冊宝島 (381))

宝島社


[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 09:29 | 書庫 | Comments(0)

自殺したい人びと

自殺したい人びと―青木ケ原の「ぶら下がり」から「青酸カリ宅配事件」関係者、人格障害=ボーダーラインまで!! (別冊宝島 (445))

宝島社


[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 09:29 | 書庫 | Comments(0)

「ココロの薬」とつきあう本

「ココロの薬」とつきあう本―安定剤飲みますか?仕事やめますか? (別冊宝島 (432))

宝島社


[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 09:28 | 書庫 | Comments(0)

精神病を知る本

精神病を知る本―狂気と理性をめぐるあなたのまなざしが変わる (別冊宝島 53)

宝島社


[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 09:28 | 書庫 | Comments(0)

実録!サイコさんからの手紙

実録!サイコさんからの手紙―ストーカーから電波ビラ、謀略史観まで! (別冊宝島 (356))

宝島社


[PR]
by negitoromirumiru | 2009-11-30 09:27 | 書庫 | Comments(0)