演奏家 清水真弓(トロンボーン)

e0151275_1830123.jpg

Shimizu Mayumi

Trombone Mayumi Shimizu  http://www.mayumi-shimizu.com/
Mayumi's Blog♪  http://blog.mayumi-shimizu.com/

清水真弓プロフィール
神奈川県生まれ。2009年よりオーストリア、リンツ・ブルックナー管弦楽団首席トロンボーン奏者。
南西ドイツ放送交響楽団首席奏者オーディション合格。12年秋より南西ドイツ放送交響楽団の首席トロンボーン奏者を務めることが決まっている。

10歳よりトロンボーンを始め、春山和雄・三輪純生の各氏に師事。00~04年、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ在籍。慶應義塾大学理工学部卒業後、同大学大学院在学時に半年間オーストリア、ウィーンにヴァルター・フォグルマイアに師事したことをきっかけに、ドイツ留学に至る。

05年よりフライブルク音楽大学にてブラニミール・スローカーに師事。07~09年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「カラヤン・アカデミー」にて主席奏者クリストハルト・ゲスリングに師事。第12回日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位、ドイツ・ワインガルテン音楽祭トロンボーンコンクール第1位をはじめ内外の国際コンクールで入賞。

これまでにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン国立歌劇場、ベルリン放送交響楽団、ベルリン・ドイツ・オペラなどで演奏。ソロ・室内楽・オーケストラと幅広く活動を行っている。


NHKリサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1.自分の楽器の好きなところは?
 音。あたたかさ、艶、荒々しさなど、幅広い音色を出せるところ。

2.一番好きな作曲家、好きな曲は?
 マーラー、ブラームス、シューマン。
 アンリ・トマジなど、フランス系の作曲家も好き。

3.演奏していて「幸せ!」と思う瞬間ってどんな時?
 ベルリン・フィルで小澤征爾さんの指揮で演奏をしたときは、会場にあふれる感動の中に自分がいる、ということに思いがこみ上げた。

4.音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
 パイロット、医者など。

5.携帯電話の着メロは?
 黒電話。

6.○○マニアという言葉に自分を当てはめると、貴方は何マニアでしょうか?
 トロンボーンマニア。同僚から「トロンボーンだけが人生じゃないよ!」と言われたことも。

7.世界で一番美しいと思う物、事、それは何でしょうか?
 大自然の風景。


<以下追加引用>
【清水真弓(トロンボーン)】
2012年秋より現在、南西ドイツ放送交響楽団首席トロンボーン奏者。

 神奈川県出身。10歳よりトロンボーンを始め、春山和雄・三輪純生の各氏に師事。慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業。同大学大学院在学時、半年間のオーストリア、ウィーン留学をきっかけに、音楽・トロンボーンの道を決意、ドイツ留学に至る。

 フライブルク音楽大学(ドイツ)、ベルン芸術大学(スイス)にてブラニミール・スローカーに師事。また、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「カラヤン・アカデミー」に所属(日本人初トロンボーン)、首席奏者クリストハルト・ゲスリングに師事。

 2009年オーストリアで初の女性首席トロンボーン奏者として、リンツ・ブルックナー管弦楽団に就任、2012年に南西ドイツ放送交響楽団に移籍。トロンボーン独奏では、ドイツ・ワインガルテン音楽祭トロンボーンコンクールにて第1位、グダニスク国際金管楽器コンクールにて第1位受賞を初め、数々の国内外コンクールで受賞。2012年オペラシティB-Cシリーズリサイタルを行い、好評を得る。

 オーケストラ活動としてはこれまで、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・ドイツ・オペラ、サイトウ・キネン・フェスティバル・オーケストラなどで演奏。ソロ・室内楽・オーケストラと幅広く活動を行っている。(CRYSTON)
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-05-07 18:30 | 音楽 | Comments(0)


<< 「大阪維新の会」の市議団が作っ... 児童養護施設 退所者の実態報告... >>