演奏家 ダヴィッド・ワルター(オーボエ)

e0151275_20232356.jpg

David Walter

■ダヴィッド・ワルター プロフィール

1958年、パリ生まれ。オーボエと室内楽でパリ国立高等音楽院の一等賞を得たのち、アンコーナ、プラハ、ミュンヘン、ベオグラード、そしてジュネーヴの五大国際コンクールで入賞する。
室内楽の分野では、モラゲス木管五重奏団の創設時(1980年)からのメンバーとして活動を続けている。そしてこの五重奏は、ヌーヴェル・アカデミー・ディスク賞のグランプリを得て、またムジーククラシックの大賞にもノミネートされた。これまでに、S.Richter、C.Zacharias、M.Dalberto、マンフレッド&パリッシ四重奏団他と共演している。
ダヴィッド・ワルターは弱冠29才の時に、史上最年少でパリ国立高等音楽院のオーボエと室内楽の教授に就任。同時にギルドホール音楽院の後進の指導にあたり、その他世界各地で数多くのマスタークラスも行っている。
また、オーボエのレパートリーの拡大にも多大な貢献を果たしており、編曲家としてこれまでに300曲以上の作品を提供し、それらの多くは今日オーボエのレパートリーとして大変良く知られている。
そして、新曲の開発にも情熱を注いでおり、Gilles Raynal、Hristo Yotsov、そしてThierry Escaichら若手作曲家の作品を取り上げ、自身もオーボエのための作品を作曲している。
e0151275_20243510.jpg

Le Hautbois inédit

Ravel, Sonatine
Debussy, Rhapsodie
Fauré, Après un rêve
Raynal, Sonate
Kabalewsky, Pièces pour enfants
Schubert, Impromptu
Savoye, Sonate

David Walter, hautbois
Yuki Nakajima, piano

Ref. POL 170 418
Durée : 63'
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-07-04 20:25 | 音楽 | Comments(0)


<< 伊ラヴェッロ・フェスティバルで... 画像 金管楽器の使い方!? >>