「ほっ」と。キャンペーン

第106回看護師国家試験 出題傾向が変化し受験生に動揺も 試験制度改善の前倒し!?

看護師試験、ネット炎上 受験者、出題傾向変化に猛批判
2017/2/22 産経新聞デジタル

 ■「勉強しても無理」「くたばれ厚労省」

 「くたばれ厚労省」「文句と涙しか出てこない」-。19日に全国で実施された看護師の国家試験が例年と出題傾向が異なり、受験者がツイッターなどで次々と批判している。厚生労働省は「難しくしたわけではない」と釈明するが、関係者からは、読解力を問う問題が急増し、来年度の改革に向けた「予行演習」との声も上がっている。看護師不足から厚労省が合格点を下げるという観測も広がっている。

 19日に行われた第106回看護師国家試験は、東京、大阪など全国11都道府県で実施された。問題数は全240問で、試験時間は午前と午後で計5時間20分。全てマークシート方式で、「人体の構造と機能」や「疾病の成り立ちと回復の促進」など基礎的な看護の知識が問われた。

 試験終了直後からネット上では「あんなの勉強しても取れない」「過去問が全く当てにならなかった」などの不満が書き込まれた。中には試験を所管する厚労省を攻撃する言葉も並んだ。

 看護師試験対策を指導する東京アカデミー東京校によると、今年は例年と違い、問題文が長くなり、計算問題も続いたため、時間が足りなくなる傾向にあったという。同校の沼内裕執行部長は「最近の受験生は読解力が不足しており、長文を勝手に解釈してしまう人もいる。教科書をしっかり読んで知識を広げていくことが求められている」と指摘する。

 出題傾向が変わった理由には、厚労省の医道審議会保健師助産師看護師分科会が昨年2月に出した報告書が影響している。報告書によると、平成30年の試験から「思考や判断プロセスを問うような問題を積極的に出題することが望ましい」などと示している。厚労省の試験免許室も「報告書に沿って改善していく」と強調した。

 看護師試験は毎年6万人程度が受験し、合格率は9割と高い。合格基準点は例年通り、今年も6割程度とされるが、沼内部長は「看護師を確保するため基準点は下がる」とみている。

(春之介のコメント)
医療系国家資格試験が始まったようで、今年の看護師試験について記事が出ていた。

前もって厚労省から養成施設に試験内容の変更を示唆する通知があったそうだ。

それが末端まで伝わってなくて、新傾向を前倒しした出題形式が増えて戸惑ったという感想が受験生から出たのであろう。

このあたりの対応は養成施設の国試にかける意識にも影響されることだろう。

さて、看護師試験は9割合格という、まあ普通に勉強していれば大丈夫な安定した資格である。

実学として看護師資格の人気は高く、それは福祉系の介護福祉士国家資格の低落に比べて際立つ。

過去問をさらっても対応できないような問題が出たということで、状況を判断していく長文問題、選択肢の正答を2つ選ぶような問題も増えたということだ。

ただ合格率を維持することは看護師養成のために重要であり、合格基準点を下げて対応するだけのことであろう。

産経新聞で触れている試験制度改善報告書にも、将来的にも合格基準は現状維持が望ましいとしており変化はないだろう。

試験については看護師養成施設や受験予備校等でも何らかの対応をしていくことだろう。

試験内容改善は看護師のみだけでなく、保健師や助産師国家試験も変わっていくことになる。

僻地や地方での医療が崩壊している現状で、この道を歩む医療者が単に資格取得のみに拘泥せず、自らの理想に照らして地道に歩んで頂きたいものである。


<以下参考>
保健師助産師看護師国家試験制度改善検討部会報告書(PDF)
2016年2月22日(平成28年2月22日)
e0151275_1115680.jpg

2 保健師助産師看護師国家試験の合格基準について

 保健師助産師看護師国家試験の合格基準については、経年的な合格状況や得点状況を踏まえると現状維持が望ましい。

<以下引用>
看護師試験、突然難しくなった 「くたばれ厚労省」受験生不満爆発
2017/2/20  J-CASTニュース
[PR]
# by negitoromirumiru | 2017-02-22 11:17 | 医療 | Comments(0)

深刻な女性刑務官不足(3年以内離職34.6%)へ対策 法務省 女性受刑者の割合増加に対応

①女子刑務所で男性刑務官登用
 2017年02月20日 NHK名古屋放送局

全国の刑務所などで女性刑務官の人手不足が課題となる中、岐阜県笠松町にある女子刑務所、笠松刑務所では、今年度、受刑者と接する業務に男性刑務官の本格的登用を始めました。

