演奏家 エンリコ・ディンド(チェロ)

e0151275_923635.jpg

Enrico Dindo

 ミラノ・スカラ座管弦楽団の首席奏者からソリストへと転身し、ロストロポーヴィチから大絶賛されたエンリコ・ディンドは、2012年2月のNHK交響楽団定期演奏会でもノセダとのコンビでショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第2番が予定されています。

ショスタコーヴィチ:
・チェロ協奏曲第1番変ホ長調 Op.107
・チェロ協奏曲第2番ト短調 Op.126

 エンリコ・ディンド(チェロ)
 デンマーク国立交響楽団
 ジャナンドレア・ノセダ(指揮)
e0151275_922107.jpg

- 第1723回N響定期公演 -2月22~23日

「チェロ協奏曲 第2番 作品126」 ショスタコーヴィチ作曲
(チェロ)エンリコ・ディンド
「交響曲 第3番 イ短調 作品44」 ラフマニノフ作曲

(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)ジャナンドレア・ノセダ
[PR]
by negitoromirumiru | 2012-02-22 09:23 | 音楽 | Comments(0)


<< 在宅医療・介護推進プロジェクト... ユニバーサルデザインフードとは... >>