演奏家 ヴェンツェル・フックス(クラリネット)

e0151275_11195245.jpg

Wenzel Fuchs

【プロフィール】
 オーストリア、インスブルック生まれ。インスブルック音楽院にてヴァルター・ケファー教授に師事。その後ウィーン音楽院でペーター・シュミードル教授に師事し、最優秀の成績で卒業。

オーストリア政府学術芸術協会より名誉賞を受ける。また、“ユーゲント・ムジツィールト”(若者の為のコンクール)で入賞。学生時代には、ウィーン国立歌劇場管弦楽団及びウィーン・フィル等、ウィーンを拠点とする全てのオーケストラの公演に参加。19歳でウィーン・フォルクスオーパー、5年後ウィーン放送交響楽団でのソロ奏者を経て、1993年よりベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ソロ奏者として活動。同管弦楽団のオーケストラ・アカデミーでインストラクターをしている。

作陽大学客員教授で、日本、欧州、米国において定期的にマスタークラスを開催。ウィーン生まれならではの深みのある柔らかな音色、奏法と、最強集団ベルリン・フィルの首席を務める圧倒的技量を兼ね備えている希有のプレイヤー。ソリストとしても多くのオーケストラと共演するほか、「ベルリン・フィルハーモニー木管八重奏団」など複数のアンサンブルのメンバーとしても活動している。



Rhapsodie for Clarinet (Debussy)
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-09-04 11:19 | 音楽 | Comments(0)


<< 山口福祉文化大学 東京サテライ... 演奏家 橋本杏奈(クラリネット) >>