演奏家 シャロン・ベザリー(フルート)

e0151275_16255281.jpg


Sharon Bezaly encores March 13th 2008 in Lahti

◆プロフィール

「私のフルート作品《ソロIII》を、シャロン・ベザリーが演奏するのを初めて聞いた時、奇蹟の存在を経験したと思った。シャロン・ベザリーはこれまで聞いたことのない素晴らしいフルーティストである。」カレヴィ・アホ(フィンランドの著名な作曲家の一人)

 シャロン・ベザリーはドイツの権威ある「クラシック・エコー誌」から2002年の最優秀器楽奏者に選出された。またカンヌ・クラシック賞のヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー2002/3を受賞。スウェーデンのレコード会社BISとの独占契約により素晴らしいフルート作品を次々に録音するというまたとない機会に恵まれ、そのCDはディアパゾン金賞(ディアパゾン誌)、モンタの星賞(フォノフォルム誌)、推薦(レパトワール誌)、推薦(CDコンパクト誌)、BBCミュージック・マガジン5つ星、東京・レコード芸術特選盤などを受賞した。
  オーレル・ニコレの教えを受けた完璧な循環呼吸法を駆使して、ベザリーは木管楽器としてのフルートの限界を乗り越え新しい音楽演奏のピークに到達することが出来た。それはあらゆる色彩と感情を巧みに表現するもので、ドイツの新聞アルゲマイネ・ツァイトゥング紙はベザリーをオイストラフやホロヴィッツと並ぶ大家と位置付けている
  ベザリーは11歳でフルートを始め、14歳のときズビン・メータ指揮イスラエル・フィルと共演してソリスト・デビューした。ジャン=ピエール・ランパルの助言によりパリ高等音楽院に学び、アラン・マリオン、レイモン・ギオ、モーリス・ブールジュらに師事して研究を重ねフルートおよび室内楽演奏で1等賞を獲得して卒業した。
   この後ベザリーはシャンドール・ヴェーグの招請を受けて第1フルートとしてカメラータ・アカデミカ・ザルツブルクに参加、ヴェーグの亡くなった1997年までこのポジションを務めた。
  ソリストとして共演したオーケストラは、東京フィル、BBCウェールズ、シンガポール響、中国国立響、バーデン・バーデン/フライブルクSWR響、イギリス室内管、ウィーン室内管、カメラータ・アカデミカ・ザルツブルク、ミュンヘン室内管など、登場したホールもウィーン・ムジークフェライン、パリ・シャトレ劇場、ケルン・フィルハーモニー、ストックホルム・コンツェルトハウス、プラハ・ルドルフィヌム、東京サントリー・ホールなど超一流が並ぶ。
  室内楽奏者としてはギドン・クレーメル、バルトーク四重奏団らと、キッシンガーの夏音楽祭、ロッケンハウス音楽祭、モンペリエ、マルティヌー音楽祭(プラハ)などの音楽祭で共演している。
  シャロン・ベザリーは現代音楽の演奏にも非常に熱心に取り組んでいる。ソフィア・グバイドゥーリナ、カレヴィ・アホ、サリー・ビーミッシュ、クリスティアン・リンドバーグらの作曲家が競って作品を捧げており、これらはみなベザリーの初演・レコーディングするところとなっている。

◆Sharon Bezaly
 Flute

Described by The Times as “God’s Gift to the flute“, Swedish flautist Sharon Bezaly was chosen as ‘Instrumentalist of the Year’ by the prestigious Klassik Echo in Germany in 2002 and ‘Young Artist of the Year’ at the Cannes Classical Awards in 2003. Classics Today has hailed her as “a flautist virtually without peer in the world today“ and International Record Review wrote “Her recordings and concert appearances are typically more than simply triumphs: they are defining artistic events“.

Having started to play the flute at the age of 11, Sharon Bezaly gave her début concert as a soloist with the Israel Philharmonic Orchestra conducted by Zubin Mehta when she was 14. She was invited by Sándor Végh to play as principal flautist in his Camerata Academica Salzburg, a position she held until his death in 1997. Since then, Sharon Bezaly has concentrated on expanding her solo career and is one of the rare full-time, international flute soloists.

Without neglecting the standard repertoire, Sharon Bezaly is committed to the music of our time and has inspired renowned composers as far-ranging as Sofia Gubaidulina, Kalevi Aho and Sally Beamish to write for her. To date Sharon has eighteen dedicated concertos which she performs around the world. Sharon has commented: “In recent years my sights have been turning towards a wider horizon and I hope that, by inspiring challenging composers to create new works, it could propel the flute further into the spotlight as well as provide standard repertoire for generations to come“.

Sharon Bezaly has an exclusive contract with the Swedish label BIS and her wide-ranging recordings - 27 CDs to date - have won her the highest accolade, including the Diapason d’or (Diapason), Choc du Monde de la Musique (Monde de la Musique), Editor’s Choice (Gramophone), CD of the Month (BBC Music Magazine), Stern des Monats (FonoForum), Recommandé (Répertoire) and Recomendado (CD Compact).

Sharon plays on a 24-carat gold flute, especially built for her by the Muramatsu team, Japan. Her perfect control of circular breathing liberates her from the limitations of the flute as a wind instrument, enabling her to reach new peaks of musical interpretation, presenting an extended spectrum of colours and emotions. The Frankfurter Allgemeine Zeitung has compared her to David Oistrakh and Vladimir Horowitz.
[PR]
by negitoromirumiru | 2010-06-01 16:26 | 音楽 | Comments(0)


<< 演奏家 Thomas Zies... 画像 イラストで売るCD >>