演奏家 内山洋(クラリネット)

e0151275_246549.jpg

内山洋氏(クラリネット奏者)が死去
2011年1月8日 読売新聞

 内山洋氏(うちやま・ひろし=クラリネット奏者)7日、胃がんで死去。67歳。告別式は11日午前10時、横浜市青葉区美しが丘2の21の4公益社会館たまプラーザ。喪主は妻、恵子さん。

 NHK交響楽団首席クラリネット奏者を務め、2000年に有馬賞を受賞。退団後は東京音大で後進を指導した。

(春之介のコメント)
一世代前のNHK交響楽団の顔の一人。


〈以下引用〉
内山洋氏死去 クラリネット奏者
2011年1月7日 時事通信

 内山 洋氏(うちやま・ひろし=クラリネット奏者、東京音楽大教授)7日午後0時45分、胃がんのため死去、67歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は11日午前10時から横浜市青葉区美しが丘2の21の4、公益社会館たまプラーザで。喪主は妻恵子(けいこ)さん。
 
Profile
国立音楽大学卒業と同時に首席奏者としてNHK交響楽団入団。N響の定期公演はもとより国内、海外公演にもソロクラリネット奏者として数々の演奏会に参加。
2000年、NHK交響楽団に多大な功績を残したものに贈られる有馬賞を受賞。
2003年オーケストラを退団。現在東京音楽大学にて後進の指導に当たっている。
[PR]
by negitoromirumiru | 2011-01-08 02:48 | 音楽 | Comments(0)


<< 新年訓示で有給休暇取得促進、厚... 私たちの望む医療的ケア12.2... >>