NML 風の抱擁 - ネイティヴ・アメリカン・フルートのための室内楽(ジェイムズ・J・ペレリット)

ネイティヴ・アメリカン・フルート(Native American Flute)という表記があり、ジャケットには縦笛の写真。

THE NATIVE AMERICAN FLUTE IS SHOWCASED IN NEW WORKS BY AMERICAN COMPOSERS.
e0151275_2485588.jpg

Captivated by the sound of the native American flute, virtuoso flutist James Pellerite has virtually single-handedly reinvented the playing of the instrument by commissioning dozens of composers to write for it. The resulting new works have challenged Pellerite to develop new techniques for the instrument. His legacy is therefore both an entire body of literature for the instrument and the development of techniques necessary to perform the music. Former principal flutist of the Philadelphia Orchestra, Pellerite has also had a long and distinguished career as Professor of Flute at Indiana University. This recording showcases the native American flute in a range of contemporary styles by eight composers, performed by the man who re-imagined the instrument.

フィラデルフィア管弦楽団首席フルート奏者ジェイムズ・J・ペレリットは、その後、音大教授を経て、どのようにたどり着いたかは分からないが、当然に笛に対しての興味があるのだろう。

調べてみると、以下のフルート運指表が現代でもモダン・フルート奏者には欠かせない本のようだ。

Pellerite,J.J.; A Modern Guide to Fingering for the Flute.
Revised, Greatly Enlarged 2nd Edition (Flute Studies) c1964,
c1972, c1988 (Alfred)
e0151275_2483252.jpg

ペラライト:フルートのモダンフィンガリング(フルート運指事典)

フィラデルフィア管弦楽団の首席奏者だったジェイムズ・ペラライトによる、通常の運指からトリル、トレモロ(3度からオクターブ)、四分音、重音などを扱ったフルート運指表の定番。日本版は絶版ですが、原著は引き続き販売されています。
e0151275_2481890.jpg

【商品名】最新 フルートのモダン・フィンガリング
 -基本・トリル・ハーモニクス・トレモロ・替え指・1/4音階・重音-
【著者名】James J. Pellerite著 佐々木真訳 吉田雅夫監修
【発行元】パイパーズ
【刊行年】昭和49年

この笛の響きだが、最初の印象はオカリナのような感じがした。

このCDに入れられた曲は、古代からの伝承曲ではなくて作曲家が楽器のために作ったものだろう。

NMLには6枚のペレリット演奏が入っている。

こうした音楽は土地のものであるから、アメリカの平原で暮らしながら聴くとまた違った思いになるのかもしれない。


MARILYN BLISS: "Spirit Dance" for Native Flute and Maracas


<以下関連>
ネイティブアメリカンフルート奏者、
Mark Akixaの日常と非日常 Wind Walker  http://ameblo.jp/markakixa
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-08-22 02:49 | 音楽 | Comments(0)


<< 日本のギャンブル依存536万人... 「Ice Bucket Cha... >>