笠松町の笠松刑務所は東海地方唯一の女子刑務所ですが、勤務の厳しさや人間関係を理由に、毎年、離職者が相次ぎ、20人以上の欠員が出ています。

このため、今年度から受刑者と接する業務に男性刑務官を本格的に登用し始め、9人が工場で作業する際の監督などの業務についています。

男性刑務官の1人は「どこまで踏み込んでいいのかわからず、戸惑うこともありますが、今後、男性刑務官として女性施設で何かできることがないか探っていきたいと」と話しています。

このほか、刑務所では早朝出勤した場合、定時で帰れるようにしたほか、先輩が若手の相談にのるメンター制度を取り入れるなど職場環境の改善の取り組みも始めています。
e0151275_1526984.jpg

笠松刑務所の松崎恭子総務部長は「人材の確保と職場定着に向けて引き続き取り組みたい」と話していました。

(春之介のコメント)
e0151275_15341055.jpg

①が報道されて、調べると②がその前にNHKで報道されていた。

法務省PRにそってNHKが報道をしたということだろう。

近年、矯正施設での医師不足に加えて処遇職員も不足しているという状況が続いているようだ。

笠松刑務所では女性刑務官定員163人で20人の欠員(2/16現在)である。全国で初めての男性刑務官の登用。今年5月から女子専用刑務所に変わる豊橋刑務支所では、「女子会」(採用内定者と先輩との交流会)を初めて行う。(NHK名古屋放送局報道)

女性刑務官、止まらぬ離職 不安解消へ女子会も (2016/3/15神戸新聞)
e0151275_15275573.jpg

受刑者に占める女性の割合が年々増える一方で、担当する女性刑務官の離職が止まらない。採用3年未満の離職率は約3割で、男性のほぼ2倍という。・・・女性刑務官の割合は15年10月時点で全体の8・4%(1470人)で、29歳までの若手が半数近くを占める。

日本は収容という意識が強く矯正ということをできるだけの方向性がないと感じられる。

昨今、女性受刑者の割合増加という傾向があり、これに対応すべく女性専用刑務所も必要となってきた。

法務省側も女性刑務官が働きやすい環境を整備しようとしているが、特に若年者が定着できる働きかけを試みているようだ。

総じて矯正施設に対する一般の関心も低く、収容者に対する見方も厳しい。

そこで刑務官として何を目指して仕事をし続けていくのかというコンセンサスは重要であろう。

諸外国の進んだ処遇実践を取り入れることは、一部であっても試みていいのではないかと感じる。

何よりも一般人が犯罪に対してきちんとした情報を得て、社会として対応することを知ることが重要であろう。


刑務官採用試験 (法務省矯正局)

<以下追加引用>
女性刑務官運転の車が死亡事故
2017年02月21日 NHK名古屋放送局

20日夜、岐阜市の交差点で、28歳の男性が、女性刑務官が運転する乗用車にはねられ死亡しました。
20日夜10時前、岐阜市長良福光の交差点で、道路を渡ろうとしていた岐阜市の会社員、香村信宏(28)さんが左から来た乗用車にはねられました。香村さんは全身を強く打ち搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察によると、乗用車を運転していたのは岐阜県笠松町にある笠松刑務所の21歳の女性刑務官で、友人ら3人を乗せていたということです。

現場は県道と市道が交わる信号のない片側1車線の交差点で、事故当時、付近は暗かったということで、警察が事故の原因を調べています。

②女性刑務官の人手不足深刻化 法務省対応へ
 2017年2月18日 NHK

全国の刑務所などでは仕事を辞める女性刑務官が後を絶たず、ここ最近、深刻な人手不足が起きています。法務省が再来年度までに、辞めていく女性刑務官を半分に減らす目標を掲げ、女性が活躍できる職場作りへの取り組みが始まっています。

法務省によりますと、女性刑務官は平成27年度までの7年間に全国で1049人が採用されましたが、このうち、363人が採用から3年以内に辞めてしまったということです。
e0151275_15251651.jpg

離職率は34.6%にもなり、法務省が再来年度までに、辞めていく女性刑務官を半分に減らす目標を掲げ、全国の刑務所で女性が活躍できる職場作りへの取り組みが始まっています。

