作曲家 ペレ・グズモンセン=ホルムグレーン

e0151275_10182964.jpg

Pelle Gudmundsen-Holmgreen (1932-)

 ストラヴィンスキー、バルトーク、ヒンデミットの音楽に影響された初期、セリアリズムの時代を経て、寡黙、簡潔な "ニュー・シンプリシティ" のリーダーと見なされるようになりました。不条理の表現としての "反復" も彼の音楽の特徴のひとつとされます。バロック音楽、ジャズ、教会の単旋聖歌、生活音と騒音など、さまざまな要素が彼の音楽に反映。彼の作品には、ペシミズムやサミュエル・ベケット流のブラックユーモアの表現が見られることも指摘されています。
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-03-18 10:20 | 音楽 | Comments(0)


<< 演奏団体 アルス・ノヴァ・コペ... Plaatpaal グズモンセ... >>