医学部の地域枠、16大学定員割れ…読売新聞調査

医学部の地域枠、16大学定員割れ…読売調査
2010年8月17日 読売新聞

 地域の医師不足解消を目的に、ここ数年急増した医学部の地域枠が、16大学で2010年度、定員割れだったことが読売新聞の調べでわかった。

 地域枠全体の定員から見ると9割以上確保できたが、地域によって明暗が分かれた。

 地域枠は主に、地元出身者を対象に推薦などで選抜し、奨学金と引き換えに一定期間の地域勤務を義務づける場合が多い。文部科学省によると、07年度には79大学中21大学(定員計173人)だったのが、地域の医師確保策として、10年度には(入学後に希望者を募る方式も含む)65大学(同1076人)に急増。医学部の全入学定員(約8800人)の1割以上を占める。

 調べでは10年度、16大学で募集定員に満たず、不足分は計80人だった。不足分は一般枠の合格者を増やすなどして対応していた。長崎大では5人の地域枠に3人しか志願がなく、合格者はゼロ。宮崎大では10人の枠に24人が志願したが、センター試験の成績が合格ラインに達せず、合格者は2人だった。定員通りの合格者を出したが、入学を辞退され結果としてゼロという大学があったほか、定員には達したものの、合格後に奨学金を辞退した例のあった大学が複数あった。

 入学定員(約110人)の半分近くを地域枠に充てている旭川医大は、募集50人に合格者は22人だった。吉田晃敏学長は「地域枠は、地元の学生を大切にしているメッセージとして意義がある。今後も続けたい」と、11年度から合格基準を引き下げて確保に努める考えだ。

 医学教育に詳しい平出敦・近畿大医学部教授は「入学前に地域勤務を約束させるより、入学後に地域の現場を体験させて、希望者を育てることが大切ではないか」と指摘している。

(春之介のコメント)
地域枠と一般というものがあるのは知っていたが、定員の1割になっているとは驚きだ。

それにしても、地域枠受験者の学力が低いということは問題であり入学後の勉学についていくことができるのだろうか。

成績優秀じゃない人が医学部に入る道となってはいけない。

そもそも地域枠などを作らないと僻地医療ができないということで、医師本来の養成そのものに問題があると感じる。

医師にも職業選択の自由があり、どこで何をしても良いという考え方には違和感を感じる。

公共性の高い仕事だけに、私的な関心のみで行動する医師たちを養成する意味があるのであろうか!?

専門医ばかりが必要なのではない、地域で何でも相談できる家庭医の養成が図れることを期待したい。
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-08-22 00:44 | 福祉 | Comments(0)


<< BBC Proms 2010 ... <日本戦災遺族会>33年の歴史... >>