このうち、女子専用の岐阜県の笠松刑務所では、平成28年度から男性刑務官の本格的な登用を始め、現在、9人が工場の作業の監督などを行っているということです。

また、愛知県豊橋市の豊橋刑務支所では、ことし5月から、収容されるのが女の受刑者だけになり、処遇にあたる刑務官40人は全員女性になります。このうち、25人が福島県や佐賀県など全国の刑務所から転勤して来る予定で、刑務支所側は、夫婦で刑務官の場合、夫を受刑者の処遇以外の業務に就かせて夫婦で転勤することを認めるほか、子育てなどで配慮が必要な場合、民間のアパートなどに入ることも認めるということです。

さらに、和歌山刑務所では、新人がいきなり現場に出て戸惑いや悩みを抱えるのを防ぐ取り組みも始めています。採用内定者を招き、ケーキを食べ、お茶を飲みながら先輩の刑務官と本音で語り合う「女子会」を開いています。女子会を始めた昨年度、大阪矯正管区の管内では女性刑務官の離職率が11%にまで下がり、早速、効果が見え始めたということです。

大阪矯正管区の手塚文哉管区長は「女性が働きやすい職場にして退職者の数を減らしたい。そのうえで、受刑者への対応を向上させ再犯防止にもつなげたい」と話しています。

笠松刑務所では男性登用も
岐阜県にある女子専用の笠松刑務所では、女性刑務官だけで行っていた受刑者の処遇について、男性の刑務官にも当たらせる対応を始めました。

刑務所によりますと、辞めていく女性が、毎年、後を絶たず、欠員が出るため、今年度(平成28年度)から男性刑務官を本格的に登用する対応を始めたということです。現在、男性刑務官9人が、工場の作業の監督などを行っているということです。

男性刑務官の1人は「女子受刑者を相手に、どこまで踏み込んでいいか戸惑うこともある」と話していました。

女子専用になる施設では
愛知県の豊橋刑務支所は、新年度(平成29年度)から、収容されるのが女の受刑者だけになり、処遇に当たる女性刑務官が働きやすいよう環境を整える取り組みが進められています。

最大260人を収容する愛知県豊橋市の豊橋刑務支所は、ことし5月から、収容されるのが女の受刑者だけになるため、処遇に当たる刑務官40人が全員女性になります。

現在は、受刑者が作業を行う工場や風呂場などを女子用にする改修工事が行われているほか、女性刑務官が働きやすいよう環境を整えるさまざまな取り組みが進められています。

刑務官の40人は、すでにいる女性13人と新たに採用された2人を除いて、25人が福島県や佐賀県など全国の刑務所から転勤して来る予定です。このため、刑務支所側は、夫婦で刑務官の場合、夫を受刑者の処遇以外の業務に就かせて夫婦で転勤することを認めます。
e0151275_15254291.jpg

また、刑務官は、原則施設の敷地内の官舎に住むことになっていますが、子育てなどで配慮が必要な場合、別の場所の宿舎や民間のアパートに入ることも認めるということです。

豊橋刑務支所の池田麻希首席矯正処遇官は「女性刑務官が働き続けられる環境づくりが大切で、転勤してくる刑務官を温かく迎えられるよう努めたい」と話しています。


<以下関連エントリー>
女子受刑者専用施設の拡大、刑務官の職場環境の問題解決に 女性刑務官採用増へ
[PR]
# by negitoromirumiru | 2017-02-21 15:26 | 生活 | Comments(0)

厚生労働省 トピック別リンク 2017-2

・仕事と生活の調和のための時間外労働規制に関する検討会 論点整理
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=229033

・第9回社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会 資料
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=229253

・第10回 新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=229327

・障害者総合支援法対象疾病検討会(第5回)資料
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=229471

・第2回全国在宅医療会議ワーキンググループ
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=229561

・介護福祉士資格を取得した留学生に対する在留資格「介護」の創設について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=229833

・「保健医療2035」策定懇談会
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=229837

・平成28年度全国児童福祉主管課長会議
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=229893
[PR]
# by negitoromirumiru | 2017-02-15 23:27 | 福祉 | Comments(0)

愛知県 難病指定医6735人の個人情報流出 職員が誤ってHPに3週間掲示 掲示された医師が通報

①医師6735人の情報、ネットに誤掲載 愛知県
 2017年2月7日 中日新聞デジタル

 愛知県は6日、同県の難病指定医ら6735人分の携帯電話番号や生年月日など本来は非公開の個人情報を誤って県ホームページ(HP)に一時、掲載していたと発表した。

 県健康対策課によると、誤って掲載した期間は1月17日~2月6日。県は毎月、難病指定医の氏名や担当の診療科目、勤務先の医療機関などをHPで公開しているが、今回は自宅や携帯の電話番号、性別、医籍番号など非公開とする個人情報も掲載した。

