作曲家 ハンス・オッテ

e0151275_9212080.jpg

Hans Otte (1926-2007)

Hans Otteは20世紀ドイツの現代音楽家。メロディはほとんど強調されずに、コードだったり、アルペジオだったり、やや明るめな、時にやや暗い音のかたまりの色彩として、時間軸に沿って表情を変えながら耳の中に入ってくる、というイメージの曲が多いです。静かな部分もフレーズやコードの反復で聞かせている感じ。


Book of Sounds Part II
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-12-13 09:21 | 音楽 | Comments(0)


<< Plaatpaal オッテ:響きの書 600万人の高齢「買い物弱者」... >>