NML ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番, 第3番(グートマン・トリオ)

ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番, 第3番(グートマン・トリオ)
BRAHMS, J.: Piano Trios Nos. 1 and 3 (Gutman Trio)
http://apl.ml.naxos.jp/album/BC94474

(春之介のコメント)
このブラームスとメンデルスゾーンのピアノトリオに大きな思いがある。

それは以前、NHKで放送されたアイザック・スターンが宮崎国際音楽祭で行った公開レッスンのドキュメントである。

ネット上で言及する人は少ないが印象深い番組であったことと後にビデオ化!?されているようだ。

技術的には高い人たちが、スターンらの助言で数日のうちにさらに何かを得て音楽が大きく変わっていくのだ。

それは楽譜をきちんと読みなさいということではない何かであり、それをつかむことが生き生きとした演奏につながっていく。

そしてさすがなのは講師たる高齢のスターンらの演奏が、受講者らの演奏を凌駕していることだ。

これらのピアノトリオを、いろいろな演奏で聴くときに、このレッスンの光景が浮かんでくる。

それは感動して演奏し楽しんでいるのかと演奏者に問いかけてくる。

こうした演奏レベルの高い人たちだが、人格も併せ持っているかということが大事であり、多くは自分の技術に酔い信奉者で周りを固めて裸の王様に居座る方が多いのだ。

髙い人格を有し教育にも思いを致す演奏家との出会いでできた受講者は幸せだろう。

そのスターンにしても、カザルスなどとの共演をしながら多くを学んだに違いないのだから。


<以下参考>
心で奏でるメロディー
~アイザック・スターンと若者たち~

1999年11月3日 NHK総合

今年5月、宮崎でクラシック界の巨匠アイザック・スターンによる公開レッスンが行われた。参加したのは日本・韓国・中国の次代を担う若き演奏家たち。5日間のレッスンの模様を描いていく。
語り:上田早苗

<以下参考ブログ>
宝物 2 ~アイザックスターンからもらったもの~ 
Violinist 島田真千子 ~音楽家の気持ち~

「NHKTV 心で奏でるメロディー アイザックスターンと若者たち」鑑賞記
早稲田大学鋳物研究所スキー部長の日記

Crescendo Vol.103 宮崎県立劇場情報誌 PDF
コラム心の格闘技 宮崎県立劇場理事長 青木賢児
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-07-03 16:59 | 音楽 | Comments(0)


<< 見仏記 NML ドビュッシー:ピアノ・... >>