 作業は職員2人が担当。非公開とする情報は表計算ソフトの2ページ目に入力されていたが、このページを削除し忘れ公開したという。

 個人情報が掲載された医師は、難病法が施行された2015年1月以降に指定された全員にあたる。2月6日に名古屋市内の医師から「自分の氏名や番号をネット検索したところ県のHPに掲載されていた」との指摘があり発覚。県は同日中に削除した。

 同課の小木曽尚登主幹は記者会見で「不注意で迷惑をかけ大変申し訳ない。掲載された医師には謝罪文を送り、不審電話への注意を呼びかける」と述べた。

②医師6735人の個人情報を誤掲載 愛知県HP
 2017/2/7 朝日新聞デジタル

 愛知県は6日、難病患者の診断書を作成する県の指定医6735人の生年月日や携帯電話番号などの個人情報を、1月17日~2月6日の3週間にわたり、誤って県のホームページ(HP)に公開していたと発表した。名古屋市内の指定医から同日、県に指摘があり、発覚したという。

 県によると、難病患者が医療費助成を受けるためには指定医による診断書が必要で、県は指定医の氏名や勤務先、専門をHPで公開している。県職員が1月17日にHPを更新する際、管理システム内にある指定医のデータを誤って全部掲載したという。

 県に指摘した指定医は、心当たりのない勧誘が携帯電話に相次いでかかるようになったため、ネットで自分の名前と番号を検索し、事態に気付いたという。県は今後、医師に謝罪文を送り、不審な電話に注意するよう呼びかけるという。

(春之介のコメント)
該当する医師が気づいて県に連絡したことで早期に解消している。

それがなければ、この掲示がずっと続いていたことになるのだろう。

どのような個人情報かは、報道各社によって多少列記が違うので総合すると・・・生年月日、性別、自宅と携帯電話番号、医籍番号、学会認定専門医資格、研修受講状況となる。

ダブルチェック体制をとっていたというが機能しなかったということだ。

Excelデータの一部分を削除して掲示するべきものを忘れたという単純なミスである。

さて、こうしたデータであるが、今回は難病患者の申請のための医師紹介という目的あったのだが、Excel形式での提供が必要なのかを再考することも必要だろう。

例えば、統計資料のように再度その統計を使ってデータ再利用する場合には生データは役立つ。

しかし、一般の方にとってはPDFで十分であるのではないだろうか。

Excel形式の図表であるが、便利であるゆえに、一覧できない部分を消し忘れるという今回のようなこともありえる。

それから今回の報道では「情報流出」事件というような扱いではなかったが、携帯電話番号、医籍番号などは重要なもので知られたくないものだろう。

また職員の処分については言及もなく、再発防止策も従来通りなのだろう。

他の自治体も、このようなデータ形式の資料について再度見直しを考えるといいだろう。


<以下参考>
愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課 原爆・難病企画グループ
e0151275_929352.jpg

   ↓ ↓ ↓ (削除後のHP)
e0151275_9291419.jpg

e0151275_9311843.jpg

e0151275_9284345.jpg

<以下一部引用>
県によると、1月17日のHP更新時に、職員が誤って個人情報を含めて公開。別の職員が掲載前に確認する手順だったが見落とし、今月6日までそのままになっていた。公開された情報には、ほかに性別や研修の受講状況などが含まれていた。(2/6産経WEST)

2015年1月に制度が始まって以降の指定医の生年月日や性別、携帯電話番号や、学会が認定する専門医資格などの個人情報も誤って公開した。更新担当者以外にチェック担当者もいたが、見逃していたという。(2/7読売新聞)

生年月日や性別、自宅や携帯電話の番号などで、本来は公開されない個人情報の一覧が、先月17日から今月6日まで県のホームページに掲載されていました。ホームページを編集する県職員が、誤ってこの一覧を削除せずに載せていたということです。(2/7TBS)
[PR]
# by negitoromirumiru | 2017-02-09 09:29 | 医療 | Comments(0)

パウロ 十字架の使徒

パウロ 十字架の使徒 (岩波新書)

青野 太潮 / 岩波書店


[PR]
# by negitoromirumiru | 2017-01-15 12:22 | 書庫 | Comments(0)