NML ノヴァーク:弦楽四重奏曲第1番, 第2番(シレジアン弦楽四重奏団)

ノヴァーク:弦楽四重奏曲第1番, 第2番/スリー・ピースフル・ストリート
NOWAK, A.: String Quartets Nos. 1 and 2, "Little Commentary for the 25th Anniversary of Pro Novum" / 3 Peaceful Street (3x4+8)
http://apl.ml.naxos.jp/album/CDAccordACD180

(春之介のコメント)
弦楽四重奏は印象深い響きが残る、作曲家のカラーが出ている。

クアンテンポレッテという曲は、クラリネット、トロンボーン、チェロ、ピアノという編成の四重奏曲。

演奏するのは難しそうだ。

全体にちょっと音量を絞って聞き流していく。

今回は絶対に買わないだろうものを試しに聴いてみた。

先入観がないと現代曲も頭が痛くないし、それでも何か印象に残るようだ。

弦楽四重奏曲第2番 「リトル・コメンタリー - プロ・ノヴムの25周年記念のために」のプロ・ノヴムというのは企業名のようだ。

3 Peaceful Street は8人のチェロ(Warsaw Cellonet Group)で演奏しているものと思われる。


Aleksander Nowak  http://www.aleknowak.com/
e0151275_111829100.jpg

Pro Novum  http://www.pronovum.pl/
[PR]
by negitoromirumiru | 2014-04-28 11:16 | 音楽 | Comments(0)


<< 消費税増税で介護保険事業者の事... NML リムスキー=コルサコフ... >>